フィジークの新作バーテープのまとめ

2019年1月19日 土曜日

化学素材バーテープの草分けとして長年にわたって愛されているフィジークのバーテープ。

しかしながら最近は他社のハイテク系バーテープに若干押されていた感があります。

そんなフィジークのバーテープが、この度フルモデルチェンジを果たして新登場!

 

IMG_20190107_174220(1)

ところで皆様、フィジークのバーテープってラインナップが分かりにくいなんて思ったことはありませんか?

正直に言うと今回もわかりづらいです。むしろわかりにくさがパワーアップしています。

なにしろネーミングから中身を想像することができません!

 

でも一度覚えちゃえば意外に合理的なラインナップだなと思えます。

今回は新生フィジークのラインナップを簡単に解説いたしますので、バーテープ選びの参考にして頂ければ幸いです。

 

467(1)

まず大別して3つの商品に分けられます。

レーサー向けのVENTO。

日常使いにも向くTEMPO。

グラベル向けのTERRA。

 

それぞれの大きな違いは表面のグリップ力の高さ。

VENTOとTERRAは非常にグリッピーな表面素材を、TEMPOは滑りの良さに優れた素材を使用しています。

ところで同じ商品でもソロカッシュだのボンドカッシュだのバリエーションがありますね。

各商品の詳細を見て行きつつ、これらについても説明を加えたいと思います。

 

VENTO microtex

まずはVENTO

従来のタッキーの後継のような位置づけのレーシングバーテープ。

高強度時でも安心してハンドルを握れるよう、高いグリップ力を備えています。

 

VENTO(1)

しっかりと手に吸い付いてきますが、ペットリ感やベトベト感は全然ありません。

表面をなでるとニスを塗った木の様な滑らかさすら感じます。

今までのフィジークテープにはなかった溝が設けられており、吸い付きの良さはここに起因していそうですね。

 

IMG_20190107_174411(1)

マイクロテックスとソロカッシュの2種類が出ていますが、それぞれの違いはクッションの厚み。

マイクロテックスは2mm厚、ソロカッシュはやや厚めの2.7mm厚となっています。

バイクコントロールと振動吸収性のどちらを重視するかで使い分けると良さそうです。

 

IMG_20190107_174721(1)

続いてはTEMPO。

先述のVENTOと違い、サラリとした滑りの良さが特徴です。

日常使いでは高いグリップ力が邪魔に感じる時もありますし、耐久性も高いとの事なので、デイリーユースにはこのテープが良さそうです。

 

455(1)

TEMPOの内、名前にクラシックとついている物は革のような手触りの表面仕上げ。

従来のクラシックタッチの後継ですね。

2mm厚と3mm厚の2種類があります。

 

456(1)

スエードっぽい手触りの「ソフト」というバリエーションもあります。

従来のソフトタッチの後継といったところでしょうか。

クラシックよりもこちらの方が吸湿性がよく、夏場の手触りが良いような気がします。

こちらの厚みは3mmのみの展開。

 

TERRA

そして最後にTERRA。

ラインナップ中最もクッション性に優れ、なおかつVENTOと同等のグリップを備えています。

グラベル系という位置づけだからか、他のコレクションよりもアースカラーが多めです。

 

458(1)

VENTOと同様の高グリップな表面素材ですが、溝が切られておらずマットな手触り。

3層構造となっており、中間層のポリマーパッドフォームのおかげで最高の振動吸収性を誇ります。

グラベルはもちろん、ハードなロングライドに挑む時にもオススメ。

 

VENTO solocush

まとめてしまうと、3種類のグリップ感と3種類のパッド厚があって、それぞれの組み合わせで8種類の商品が出ていますという感じでしょうか。

既に幾つかは店頭に入荷しておりますが、とても伸びが良くて巻きやすい所も好評です。

バーテープ巻きに初チャレンジしてみようかなという方は、先ずはVENTOあたりを試してみましょう!


スペシャライズド 2018年モデルクリアランス!

