【レース参戦レポート】ツールドおきなわ 市民レース210km

2018年11月17日 土曜日

「良い」「最高」「また来年も出たい」

“ツールドおきなわ”参戦された方々から聞こえる声。

210km、獲得標高3000m弱。コースプロフィールからして過酷さが溢れ出ているのにどうしてこんなにも楽しいという声が多いのか?

ずっと抱いていた疑問。「今年は自分も参戦して確かめて来よう」というのがエントリーの動機でした。

20181116 TdO (16)

◇スタート~普久川ダム

400名以上がエントリーしている210kmカテゴリー。

序盤は2車線を使っているものの、目一杯縦横に展開しており落車とライン取りに集中が必要。

前方からの「ブレーキ!」の掛け声と若干のタイムラグでタイヤの焦げた匂いがして来て、緊張感が高まりピリついた空気になる。

事前にある程度の実走チェックと動画確認を行っていたおかげで注意ポイントでは上手くリスク回避ができ無事に登りまで来れた。

 

◇普久川ダム~奥の登り~普久川ダム(2回目)

いよいよ最初のダムの登り。極端にキツイ登りはなく、集団で淡々と登り続ける。ペースは早め。

我慢しきれなくなったライダーがポロポロと脱落していくが堪えて食らい付く。

一回目の普久川KOM付近。気が付くとトップ集団は見えない。ここは第2集団??周りには十数名のライダーがいて自分の実力が見えてきた。

ピークを過ぎ、そこからは80km/h近くにも及ぶダウンヒルセクション。しかし機材のおかげか対向車の心配がないからか、恐怖心は無くほぼノーブレーキ。とても楽しかった。

集団はローテーションを回しながら海岸線のアップダウンをクリアしていく。

途中、先頭集団で限界を迎えたライダー数名をパスしてトレインは進む。「やはり過酷だ」と思った。

美しい海岸、のはずだが全く見とれる余裕がない。笑

 

普久川ダム2回目の登り。

1回目よりも落ち着いたペースではあるものの、1回目と海岸線のアップダウンがボディブローの如く効いて足が攣り始めた。踏み方を変えて誤魔化す。

何とか集団内で踏みとどまって2回目のKOM。

どの“引き出し”を開けても「攣る」という答えになってきた。そしてダウンヒルセクションへ。

 

◇学校坂~慶佐次

2回目のダウンヒルを終え通称”学校坂”へ差し掛かる。正直、あまり動画予習できておらず未知なる領域。

「ツールドおきなわはココからが本番だ」という声も多いがそうは思えない。ほど残りの足がない。笑

ここで千切れれば下りで更に差が開く事が目に見えているし、そこで自分のレースはゲームセット。

しかし今ここでセーブして幾らか順位を上げるよりも、どれだけ耐えられるのか知りたくてそのままのペースで行くことを決意。

目一杯の力を使い集団内で登り終え「ここから先のダウンヒルで足を休めよう」と考えていた…が、思っていたよりも遙かに下りの勾配が緩い。これは想定外だった。

すでに登りで目一杯足を使ってしまったので下りで踏めない。

下りで更に加速する集団。みるみる開いていく集団と自分の距離。

文字通り、目の前でレースが終わった瞬間だった。

そこから先の下りと平坦はほぼ独り旅。集団から千切れると本当に辛かった。

「千切れない為の練習方法や場所」や「距離の乗り込み」自然と来年の事を考えていた。

そこでハッと気付いた。レースの途中にも関わらず既に”ツールドおきなわリピーター”化していたのだ。

最後の補給所でボトルを受け取り、登りに備えた。

 

20181116 TdO (1)

◇慶佐次~羽地ダム

最後の登り羽地ダムに向かう途中100kmカテゴリーの方々とご一緒できた。

その中で残りのコースプロフィールや注意点を教えて頂きとても勇気付けられた(ありがとうございました!!)

