【新着情報】遂にヴェールを脱いだTEAM INEOS『DOGMA F12』

2019年5月2日 木曜日

洗練されたデザインと秀逸な走行性能を生み出し続けるPINARELLOから遂にNEW MODELが発表されました。

『F』の名を引き継ぐスーパーハイエンドバイク『DOGMA F12

 

F12TOP

 

メインスポンサーが「SKY」からイギリスのケミカル系メーカーである「INEOS 」へと変わり、

TEAM INEOSとして初レースとなるツール・ド・ヨークシャーではChris Froome選手が乗っていたことで話題となっています。

 

さらなる進化を遂げたDOGMA F12、その全貌やいかに。

少しではありますが見て行きましょう。

 

16_DOGMA_F12_frontface(1)

 

ヘッド周りはベアリング径が上下とも1.5規格に。

ハンドリング時の剛性を確保しながらもヘッドチューブのくびれを大きくすることでエアロ効果を演出。

ダウンチューブとフロントフォークの接する部分は、PRINCEと同じような雰囲気がありつつも更にシェイプされ、ここでも軽量化とエアロ効果が期待できます。

 

14_DOGMA_F12_frontfolk_A(1) 06_DOGMAF12_backstay(1)

 

他にも随所にみられるのは非常にボリュームアップしているということ。

フォークやチェーンステーはF10に比べると格段に幅が広くなっていることが分かります。

幅が広くなるという事は剛性が上がる為、強い力が掛かってもフレームがたわんだり捻れたりすることなく、力を受け止め推進力を損ねないことを意味します。

すなわち今まで以上にレスポンス良く加速するようになったという事です。

 

さらに注目すべきはフルームが乗っているバイクはリムブレーキ仕様という事。

昨今ではDISCブレーキが広がりを見せているロードバイク界ですが、フラッグシップモデルにリムブレーキモデルとDISCブレーキモデルが存在し、尚且つプロチームのエースがリムブレーキ仕様に乗っている。

そこには勝負に徹底する確固たる理由がありました。

 

DISCブレーキ仕様にすることでリムブレーキフレームよりも少なからず重量は増えます。

万が一のトラブルがあった時、クイックとスルーアクスルではどちらの方が早く対処することが出来るのか!?

DISCブレーキの利点は当然チームスタッフも分かっているはず。そのメリットよりも先に述べたデメリットをなくすことを優先させた結果が今回使ったバイクであったという事ですね。

 

ブレーキ (1) ブレーキ (2)

 

そしてF10からの改良点はキャリパーの取り付けがダイレクトマウントとなりました。

ダイレクトマウントの場合、取り付け部がアーチから離れる程タイヤクリアランスは稼げる反面、フォークやシートステーはブレーキング時に外へと広がりやすくなってしまいます。

しかし、そこはやはりPINARELLO、ただ単純にダイレクトマウントにしただけではなく、タイヤクリアランスを確保しつつも取り付け位置をできるだけアーチに近く配置し、外へ広がりにくくしながらもタイヤ幅は最大28Cまで対応しています。

 

01_DOGMAF12_image(1) 08_DOGMAF12_seatstay(1) 11_DOGMAF12_toptube(1) 17_DOGMAF12_headmark(1)

 

ケーブル類は全て内装され、無駄な部分は全く見当たらない。

レースで勝つ力を持ちながら、見ているだけでもひと際存在感を放つ優美な佇まい。

持つ人の心を満足させてくれるバイクであることは間違いないと思います。

 

bjbembfcggojmpoa gfofkbofahaoplej

 

■PINARELLO DOGMA F12

DISCフレームセット   ¥730,000-

RIMフレームセット     ¥700,000-

DISC D-A Di2完成車  ¥1,370,000-

RIM D-A Di2完成車    ¥1,300,000-

※全て税抜き価格

 

満を持して登場したDOGMA F12。

国内の初回入荷予定は6月頃(完成車)となっております。

 

更に今回、DOGMA F12発表を記念して、ご成約頂いた皆様に特典を設けさせて頂きました。

【MGMグループ各店でのフィッティングサービス無料】

   最適なポジションでお乗り頂くために。

   完成車ご購入の場合は交換パーツを割引価格でご案内。

【グランフォンドピナレロ八ヶ岳にご招待】

   最高のライド体験をあなたに!