2019年1月15日 火曜日

店頭在庫の2018年モデルをクリアランスプライスでご提供中です。

本日のご紹介はスペシャライズド!

ロード、マウンテン共に見逃せない車体がまだまだ残っていますよ!

 

2018 STUMPJUMPER FSR COMP CARBON

2018 STUMPJUMPER FSR COMP CARBON (2)

■STUMPJUMPER FSR COMP CARBON 27.5 Mサイズ

¥460,000 → ¥322,000 (税抜) 30%OFF!!

SOLD OUT!

STUMPJUMPERというモデルは数あるMTBの中でも特別なモデルです。

なぜなら初代STUMPJUMPERこそ世界で一番最初に生まれた量産型のマウンテンバイクだからです。

円熟に円熟を重ねて初代とは全く違うバイクとなっているSTUMPJUMPER FSR COMP CARBONですが、最高に楽しいバイクという評価は連綿と受け継がれています。

美しいカメレオンカラーも魅力的!

 

IMG_7461(1)

■TARMAC COMP 54サイズ

¥320,000 → ¥224,000 (税抜) 30%OFF!!

TARMACの中ではミドルグレードにあたるTARMAC COMP。

無印 → SPORT → ELITE → COMP → EXPERT → S-WORKSといった具合に出世していきます。

 

COMPグレードのTARMACはSL5世代となっており、従来の「いかに硬いフレームを作るか」という発想とは全く異なる設計思想で作られています。

負荷のかかる部位とかからない部位を見極め、必要な場所に必要なだけの強度とボリュームを盛り込み、更にサイズごとに設計を最適化するライダー・ファーストエンジニアードという技術が導入されました。

結果としてライダーへの負担が減り、どんなレベルのどんな体格のライダーも満足できる仕上がりとなっています。

COMPグレードでは現行の8000系アルテグラを装備し、スペック面でもパフォーマンス高し。

このグレードのみ、圧入式ではなくネジ切りタイプのBBが採用されているものいいですね。

 

 

2018 VENGE ELITE

2018 VENGE ELITE (2)

■VENGE ELITE 52サイズ

¥275,000 → ¥192,500 (税抜) 30%OFF!!

新型がデビューし国内外のレースを席巻していることで話題沸騰中のVENGEですが、一方で最も安いグレードでも税抜き9万円からとかなりの高級バイクとなってしまいました。

お値打ちな”VENGE”を手に入れるなら2018年モデルで探すのがオススメです。

油圧ディスク&電動コンポーネントで組み上げることが前提となる最新のエアロロードとは違い、VENGE ELITEのハンドル・ステム・ブレーキはいずれも一般的なシステム。

空力的には見劣りするかもしれませんが、メンテナンス性はこちらの方が勝っています。

不意のトラブル時など、何かあった時にもこのメンテナンス性の高さは心強い味方となることでしょう。

 

この他、系列店の在庫もお取り寄せ可能です。

在庫確認等、気になることがございましたらどうぞお気軽にお問い合わせ下さい!


【2019モデル入荷情報】PINARELLO GAN 105

2019年1月12日 土曜日

2019 GAN 105

■2019 GAN 105 ダークネイビー ¥298,000 (税抜)

新型PRINCEに話題を持って行かれている感のある今年のGAN。

しかしながら走りの良さとルックスの良さにかけては今なお同価格帯でも屈指のバイクであることは疑いありません。

2019年モデルは細かな部分がアップデートされており、塗装にも気合が入っています。

金額を考慮すると、PRINCEではなくこちらを選ぶのも十分アリではないでしょうか!