こういったカテゴリーを超えたレース以外の出来事も“ツールドおきなわ”ならでは。道端からの応援も暖かく嬉しい。

羽地ダムの登り。限界を迎えたライダー達がうめき声を上げながらペダルを回している。

そのエクストリームな光景に何故だかとてもテンションが上がった。めちゃくちゃ楽しい。

 

◇羽地ダム~ゴール

最後は平坦。普段134号線を走っているからか平坦はベツ腹。回せる足がまだあった。

良い感じの4名程のトレインを組みローテーションしながらゴールを目指す。

ラストは記念にスプリント。

20181116 TdO (15)

【市民レース210km/6時間2分45秒/162位】

なかなか目標には程遠い順位だったけど、その時やるべき事は全てやりきっての順位。

悔いは全くなかった。コースプロフィールもタイム制限も容赦ない”ツールドおきなわ”。

そのハードな設定が「次こそは!」「もっと速く強く」といったサイクリスト魂に火をつけるように思えた。

自分自身も「また来年出たい!」とすでに思っております☆

20181116 TdO (2)

私自身、初めての飛行機輪行(よくよく考えると飛行機に乗る事自体が初めてだった)ので出発前はドキドキでしたが万全の受け入れ態勢で非常にスムーズに沖縄入りできました。

20181116 TdO (3)

飛行機輪行に使用したのはオーストリッチのOS-500。

ディスクブレーキ仕様のロードバイクのパッキング方法についてご質問を頂くのでポイントだけご紹介。

20181116 TdO (12)

Di2バッテリーは予め抜いておき、機内持ち込みの手荷物へ。

20181116 TdO (7)

ピストンが閉じないようパッドスペーサーを装着。

20181116 TdO (10)

スルーアクスル用のエンド金具の装着(エンド形状によっては切削加工の必要な物もありますので予め合わせてみる必要があります)

20181116 TdO (11)

ディレイラーはハンガーごと外しておく。チェーンも同様に外して不用意な傷や汚れを防ぐ。

20181116 TdO (8)

20181116 TdO (9)

ディスクローターは歪みトラブルを防ぐため前後外す。外したディスクローターはバインダーに挟んでグルグル巻きにすると良い感じです。

20181116 TdO (5)

左右にスイングしない電動シフトのSTIレバーは破損を防ぐ為にもハンドルごと外しておくのがベストです。

20181116 TdO (4)

こんな具合にスッポリと余裕で入ります。

ポイントは「外すべく所は外しておく」というだけなのでとても簡単です。

 

 

 


絶景の紅葉ライドに行ってきました!!

2018年11月3日 土曜日

10月最終日、絶景の紅葉を目指してちょっと遠くに行ってきました。

45249899_2053099008088057_2924847555772678144_n(1)

ずっと行きたかった場所なので、ようやく念願が叶った、そんな気持ちです。

一体どんな景色に出会えるのか、期待に胸がふくらみます。

45378676_1150404828457462_3190341538995503104_n(1)

車に自転車を積んで、スタート地点まで向かいます。

45200381_329251627628427_6445270821958057984_n(1)

スタート地点にこんな看板が。

今回の行程は片道30キロの未舗装の林道を往復。

何が起こるかわからない、気を引き締めて出発です。

45208169_344628846343377_7683945218395078656_n(1)

しばらく進むとこんな吊り橋が。

あまりの高さにすぐに引き返しました。

45205594_538895873225127_3171944235561648128_n(1)

ゴールは遙かかなた。

頑張って進みます。

45241102_320318622130564_5133156234265886720_n(1)

カーブを抜けるたびに、少しずつ色が濃くなっていくのを感じます。

45189630_366084977465563_1068525178197114880_n(1)

この辺りまでくると、「きれー‼」以外の言葉が出てきません。

思わず足をとめて、見とれてしまいました。

45237214_314433129337492_8006529341435412480_n(1)

45243693_1145013705656543_6755743038439424_n(1)

幻想的な色の湖のわきを抜け、紅葉まっただ中の森に包まれ、さらに奥へと進みます。

45178859_302661917222845_2722785132795658240_n(1)

45318484_1859519384166042_2458284279155654656_n(1)

そしてゴール直前、今回のルートのハイライト。

美しく色づいたカラマツの間を抜ける直線。

僕はいままでこんなに美しい道を走ったことがありません。

風も無く、天気も最高。紅葉もばっちり。

一生の思い出です。

これだけ感動出来たのも、自転車に乗って自分の足で来たからだと思います。

自転車だからこそ感じられる風のにおい、遠くに聞こえる川のせせらぎ、

五感をフル稼働させて、自然を満喫することができます。

45241067_256837251665944_7937703001618120704_n(1)

この滝で折り返しです。

きつかったけど、それ以上に楽しかった―!