   参加費、宿泊費は当店が負担致します。 ※定員になり次第終了となります。

【フルオーバーホール 工賃無料】

   いつも最高の状態でお乗りいただくために。

   さらに、お納車後1年間フルオーバーホール1回(36,000円相当)を無料にて承ります。

【フレーム組み工賃無料】

   世界に1台だけの特別な一台を。

   渾身の作業で、あなただけの最高のバイクを組み上げます。

以上の中からお好きな特典を2つお選びいただけます。

 

※完成車ご購入、フレーム組み、フレーム載せ替えのお客様を対象とさせて頂きます。

※フレームのみご購入のお客様は含みません、ご了承ください

※早期ご予約特典期間は 2019年 5/2~6/24となります。

 

令和元年という記念すべき年に記念すべきバイクをお手元に置いてみてはいかがでしょうか?

ご不明な点が御座いましたらお気軽にお問い合わせ下さい。


【富士ヒル対策に】軽量タイヤのススメ。

2019年4月30日 火曜日

富士ヒルクライムも目前に迫ってきています。

皆様準備は順調でしょうか?

お手軽に出来るカスタムとして軽量タイヤの交換がオススメです。

回転部分の中でも、最も外周部に位置するタイヤは、軽くなるほど走行性能が高まる傾向にあります。

 

58462686_2158183647591164_7662467040430522368_n(1)

車体の取り回しの良さに繋がることはもちろんですが、単純に重たいものを動かすより負担を少なくする事が出来ますよね。

加減速を繰り返すヒルクライムではより顕著に現れます。

タイム短縮の為に軽量なタイヤを使いたい…。

数ある中でも、そんな悩みを解決してくれるタイヤがコチラ!

 

DSC_4631(1)

■PIRELLI P ZERO VELO TT ¥6,900 (税抜) 

P ZERO VERO シリーズの中で、TT用に開発されたモデル。

転がり抵抗を少しでも少なくするために開発されているのでヒルクライムのシチュエーションにもピッタリなタイヤです。

スリックパターンを採用し、重量は25Cで168gと超軽量です。

ピレリはコーナリング時の接地面積を重きを置いて開発されています。

PIRELLI独自のコンパウンド「スマートネットシリカ」が転がり抵抗の軽さだけでなく、粘りのあるグリップ感。

コーナーをこなすのが楽しくなるタイヤです。

さすがモータースポーツ界に名を馳せるメーカーですね。

コンパウンドとタイヤ全体のしなやかさと相まって乗り心地も良いです。

 

DSC_4628(1)

■Panaracer GILLAR ¥6,200 (税抜) 

パナレーサーのモデル中、最軽量と謳われているコチラ!

実測164gという軽さながら耐パンクベルト「Protitebelt」が入っているので高い耐貫通パンク性能を誇ります。

軽さはもちろん必要だけど耐パンク性を犠牲にしたくないという方へ。

サイドにはパターンが刻まれているのでレース前の練習にも安心して使えます。

ここぞ!という決戦の時だけでなく普段の練習からでも安心して使える耐久性が嬉しい。

 

 

今回ご紹介したモデル以外のものもお乗りの車体、ホイールのリム幅に合わせておすすめのタイヤがございますので、お気軽にスタッフまで!

 


2019 CAAD12 ULTEGRA 在庫限りの特別価格!

2019年4月27日 土曜日

誰もが認める至高のアルミバイク、CANNONDALE CAAD12。

税抜19万円と手の届きやすい価格を実現している105グレードが人気ですが、ワンランク上のアルテグラグレードは非常にプレミアム感の高い上質なパッケージとなっています。

2019 CAAD12 ULTEGRA (2)

■2019 CAAD12 ULTEGRA ブラックアノダイズド ¥260,000 (税抜) → SPECIAL PRICE!!