 

2019 GAN 105 (9)

後部が涙滴形状になっているエアロステムを装備。

去年まではGAN S以上の上級モデルの特権でしたが、ついにこのグレードにも降りてきました。

見た目のスッキリ感もさることながら、一般的なステムと違ってボルトが飛び出ていないのが密かな利点。

ダンシング時や信号待ちの時に膝や太ももが当たってしまっても痛くないのです。

 

2019 GAN 105 (7)

コンポーネントは当然最新のR7000系105でびしっと統一。

年式によってはクランクがグレード外グレードだったりするのですが、今年はしっかりとFC-R7000がアッセンブルされています。

毎度書いていますが、ピナレロはBBがねじ切り式なのも評価点。

なんだかんだで圧入よりねじ切り式の方が信頼性が高いですし、整備する時もありがたいです。

 

2019 GAN 105 (8)ダークネイビーと称する通り、屋内で見るととても深い青ですが・・・

 

2019 GAN 105 (3) 2019 GAN 105 (6)

太陽の下では目が醒めるような鮮やかな色合いになり、また印象が変わります。

ロゴはヘアライン仕上げのシルバーとなっていて、それがまたメタリックなネイビーを引き立てています。

オーダーペイントと言われても信じてしまいそうなほどクオリティの高いカラーリングです。

 

2019 GAN 105 (5)

GANより上のグレード全てに言えますが、シートポストはフレームと同色に塗られています。

イタリアンブランドならではの芸の細かさではないでしょうか。

 

2019 GAN 105 (10)

毎年人気が高いブラックオンブラックのGANも入荷しています。

シンプルなだけにフレーム自体の造形力が問われるカラーリングですが、そこはピナレロ。

他社のマットブラックとは一線を画す妖艶さです。

 

IMG_5053(1)

この他、2018年GANの特価車体も少量ながらご用意があります。

系列店の在庫も取り寄せ可能ですので、ご興味のある方は是非お問い合わせ下さい。


【2019モデル入荷情報】CANNONDALE CAAD12 DISC & CAAD12 105

2019年1月8日 火曜日

不動の人気車種の2019年モデルが入荷して参りました。

2019 CAAD12 DISC (2)

■2019 CAAD12 DISC 105 ¥230,000 (税抜)

アルミフレームのロードを買うぞ!となった時に必ず候補に挙がってくるのがCAAD12。

サイクリングに良し、レースにも良し、性能を考えると価格もお値打ち。

そうなると今度はディスクブレーキにするかリムブレーキにするかという新たな悩みが・・・

今年のCAAD12はどちらのバージョンでも魅力的なカラーリングなだけに悩みは尽きなさそうですね。

 

2019 CAAD12 DISC (3) 2019 CAAD12 DISC (5)

CAAD12 DISC 105のフレームカラーはヴァルカングリーンという色です。

話題のグラベルロード、トップストーンにも採用されているカラーですね。

そこにキャノンデールお馴染みの黄緑がアクセントで入ります。

アースカラーが好きという方にはたまらないカラーリングでは?

 

2019 CAAD12 DISC (6)

そんなCAAD12ディスクですが、今年から前輪の固定方法がクイックリリースではなくスルーアクスルとなりました!

ここは非常に重要。

ディスクブレーキの強力な制動力を受け止める為にはフロントフォークのよじれが大敵ですが、スルーアクスル化により大幅剛性アップ!

ブレーキだけでなく、コーナーで負荷を掛けた時にそのメリットを実感できることでしょう。

 

2019 CAAD12 DISC (7)

アッセンブルされるコンポーネントも、5800系&グレード外グレードのミックス105仕様からR7000系105に統一されました。

変速の切れの良さ、ブラケットの握りやすさなど全体がパワーアップ。

 

2019 CAAD12 DISC

前年度のモデルよりもさらに魅力的になったCAAD12 DISC 105。

しかし彼には強力なライバル車種がいるのでした!

それがこの・・・

 

2019 CAAD12

リムブレーキバージョンのCAAD12 105です!

どうですか、この美しい佇まい。

こちらは定価¥190,000 (税抜)と、ディスクよりも更に手の届きやすい価格となっています。

 

2019 CAAD12 (2)

カタログで見ると「ふーん、紫ねぇ・・・」で済まされてしまいかねないカラーですが、実車の色鮮やかさはため息が出てしまうほど。

カラー名はその名もディープパープル。

レトロな洋楽ロックが好きな方には刺さるネーミングかもしれません。

 

どちらも魅力的な2019のCAAD12。

あなたならどちらを選びますか?