自転車は最高だと改めて実感できました。

さあ、次はどこに行こうかな。

 

 

 

追伸

帰り道、カモシカが見送ってくれました。

45129824_497745057368801_1159231305485910016_n(1)

 

 


【定休日スタッフライド】SPECIALIZED乗り比べ!!

2018年10月15日 月曜日

先日の定休日はカラっと気持ち良い秋晴れの中、富士山一周 通称“フジイチ”へ行ってまいりました!

今回のライドはいつものフジイチとは一味違います。

20181016 TTB (1)

■S-WORKS VENGE

スペシャライズド・ジャパン様のご厚意でなんと最新モデルをお借りしてのフジイチ。

ポジションやエア圧のセッティングをしっかり出してのテストライド。しかも100km以上のロング!

大変貴重な機会を頂きました♡ありがとうございます。

20181016 TTB (2)

20181016 TTB (3)

非常にスッキリとしたフロントビュー。

“ディスクブレーキ×電動コンポ専用設計”と割り切った設計した事で極限のエアロ性能を手に入れたNEW「VENGE」

スタイリッシュなルックスがとてつもなくカッコ良い。

20181016 TTB (11)

実際に乗ってみると想像していた以上に速い!どこまでも速度が伸びるのびるノビル・・・

クライミングとステアリング性能は噂通り、エアロを追求したロードバイクとは思えない程の軽快さ。

「平坦高速巡航・ヒルクライム・高速ダウンヒル」全ての要素で完成度が高く、もはやエアロロードのカテゴリーではなくオールラウンドバイクと言える乗り味でした。

20181016 TTB (8)

20181016 TTB (9)

2日目はすでに所有しているMy 「TARMAC DISC」でライド。

実はもう一つテストしたくて仕方なかったのがROVALホイール3モデル乗り比べだったのです。

20181016 TTB (6)

20181016 TTB (7)

20181016 TTB (4)

20181016 TTB (5)

32mm・50mm・64mmと3モデルを履き比べてみました。

語り出してしまうと非常に長くなりそうなので割愛させて頂きますが(笑)ホイール選びでお悩みの方は是非一度ご相談下さいませ。


MGMグループ STAFF募集のお知らせ

2018年7月24日 火曜日

20170519-bandai-1-1

一緒にお店を盛り上げてくれる

スポーツバイクが好きな笑顔で接客が出来るスタッフを募集致します。

雇用形態  : 正社員、アルバイト

仕事内容  : 接客販売、自転車の組立、修理、メンテナンス、発注業務、SNS投稿、その他サポート業務

詳しくはこちらまで → スタッフ募集詳細


パワーメーター外しました。

2017年9月29日 金曜日

20170929 staffride (1)

『天気予報を見る限り木曜日は間違いなく雨』

でしたので、今週の水曜は思い切り乗ろうと心に決めておりました。

宮ケ瀬から牧馬峠を抜け相模湖、大垂水峠と繋ぎ自宅まで帰ると200km程度。

登りも程々に盛り込まれたルートです。

装備は夏用ウェアをベースに、

20170929 staffride (2)

ニーウォーマー と、この季節ピッタリのIntermidiateソックスをチョイス。

気合いの入ったライドの際は決まってこの色を選択している気が・・・

天気が下り坂予報でしたので、シェルとアームウォーマも携行して天候の変化に備えます。

ボトル補給以外はほぼノンストップなのでポケットには補給食をたっぷり積んでスタートです。

今回、休憩も少なく一生懸命走ったのであまり写真を撮っておりません(笑)

20170929 staffride (3)

と、いうのも今回ライドの目的はコレです。

【ROTOR IN POWER】⇒ 【LOOK ZED2】クランクへの変更。

もちろんパワーメーターが不要になったわけではございません。

パワーメーターはトレーニングやレースにしてもツーリングにしても、

ライド自体のモチベーションと質を高められる大切なアイテムです。

しかしそれを外してでも試したかったのが『ショートクランク』。

身長180cmのわたくし、ずっと使用していたのは『172.5mm』だったのですが

BGフィットを受け、今の身体の柔軟性やペダリングスキルを考えると

170mm の『ショートクランクはメリットが大きいゾ』となったわけです。

(LOOKのZEDクランクはペダル取付け位置により170・172.5・175mmの選択が可能、

そしてチェーンリング取り付けのPCDが110・130コンパチ仕様です)