105グレードとの価格差は小さくないものの、価格以上の価値あるモデルであることは間違いありません。

今回は春のサイクルライフ応援キャンペーンの一環として、そんなCAAD12アルテグラを在庫限定の特別価格にてご提供致します!

 

2019 CAAD12 ULTEGRA (4)

様々な点で105グレードとの差別化が図られているCAAD12 ULTEGRAですが、まず塗装が違います。

ブラックアノダイズドというカラー名を冠されている通り、実はこの黒はペイントではなくアノダイズド=アルマイトなんです。

これは電解処理によってアルミの表面に酸化被膜を作るというもので、通常の塗装よりも傷つきにくく、軽量に仕上がるのが特徴。

独特のザラザラした手触りはこれによって得られるもので、カーボンではこの質感は再現できません。

 

2019 CAAD12 ULTEGRA (5) 2019 CAAD12 ULTEGRA (6)

パーツ構成も凝っています。

真っ先に目につくの超軽量クランクの「ホログラムSi」。

限られた上級モデルにしか採用されない高級クランクです。

シートポストがカーボンになっていたり、ハンドル/ステムが105グレードより軽量なものになっているのも見逃せません。

 

IMG_20190321_183349(1)

結果、48サイズの完成車で7.7kgを切るという変態ぶりです。(105グレードは8.3kg)

標準的なホイールがインストールされていてこの重量ですので、ホイールをアップグレードするだけで多大な軽量化が見込めます。

アップグレードするならUSTチューブレス対応のMAVICホイールがオススメ。

カーボンフレームにわずかに及ばない乗り心地をチューブレスタイヤが補ってくれます。

 

2019 CAAD12 ULTEGRA (3)

気になるお値段については、申し訳ありませんがwebでは非公開とさせて頂きます。

2019年モデルがこの金額で!?というくらいの価格でやらせて頂きますので、是非とも店頭でご確認下さい!

 

CAAD12 105 GRA (2)CAAD12 105 DPUCAAD12 105 CAS

CAAD12 105も全色ご用意がございます。

店頭で見比べて頂くのも面白いかもしれません。

 

 


GW営業日のご案内

2019年4月26日 金曜日

gwtop

平素GROVE鎌倉をご利用頂きまして誠にありがとうございます。

平成から令和へと移り変わる大型連休の営業日をご案内いたします。

****************************************************************

平成31年 4月27日(土) ~ 令和元年 5月 1日(水)  通常営業

令和元年 5月 2日(木) 臨時休業

令和元年 5月 3日(金) ~ 令和元年 5月 7日(火)  通常営業

****************************************************************

5月2日木曜日は祝日となっておりますが、臨時休業とさせて頂きます。

ご利用の皆様には大変ご迷惑をお掛けいたしますが、

何卒ご理解の程、宜しくお願い申し上げます。

 


【春のキャンペーン】2018 PINARELLOファイナルクリアランス!

2019年4月24日 水曜日

00000PORTRAIT_00000_BURST20190423102705115(1)(1)

■2018 GAN RS ULTEGRA MAGLIA NERA  515サイズ 

¥498,000→ ¥ 348,600(税抜) 30%OFF!

DOGMA F10に次ぐハイエンドモデルという位置づけであったGAN RS。

PRINCE FXの登場とともに惜しくも廃盤となりましたが、この年度のみ採用されたMAGIXデザインに惚れたという人も多く、今でも問い合わせを頂く程。

その貴重なGAN RSのマリアネッラカラーが急遽店頭に入荷してきました!