選びきれない方は是非スタッフまでご相談を!


本年もご愛顧頂き誠にありがとうございました。

2018年12月30日 日曜日

IMG_3068(1)

2018年もたくさんの皆様にご来店頂き誠にありがとうございました。

走り納めもトラブル無く笑顔で終わることが出来ました。

IMG_3040(1) IMG_3045(1) IMG_3039(1) IMG_3043(1)

自転車という共通の趣味が多くの方々をつなぎ合わせ

支え合い、楽しみを生み出しているのかと思います。

IMG_3067(1)

皆様に『ありがとう』と言って頂ける瞬間がスタッフとしては一番の喜びです。

2019年も一人でも多くの方が笑顔で楽しくいられるようお祈り申し上げます。

良い年をお迎えください。

GROVE鎌倉スタッフ一同

 


【スペシャルオファー】2018 SUPERSIX EVO Hi-MOD DISC DURA ACE

2018年12月28日 金曜日

新年の訪れが迫る中、超ド級の2018年モデルが入荷して参りました。

2018 SUPERSIX EVO HM DISC DA

■2018 SUPERSIX EVO Hi-MOD DISC DURA ACE 48サイズ

¥720,000 → SPECIAL PRICE!!

SOLD OUT!

他サイズのお取り寄せが出来る可能性がございます。

詳しくはお問い合わせ下さい。

 

キャノンデールのフラッグシップの一角、ハイモジュラスカーボンを使用した軽量オールラウンドモデルのSUPERSIX EVO Hi-MODです。

しかもディスクブレーキモデルというのがポイント。

というのも、2019年モデルのSUPERSIX EVOはリムブレーキのみの展開となるのです。

ディスクブレーキ仕様のEVO Hi-MODを手に入れるならこれが最後のチャンス!

 

 

2018 SUPERSIX EVO HM DISC DA (5) 2018 SUPERSIX EVO HM DISC DA (6)

カラーはチームレプリカ。

キャノンデールらしい黄緑に、高級感あるシルバーのロゴ。

そしてトップチューブからヘッドにかけてのワイルドグラフィックがプレミア感を演出します。

 

2018 SUPERSIX EVO HM DISC DA (9) 2018 SUPERSIX EVO HM DISC DA (11)

メインコンポーネントは9120系DURA-ACEを装備。

現時点で世界最高のロード用油圧ディスクブレーキシステムです。

最高のフレームには最高のコンポーネントが似合います。

 

2018 SUPERSIX EVO HM DISC DA (7)

ホイールはホログラムSiカーボンクリンチャーホイールが付いてきます。

35mmのリムハイト、内側19mmのリム幅、そしてチューブレスレディ―対応と見事にトレンドを抑えたホイールです。

リムブレーキ版の公称重量は1365g。

スポークもDTのエアロライトなので、非常に高い戦闘力を持ったホイールと言えます。

 

2018 SUPERSIX EVO HM DISC DA (10)

乗り心地を大きく向上させるSAVEカーボンシートポストも標準装備です!

 

2018 SUPERSIX EVO HM DISC DA (12)

重量はご覧の通り。

このままでも完成車としては脅威の軽さですが、ちょっとしたパーツ交換であっという間に6kg台が見えてきます。

 

2018 SUPERSIX EVO HM DISC DA (2) 2018 SUPERSIX EVO HM DISC DA (8)

実物の持つオーラは写真では全く表現できていませんので、是非店頭でご覧頂きたいところ。

2018年モデルと言う事で驚きの特価でご提供中です。

1台限りとなりますので、お早めにどうぞ。


【GROVE BIKE GALLERY】PINARELO DOGMA F10 DISK

2018年12月27日 木曜日

f10disk (1)