楕円チェーンリングがオフセットしてしまいますが、

対応できたのはOCP(チェーンリング取り付け位置)の変更ができるROTOR Q-RINGSならでは。

inpower-l10

もちろん事前に自分のペダリングの特性をIN POWERでチェックしてセッティングしました。

そして肝心の『ショートクランク』の結果は・・・長くなってしまうので店頭にて(笑)


PROCESS134試乗車 フロントサスペンション 『TOKENS』

2017年9月23日 土曜日

 

IMG_7071

134DLの試乗車も、私の所へ来てもう2ヶ月。

8月はふじてんやパノラマ・岩岳と134DLに乗る楽しさのあまり、引きずり回されてきました(笑

私が行っているセットアップを初心者や初級者の方々に向け

何が出来るのか引き続きご紹介します。

本日はコレ!

20930837_1412917372162711_1616362719_o

『 ボトムレス トークン 』

フロントサスペンションがエアスプリングの場合は、

バイクにまたがって左側に空気を入れるバルブがある側になります。

※大事なエア圧、皆様毎ライドごとちゃんと調整してますか?

納車説明にてご案内しました『アレ』ですよ~

わかり易く図解で・・・

関連画像

エア室の中にトークンを入れる事により、エア室容量を変化させます。

エア室が小さくなるとストローク後半で内圧が高くなり

サスペンションの動き方が変化し、踏ん張り具合の調整が出来ます。

20945566_1412917342162714_2137267095_o

134DL試乗車は2個。(ノーマルは1個入り)

幾度となく試し、現在は2個に落ち着いてます。

作業は比較的簡単、体感でき効果も大きいのでオススメのチューニングです。

また、サスペンションの搭載されているマウンテンバイクの楽しみの一つと言えます。

ふじてん、富士見パノラマ、岩岳、山伏トレールとフィールドは沢山。

それぞれ、スピードもギャップの大きさも変わります。

21584994_1434174580036990_913205038_n

画像は先日の岩岳です。

ブレーキングとギャップでボトム付近までしっかりとストロークしていますね。

この瞬間ボトムタッチの感触はなく、接地感も違和感ありませんでした。

もちろん、ストロークセンサーを付けたり感覚には頼らない数値的なデーターも大事ですが、

先ず、正解か不正解かではなく『 調整して乗ってみる。』

そして『 興味を持つ。 』これが大事です。

サスペンションが最低限セットアップが出来ていないと、

基本的なライディングフォームにも影響を及ぼします。

マウンテンバイク初心者の方々には難しいですよね?

お気軽にSTAFFまでご相談ください!


先日の定休日スタッフライドは・・・

2017年9月18日 月曜日

先週の定休日ライドは、ヤビツ、道志みち、雛鶴峠、風張峠と、登りが多めのロングライド。

朝6時に二宮を出発。最初に目指すはヤビツ峠。タイムアタックしたくなるのを我慢し、心拍を抑え淡々と登ります。

21706692_861036077392369_497740862_o

菜の花台にて写真撮影。もっと早起きしたら日の出が見れたかも?と少し悔やみつつ登頂しました。

21742156_859325817563395_493814096_o

21764098_859325837563393_751944046_o登り切った後に飲むコーラは格別です笑

21745200_859325864230057_1877121244_o

裏ヤビツを下り、次の登りは道志みち。勾配も緩やかで、並行する道志川を眺めながらとても快適に走れました。

21742171_859325900896720_1961141941_o今回は山中湖まで抜けず、都留へ分岐します。道坂峠というこの道、バイクや走り屋の車が多いようで、頂上には無数のタイヤ痕が。

都留にて、古民家を改装したという情緒ある雰囲気の蕎麦屋さんで昼食。

21754688_859325944230049_1112351812_o

21733820_859325970896713_2136221723_o

見た目のボリュームとは裏腹ににあっさりしていて、とても食べやすかったです。

次の峠は雛鶴峠。裏道志という愛称がある峠ですが、頂上手前にリニアモーターカーの車両基地があり、時折リニアが通過する轟音が聞こえました。

21741918_859325997563377_1601127849_o

残念ながら車両は見えず。

最後に上った峠は風張峠。都内有数のヒルクライムスポットで、道幅も十分、舗装も綺麗で平日でしたが多くのサイクリストさんとすれ違いました。都民の森の売店で名物のカレーパンを食べようと思っていましたが、

21745192_859326157563361_1877878954_o

遅かったようです・・・

そのまま下り返して八王子までクールダウン。輪行で帰宅しました。

下りで少し肌寒くなったりと、夏の終わりを感じるライドとなりました!