2018年モデルなのでもちろんクリアランス価格でのご提供です。

 

2018 GAN RS MAGLIA NERA (9)

カラー名となっているMAGLIA NERAはブラックジャージという意味。

ジロデイタリアでは総合優勝した選手にはマリアローザというピンクのジャージが贈られますが、マリアネッラは最下位の選手に贈られたジャージです(現在は廃止)。

ジョバンニ・ピナレロは現役時代にこのジャージを獲得したことがあるというのは有名な話ですが、高級バイクにそんな名前を付けちゃう辺りシャレが効いていますよね。

もっとも走りの方は最下位どころか表彰台モノであることは言うまでもありません。

 

2018 GAN RS MAGLIA NERA (4) 2018 GAN RS MAGLIA NERA (6) 2018 GAN RS MAGLIA NERA (8)

マットとグロスの境目や、カーボンの化粧層をフェードさせている部分など表面処理は流石の一言。

あまり見られない黒地にシャンパンゴールドのロゴという高級感ある取り合わせも目を奪われます。

 

2018 GAN RS MAGLIA NERA (2)

所有欲を満たすという観点からすると、GAN RSのそれは最新モデルを凌ぐかもしれません。

一台限りとなりますので、気になる方はお早めにお問い合わせ下さい。

 

この他に下記車体の店頭在庫もございます。

2018 GAN S ULT

■2018 GAN S ULTEGRA RED CARBON  515サイズ

¥435,000 → ¥304,500 (税抜)  30%OFF!

GAN RSとスタンダードなGANの間に位置する中間グレードのGAN。

スタンダードグレードのGANよりもキビキビ感ある走りが楽しめます。

こちらも定価より30%OFFとなっております。

 

この他系列店在庫のお取り寄せも可能です。

ご希望の車種やサイズのご相談など、お気軽にお問い合わせ下さい。

 

S.C._1169×826

☆★春のサイクルライフ応援キャンペーン開催中!!4月29日まで★☆


レンタルロードバイク始めました!

2019年4月22日 月曜日

newrental

かねてより運営しておりましたレンタルバイクですが、この度装いも新たにホームページをリニューアル致しました。

と同時に、新しい試みとしてロードバイクのレンタルをスタート致します!

 

price_img2 price_img1

景色もグルメも楽しめる三浦・湘南エリアで仲間と一緒にツーリングはいかがでしょう?

もしくはロードバイクに興味があるけど、まずはどんなものか乗ってみたいという場合にも是非ご利用下さい。

SPECIALIZEDやcannondaleといったブランドのバイクがお楽しみ頂けます。

 

金額やご利用方法など、詳しくは下記リンクをCHECK ! !

皆様のご利用を心よりお待ち致しております。

 

新レンタルホームページ ⇒ https://grove-rental.com/


【イベントレポート】春を満喫!「ビギナーカフェサイクリング」!

2019年4月22日 月曜日

4.21カフェ11(1)

気温も一気に上がり、ぽかぽか陽気となった先日、「ビギナーカフェサイクリング」に行ってきました。

ルートは定番の三浦方面ですが、季節が変わりまた違った雰囲気を感じさせてくれます。

春の心地良い風を浴びながら、海沿いを進みます。

4.21カフェ6(1)国道から一本入ると、桜の季節も終わり、徐々に新緑に変わりつつある里山の風景が広がっていました。

車通りもほとんどなく、鳥のさえずりなどを聞きながら、季節の移ろいを感じるとっても贅沢な時間です。

自転車だと知っている土地でも車移動とはまた違った道を通るので、

初参加のお客様に、

「自転車に乗ると世界が広がりますよ。」と話したら、

「確かにー。」と納得してもらえた様子でした。

4.21カフェ8(1)

きつい坂をがんばって登った先に、満開のツツジがお出迎え。

この場所を目指して来たわけではなく、偶然お客様が見つけてくれた公園なのですが、皆さん吸い込まれるように寄り道してしまいました。

こんな偶然の出会い、そして気兼ねなく寄り道できるフットワークの軽さがサイクリングの醍醐味だと思います。

4.21カフェ4(1)

春の香りに包まれ、気持ち良く汗をかいたあとは参加していただいたお客様とカフェで談笑。

最近走った景色のきれいな場所や、おいしいお店の話など終始自転車の話で盛り上がり、皆さん本当に自転車が好きなんだなーと改めて感じました。

初対面の方同士でも一緒に走って楽しくコーヒーが飲める。

これもサイクリングの魅力のひとつですね。

4.21カフェ13(1)