OWNER K様

遂に組み上がりました。今回のこだわりはなんといってもアメティスタと名付けられたカラーです。

WHITEとBLUEのバランスが何とも言えず爽やか。

オーナー様もカラーに一目惚れして『オーダーするしかない』と思ったとの事。

f10disk (2)

何気なくボトルを刺してみたのですが、奇跡の一致。

限定のOCEAN RESCUEとグラデーション具合がピッタリと合いました!これは偶然か必然か!?

f10disk (3)

バイクのご案内に戻りまして、基本コンポはSHIMANO ULTEGRA Di2にまとめ上げ、もちろんブレーキは油圧仕様。ロングライドからヒルクライムレースまでこなすオーナー様なので、ホイールは最新のMAVIC KSYRIUM PRO CARBON UST DISC。あえてNON SLをチョイスし、乗り味をマイルドに仕上げました。

DISC仕様はNON SLでもINSTANT DRIVE搭載なので、非常にコストパフォーマンスが良いです。

パワー管理はPIONEERペダリングモニター。パワー管理をしてトレーニングをすればヒルクライムレースでの目標タイム達成は間違いなしでしょう。

これからもより一層サイクルライフをお楽しみください。


S-WORKS ROUBAIXフレームセット スペシャルオファー!

2018年12月26日 水曜日

ここ数日の寒波で本格的な冬の到来を肌で感じますね。

寒くて憂鬱な方もいらっしゃると思いますが、寒さを吹き飛ばすべくGROVE鎌倉では特別なオファーをご用意しました!

 

2018 S-WORKS ROUBAIX

■S-WORKS ROUBAIX フレームセット 52サイズ

¥340,000 → SPECIAL PRICE!!

S-WORKSのROUBAIXってこんなに安かったっけ?と思われるかもしれませんがそうなんです。

実は今年のS-WORKS ROUBAIXは¥450,000から¥340,000へと大幅な価格改定が行われ、今回はそこから更にスペシャルプライスにてご提供させて頂く事になりました。

また、下記のスペシャルオファーをご用意しております。

 

IMG_6679(1)

ROVAL C38カーボンホイールを同時にご購入で更なるお買得価格に。

手持ちのパーツを流用して組み上げたいけど、ディスクブレーキ用のホイールがない!という方は是非こちらもご検討下さい。

価格の詳細は店頭にて。

 

さて、フレームの各部を詳しく見て行きましょう。

2018 S-WORKS ROUBAIX (3)

現行ROUBAIXの核たる部分、FUTURE SHOCK。

ロードバイクにサスペンションを組み込むというアイディアは古くからあったものですが、これほどの完成度を実現したのはスペシャライズドだけではないでしょうか。

ROUBAIXに乗車した経験のある方はご存じだと思いますが、乗ると驚くほど普通なんですよね。

想像するような特異な乗車感は全くなく、スタンダードなロードバイクとさほど変わらないフィーリングで走れます。

とはいえFUTURE SHOCKはライド中常に仕事をしていますから、その絶大な威力は容易に実感できるはずです。

 

中に入っているスプリングは3種類の硬さを選択できます。

交換作業もさほど難しくないです。

 

2018 S-WORKS ROUBAIX (5) 2018 S-WORKS ROUBAIX (6)

ダウンチューブとシートチューブの間についているものはSWAT STORAGEと呼ばれるストレージボックスです。

この中に予備のチューブ、タイヤレバー、Co2ボンベ一本、携帯工具をスマートに収納できます。

上記のアイテムの内、CO2ボンベ以外は全てフレームに付属してきます。

 

2018 S-WORKS ROUBAIX (7)

カタログ写真だとツヤ消しブラックにも見えますが、実際はカーボン地が透けて見える様な仕上げ。

 

2018 S-WORKS ROUBAIX (8)

ダウンチューブの白い部分はアシンメトリックな配置になっています。

この部分も単なる白ではなく、シルバーがかったメタリックなホワイトです。

白と黒のシンプルなカラーリングながらも飽きがこない上質なグラフィックではないでしょうか。

 

2018 S-WORKS ROUBAIX (2)

S-WORKSの名を冠するフレーム、しかも現行モデルをこの価格でご提供出来るのは我々としても滅多にない機会です。

ご自身へのクリスマスプレゼントにいかがでしょうか。

 

IMG_1592-e1544344129525-1024x709 IMG_1595-1024x768

系列店のGROVE宮前平店には同フレームの52サイズ/カメレオンカラーの在庫がございます。

こちらのお取り寄せも可能です!