Akiグリーンカップ『 MTBの聖地とまで言われた 白馬 岩岳開催 』

2017年9月4日 月曜日

21390218_1428007973986984_946905327_o

本年度の開催で22回目となる、Aki グリーンカップ。

AkiコーポレーションはルイガノやKONAを取り扱うメーカーです。

開催地は日本でマウンテンバイクが全盛期を迎えたころ、聖地と言われた『白馬・岩岳スキー場』。

21361998_1428008033986978_1302047250_o

期待通り、抜群のロケーション。

トレールすべてが繋がってはいませんが、広大なエリアに綺麗に整備されたトレールが点在。

大会開催中の為。クローズドのトレールもあり全ては走り切れなかった~

これはリピート決定!(笑

 

21361980_1428008070653641_240937764_o

走りこんで、固まった身体を温泉でほぐした後は・・・

満点の星空の下、ゆったりとした時間の流れに身を任せ、夜は更けていきます・・・

21389362_1428008077320307_1081709733_o

大会2日目

朝さはこの景色の中モーニングRide。

マウンテンバイクイベントですが、ロードバイクも持ってくれば良かったと後悔したほど。

何日か滞在しないと遊びつくせませんね~(笑

21363639_1428007880653660_1102824756_o

マウンテンバイクイベントとしてはSHOPの出店も多く、雑貨や篤人ドアウエア―、

カレーやハンバーガー、クラフトBEERにデザートまで揃ってます。

2日間では食べきれないくらい。

地元の人たちの集いもありなかなかの雰囲気。

はい?   大会の結果ですか?

それは楽しんだ人は一番という事で、もちろん私は上位入賞です(笑

IMG_7105

そして皆様に白馬岩岳スキー場よりパンフレットを頂きました。

数に限りがございますが、バイクパークの1日券がディスカウントされるチケットも合わせて頂きましたので

ご来店の際はお気軽にSTAFまでお申し付けください!

※ディスカウントチケットは、当店で車体をお買い上げ頂いたお客様優先とさせて頂きます。

今シーズンの営業は11月5日まで。

一足早い秋の足音が聞こえてきそうな白馬岩岳。

秋のシーズンのご予定にしてみてはいかがでしょうか?


2017 KONA PROCESS134DL 試乗車ハンドル周り。

2017年8月26日 土曜日

21082275_1419121134875668_881350957_o

先日のチューンナップで安心してフィールドを走れるようになった、KONA PROCESS134DL。

ようやくBIKEの動きに慣れてきたところでしょうか。

134ストロークでレスポンスのいい走りが、ほんと気持ちがいい。

20861396_1410292822425166_374793037_o

さぁ~て、今度はハンドル周りに取り掛かりましょう!

標準でスペックされているハンドルバーは780mm。

さすがに長いので、私仕様に両端をカットして750mmに調整。

お次はハンドルの高さ。

おおよその高さは、サドル高から何となく(笑)出すこともできますが、

実際のフィールドで、何パターンか試しながら探っていきます。

色々なフィールドで試して体感をして走るのが、近道とも言えるでしょう。

先ずはSTAFFにお気軽にご相談ください!

プレミアムメンバーズカード会員のお客様は、作業工賃は無料のサービスです。

20904430_1410292819091833_818135135_o

5mmづつ調整したり、10mm下げてみたり。

それぞれフィーリングが変化します。

ストレートとコーナリングでも違いますし、斜度でもフィーリングが変化します。

20862604_1410292795758502_301788826_o

ここだ!いや、これ以上高くすることは今のところないな!なんて・・・

そうと決まったらコラムカット。

スペックされているハンドルのライズも低いので、必要であればハンドルーのライズで調整可能です。

余分な長さはスパッと。カットしてしまいます。

ステムを外し、フォークを抜いてコラムカットに進みます。

20862140_1410292809091834_1227969461_o

134DLのヘットパーツはシールドベアリングタイプのヘッドパーツは採用しておらず、

泥が混ざっていました。 錆びこそ発生しておりませんでしたがこの様な状態。

ここもいずれ、グレードUPしたいポイントの一つですね。

今回は交換せずにコンディションを確認して、洗浄しグリスアップして組み付けます。

20862525_1410292775758504_740199580_o

次は組み立て作業に。

あっという間の作業完了です。

作業の際は、ヘットベアリングの清掃も兼ねてお預かりさせて頂ければと思います。

20904221_1410292752425173_2064407372_o

見た目の印象が大きく変わりました。

カッコいいですね~。

今後ヘットパーツの交換を行うとまた高さが変化しますので、

適度な余裕を持つことが大事です。

カットの案配はなかなか、難し作業です。

お気軽にSTAFFまでご相談ください!