自らの足でペダルを漕いで、自然を感じいろいろな体験のできるサイクリングは、

今の季節が最高に気持ちいいです。

今回も素敵なサイクリングになりました。

 

ご参加頂いた皆さまありがとうございました。

 

次回5月11日を予定しております「ビギナーカフェサイクリング」は初心者大歓迎です。

皆様のご参加お待ちしております。

参加ご希望の方はご連絡をお願い致します。

当店で自転車をご購入頂いた方を優先でご案内させて頂いております。予めご了承下さい。

 


ROVALホイールがお買得!春のイチ押しホイールキャンペーン

2019年4月19日 金曜日

ROVALキャンペーン_page-0001

ご好評をいただいている「春のサイクルライフ応援キャンペーン」もいよいよ本日で終了となります。

期間中は様々な内容のキャンペーンを行っておりますが、特にアツいのがROVALホイールキャンペーン!

ROVALホイールを特別価格でご提供、更に10%分のポイントを還元いたします!

店頭にない商品でもメーカーより取り寄せが可能です。

 

今回は店頭在庫のオススメホイールをご紹介。

IMG_6196(1)

■ROVAL CL50 (税抜)¥190,000 → キャンペーン特別価格 + 10%ポイント還元!

プロチーム使用モデルのCLX50と同一のリムを使用しつつ、スポーク・ハブベアリングなどの変更でコストパフォーマンスを向上させたモデル。

基となったCLX50が傑出した性能を持つカーボンクリンチャーであり、そこからさほど性能を落とさずに10万円以上のコストダウンを果たしたとあって、ホイール界全体で見ても極めて高い人気を誇ります。

重量も前後で1,465gと軽量にまとまっており、50mmハイトのディープリムながらもオールラウンドに使えるホイールです。

 

IMG_6679(1)

■ROVAL C38 DISC¥130,000 (税抜) → キャンペーン特別価格 + 10%ポイント還元!

今期から新登場のエントリーグレードモデル。

¥130,000 (税抜)と正規ブランドのフルカーボンホイールとしては破格のコストパフォーマンス。

前後セットで1,560gと価格を考慮すれば十分な軽さを持ち、DT350ハブと一般的なJベンドスポークのおかげで信頼性も抜群。

ディスクブレーキユーザー限定ですが、この価格でROVALのワイドリムホイールが手に入ってしまうのは反則もの。

初めてのアップグレードにはまたとないホイールです!

 

S.C._1169×826

☆★春のサイクルライフ応援キャンペーン開催中!!4月29日まで★☆


NEW ROUBAIX試乗できます!

2019年4月15日 月曜日

昨日開催されたパリ・ルーベ2019、今年も熱いドラマが繰り広げられました。

最後は新型ROUBAIXを駆るフィリップ・ジルベールが見事優勝!

それだけにとどまらず、トップ10の内5人が新型ROUBAIXに乗っていたというスペシャライズド1強の結果となりました。

選手たちの強さやチーム力ももちろんあると思いますが、これ以上ない形で新型ROUBAIXの圧倒的なパフォーマンスが証明されたのではないでしょうか。

 

2020 ROUBAIX

そんなわけで新型ROUBAIXの試乗車が店頭で既に稼働していますよというご案内です。

我々も先日試乗させて頂きましたが、まさにROUBAIXの時代が来たなという印象。

TARMACやVENGEに勝るとも劣らないレーシングスペックと従来のROUBAIXのエンデュランス性能を兼ね備えるバイク、それが新生ROUBAIXです。

 

2020 ROUBAIX (3)

ご用意させて頂いたのはシマノ105完成車のROUBAIX SPORT。税抜270,000円のモデルです。

ラインナップの中では最も手の届きやすいグレードではありますが、FACT 10Rというかなり高位のカーボンが使用されています。

(S-WORKS ROUBAIXに使用されているカーボンはFACT11R)