 

18_W.C._1169×826

☆★ウィンターキャンペーン開催中!!12月24日まで★☆


超希少!S-WORKS TARMAC SL6 DISC 世界選手権リミテッドカラー入荷しました

2018年12月26日 水曜日

オランダの女子選手であるアンナ・ファン・デル・ブルッヘン選手の世界選手権優勝を記念して、S-WORKS TARMAC DISCの限定カラーが登場です!

 

S-WORKS TARMAC SL6 DISC FRMSET WC

■S-WORKS TARMAC SL6 DISC FRAMESET WC COLOR 52サイズ ¥500,000 (税抜)

このフレームに目を奪われない人間がいるでしょうか?いや、いません!

アンナ選手もこのデザインについてテンションの高いコメントを残していますが、こんなスタイリッシュなフレームに乗ったらアガらないわけがないですね。

 

今回のリミテッドモデルは国内入荷数17本ということで、僕らが確保したのは52サイズ。

52サイズのフリー在庫は国内で僅か4本。

完全な早い者勝ちとなりますので、ビビッと来たら今すぐご連絡を。

 

S-WORKS TARMAC SL6 DISC FRMSET WC (4)

通常ラインナップだとシンプルなデザインが多いので見落としがちなんですが、実はスペシャライズドって塗装の質がすごく高いブランドなんです。

特に限定色のフレームは毎回気合が入っていて、今回もよくこれだけの物を生産ラインに乗せられたなと思います。

 

S-WORKS TARMAC SL6 DISC FRMSET WC (8)

S-WORKS TARMAC SL6 DISC FRMSET WC (3)

アルカンシェルを大胆にアレンジしたスプラッシュデザインも素晴らしいですが、トップチューブのメタリックな色合いも見逃せません。

ロゴはリフレクティブホワイトとなっています。

 

S-WORKS TARMAC SL6 DISC FRMSET WC (2)

S-WORKS TARMAC SL6 DISC FRMSET WC (7)世界選手権でディスクフレームが優勝するのはこれが初めてということで、TARMAC伝説にまた一つ新しい偉業が刻まれましたね。

歴代のTARMACがそうであったように、オールラウンドフレームとして絶対的なベンチマークと言えるのではないでしょうか。

12月24日まで開催中のウィンターキャンペーン期間中はフレーム組工賃無料です!

そろそろディスクロードでフレームを組んでみようかと思っている方は是非この機会に。

 

18_W.C._1169×826

☆★ウィンターキャンペーン開催中!!12月24日まで★☆

 


年末年始 営業のご案内

2018年12月22日 土曜日

20181116 TdO (16)

平素、GROVE鎌倉をご利用いただきまして、誠にありがとうございます。

2018年も残すところあと僅かとなってきました。

お正月のご予定はもう決まりましたか?

さて、年末年始 営業日のご案内です。

2018年

12月26日(水) 定休日

12月27日(木) 年末特別営業 10:00~19:00

12月28日(金) 通常営業   10:00~19:00

12月29日(土) 年内最終営業 10:00~19:00

12月30日(日) 走り納めイベントの為 休業

12月31日(月) ~ 2019年1月3日(木) 年末年始休業

1月4日(金)  年始営業開始 10:00~19:00

 

12月30日(日)は走り納めイベントの予定となっておりますが、

万が一雨で中止となった場合には、10:00~17:00で営業となります。

自転車の修理、メンテナンスなどのご依頼は

作業内容によって年明けのお渡しになる場合がございます。

予めご了承下さい。

皆様のご来店をお待ち致しております。