GROVE鎌倉 PROCESS134DL試乗車 先ずはノーマルを生かしたチューニングから。

2017年8月18日 金曜日

20180813-PROCESS134DL-3

2017 KONA PROCESS 134 DL GROVE鎌倉 試乗車です。

このバイクが試乗車デビューして半月。

私のプライベートバイクとしても活躍している134DLですが、

実はポイントを押さえたグレードUPやセットアップを行ってあるんです。

今回はそのセットUPをご紹介します。

マウンテンバイク経験者の私が推薦する、第一段階のポイントです。

2017

2017モデル134DLはハンドルやグリップ、ステム等、そのままフィールドに持ち込んでも

十分に楽しめるスペックなんですが、いかんせん物足りないポイントが2つ。

路面に触れるタイヤとブレーキのオススメセットアップになります。

20885189_1409051939215921_1806064844_n

先ずはブレーキ。 スピードコントロールからコーナリングの切っ掛け作りなど

制動力とコントロール性が非常に重要なポイントとなります。

もちろん、ブレーキシステムごとの換装が一番のオススメですが、

折角の完成車を、購入直後にバンバンパーツ換装していっては本末転倒となってしまいます。

ノーマルのSLXグレードに装着されているのは純正のRESINパット。

交換することにより大きくフィーリングを変化させることが出来ます。

20839583_1409065489214566_1547816392_n

ここで私が愛用しているブレーキパットがコチラ。

Vesrah ブレーキパット グレードはCrossCountry 価格は¥2800(税抜)

純正RESINパットより制動力は大幅にUP。

また、純正のメタルパットに比べ制動力の演出がリニアで使いやすい。

しっかりと効くのに初期制動が穏やかなので、低速時にカックンブレーキとなりません。

初級者にも扱い易く、握力の弱い女性にもお勧めです。

車種によっては装着してあるブレーキROTORがRESINパット専用品の場合はローターの交換が必要となります。

ご不明な点はSTAFFまでお気軽にご相談ください。

お次は、路面とコンタクトする大事なタイヤ。

20839588_1409065632547885_298344826_n

大事なのはタイヤの表面にあるゴムのコンパウンド。

単純に、高反発だと転がりが軽く弾かれやすい。

低反発だと転がりは重く弾かれにくい。

ダートは低反発の方がグリップが良く直進安定性も増します。

マウンテンバイクは低反発性のゴムを使用したタイヤが各社からラインナップされており、

様々なフィールドや路面に合わせてトレットパーターンやコンパウンドをチョイスします。

このバイクで走るメインフィールドは、トレールとフジテンリゾート。

今回はMAXXIS社 の3C・maxx terraコンパウンドをチョイス。

20840289_1409066122547836_390671302_n

トレットパターンは、リアにHIGH ROLLERⅡとフロントにMINION DHRⅡをセレクト。

この3C・maxx terraコンパウンドは転がりも良くトレールでも使いやすい事と、

コーナリングで重要な役割を果たすサイド部分はより低反発のコンパウンドを使用し、

コーナリング時のグリップを確保してあります。

20840423_1409066375881144_1949454570_n

もちろん、シーラントを使用しチューブレス仕様にて換装作業完了です。

ここまでで、止まると曲がるが大幅にポテンシャルUPになります。

初心者や初級者の皆様は、でどうなの!?っとなると思いますが、

私がフィールドに連れ出さない限り、この134DLの試乗車がありますので

御興味のある方は、見て触って乗ってみて下さい。

初心者にはなかなか難しい部分もあるかと思いますが、

乗りこんで行くときっと必要性に気付く内容です。

フィールドデビューする前に、点検も兼ねてお気軽にSTAFFにご相談ください!

次回は『コラムカット』を掲載します。

皆様のご来店を心よりお待ちしております。


1 / 3123