ホイールさえ変えればEXPERTグレードにだってひけをとりません。

 

2020 ROUBAIX (4)

サテンカーボン/ストームグレーというフレームカラー。

グレーというには青みが強いですがこれがまたカッコイイ。

つや消しなのも高級感があってよいです。

 

2020 ROUBAIX (7)

スペシャライズドも新型ROUBAIXのことをエンデュランスバイクとはカテゴライズしていません。

レーシング性能とエンデュランス性能が極めて高い次元で両立された、まったく新しいジャンルのバイクとでも呼ぶべきものです。

エンデュランスライダーからはもちろん、レーサー気質の方も是非新型ROUBAIXに乗ってみて下さい。

今までの常識が打ち壊されるに違いありません。


SPECIALIZED 新型ROUBAIX誕生!

2019年4月11日 木曜日

NEW ROUBAIX

噂されていた新型ROUBAIXがついに公表されました。

印象的なのはTARMACと遠目では見分けがつかないくらいにシェイプアップされたそのルックス。

S-WORKSグレードのフレーム単体重量は900g以下との事。

モデルチェンジしたNEW ROUBAIXの第一のアピールポイントはこの軽量さです。

 

NEW ROUBAIX (2)

スムーズさ=速さであることを実証して見せた先代ROUBAIXの象徴であるFUTURE SHOCKは引き続き搭載されます。

ただし大きな進化を遂げており、上級グレードに搭載されるFUTURE SHOCK2.0ではなんと減衰の調整が可能となっています!

トップキャップの代わりに付いているダイヤルがそれです。

ミドルグレードではFUTURE SHOCK1.5という物が入るのですが、こちらはロックアウトは省略されています。

 

NEW ROUBAIX (3)

シートポストはTARMACと同じD型断面形状となりました。

ただしTARMACのそれよりもしなりやすくなっているとのことです。

ボリュームの大きさを感じさせるクランプ部分ですが・・・

 

NEW ROUBAIX (4)

カバーを外すとこの様になっています。

クランプ位置を下げる事でシートポストのしなりを増やすという思想は先代と同じですが、見た目も整備性もよりスマートになりました。

 

NEW ROUBAIX (5)

実は先日、我々の良く知る三浦半島で気が済むまで試乗し倒すという未曽有の機会に恵まれました。

 

一言でいうと「まるでTARMAC」、この言葉に尽きると思います。

漕ぎだしの軽さ。登りの軽快さ。素直なハンドリング。わかりやすい挙動。

レーシングバイクに求められる全ての要素がTARMACに比肩するレベルの高さにあります。

それでいながらハンドルから伝わってくる路面の振動の少なさ。

もはやレーシングバイクとエンデュランスバイクの垣根を設ける事は無意味なのかもしれません。

両者の良さをここまで両立させることが出来るということが実証されてしまったのですから。

 

FUTURE SHOCKも大きな進化を遂げていました。

調整ができるようになったのも大きいですが、従来のFUTURE SHOCKになかったプログレッシブ感を感じるようになったのが大きいです。

どういうことかというと、沈んだ時にストロークが後半になるにつれて踏ん張る様な味付けになっていて、底付きしにくくなっているんですね。

そして伸びきってトップアウトした時も今まではコツンと戻り切った感触を小さく感じていたのですが、それが一切なくなりました。

この二つが合わさった結果、ものすごくナチュラルな乗車感を実現しています。

荒れている路面で今まさにショックが仕事をしている瞬間も、動いていることを意識させないほど。

ミドルグレードのFUTURE SHOCKもロックアウト機能こそないものの、プログレッシブ感は近いものがあるとのことです。

 

NEW ROUBAIX (6)

このバイクの凄さはぜひとも実際にお試し頂きたい!

というわけで各系列店にROUBAIX SPORTの試乗車をご用意させて頂きました。

(店頭試乗車のサイズは事前にご確認下さい。)

ロードバイクの進化の方向に一つの答えを示したと言っても過言ではない特別な一台。

刮目してご試乗あれ。