【9/21-23 Cannondale試乗会開催!!】革新的な進化を遂げた3モデル

2019年8月23日 金曜日

CANNONDALE TEST RIDE

ブランドロゴを一新したのも、つかの間3モデルもの新型をリリースし衝撃的だったNEW Cannondale。

先駆けて私たちスタッフはSuperSixEVOCAAD13Topstone Carbonを試乗できる機会を頂き、その飛躍的な進化を遂げた3モデルに衝撃を受けました。

そしてこの度、皆さまにもご体験頂けるよう新型3モデルの試乗会開催が決定致しました!!

 

20190820 CANNONDALE TEST RIDE (1)

■SuperSix EVO Hi-Mod Disc Dura-Ace Di2/51サイズ

■SuperSix EVO Carbon Disc Ultegra/54サイズ

 

20190820 CANNONDALE TEST RIDE (3)

■CAAD13 Disc Force eTap AXS/48サイズ

■CAAD13 Disc 105/51サイズ

 

20190820 CANNONDALE TEST RIDE (2)

■Topstone Carbon Force eTap AXS/XSサイズ

 

20190820 CANNONDALE TEST RIDE (4)

■SystemSix Hi-Mod Dura-Ace Di2/51サイズ

 

試乗会の開催日・店舗は下記の通りです。
  9月7日(土)~8日(日) Cannondale横浜ベイサイド
 9月14日(土)~16日(月・祝) GROVE青葉台店
 9月21日(土)~23日(月・祝) GROVE鎌倉店
 9月28日(土)~29日(日) GROVE港北店

また、9月22日(日)は『Cannondale TEST RIDE×GROVEおはようライド』プレミアム試乗会を開催致します。

走り慣れたお馴染みルートでスタッフアテンドの元、しっかりとご試乗頂けます。

参加ご希望の方はお早目にお問い合わせ下さいませ。

 

革新的な進化を遂げた注目モデル。是非この機会にご体験下さいませ!!

 


【スタッフ試乗レポート】Bianchi Oltre XR4 & Specialissima

2019年8月20日 火曜日

先日の「Ortle XR4 DISC」試乗レポートに引き続き、今回は「Oltre XR3」と「Specialissima」をレポート致します。

20190817 Oltre XR3 (1)

■Bianchi Oltre XR3 RIM ¥335,000-(税抜)~

 

20190817 Oltre XR3 (8)

■Bianchi Oltre XR3 DISC ¥388,000-(税抜)~

上位モデル「Oltre XR4」が展開される事から“下位グレードだろう”と思いこんでいたこのモデル。

実際乗ってみると『決して下位グレードではなく別の魅力のあるバイク』と言えます。

 

20190817 Oltre XR3 (3)

それもそのハズ。

多くのブランドが同じ金型×カーボンファイバーのグレードダウンによりコストダウンを図るなか、

Bianchiのバイク作りはコンセプトを決め、1台1台フレームの形状と設計を変え作り込んでいます。

その為メガブランドに比べ若干価格は高くなりがちですが、華やかなブランドイメージの裏にフレームのポテンシャルを100%引き出すべくバイクをコツコツ造る堅実なブランドなのです。

 

20190817 Bianchi (5)

試乗ではBianchi本社スタッフの方々と一緒に乗れる場面もありました。

(左:クラウディオ・マスナタ氏/右:アンジェロ・レッキ氏)

実はこのお二人、すごい方々でクラウディオ氏はイタリア トラック競技チャンピオン、アンジェロ氏はジロ・デ・イタリアで総合14位の成績を残したとても素晴らしい経歴の方たち!!

どおりでペダリングが綺麗なワケです。笑

そしてこんな“本物のライダー”達で造っているのが『Bianchi』なのです。

 

20190817 Oltre XR3 (5)

「Oltre XR4」よりもややゴツめのBB周り。

見るからに硬いはずなのに実際乗ると裏切られるのが不思議です。

 

20190817 Oltre XR3 (4)

ピュアレーサー向けに作り込んだ「Oltre XR4」に対し「Oltre XR3」はホビーレーサーにも扱いやすいよう考えられ設計された様で、リアバックの形状はXR4のそれとは大きく形状が異なります。

従来から存在するアワーグラスシートステーと呼ばれる湾曲が大きな形状はCountervailと相性が良く、より突き上げ感が少ない乗り心地の良さを提供してくれました。

ハンドリングもXR4に比べやや穏やかでロングライドで疲れてきた頃合いでも扱いやすそうです。

「どんなにハイパワーなペダリングをしても推進力に変えられるハイスピード・ピュアレーシングバイクOltre XR4」

も魅力的ですが

「疲労を抑え、長距離をハイスピードでこなす万能なOltre XR3」もとても魅力的…う~む。悩ましいですね♡

 

こちらのBianchi LABの実験動画からもいかにCountervailが有効かが見て取れます。

 

20190817 Specialissima (1)

■Bianchi Specialissima フレームセット¥500,000-(税抜)/完成車 ¥780,000-(税抜)~

ラストはBianchiが誇るクライミングバイク「Specialissima」

 

20190817 Specialissima (6)

かの有名なFerrariのワークスレーシングチーム「Scuderia Ferrari(スクデーリア フェラーリ)」とのコラボでも有名なモデルです。

 

20190817 Specialissima (4)

20190817 Specialissima (5)

オーソドックスな丸パイプ形状のチューブにノーマルタイプのRIMブレーキ。

正直なトコロ、スペック上 目新しい部分がないモデルだけに乗る前は過少評価していました。

 

20190817 Specialissima (7)

しかし実際に乗ってみるとイメージがガラリ。

最もCountervailの良さが際立っていた絶妙なバランスの良さ。

“シルキー”という言葉がこれ程までピッタリのバイクに未だかつて出会った事がありません。

バイクの挙動がバタつかず、スムーズそのもの。

軽量で上質な乗り心地はどこまでも走っていたくなる程やみつきの乗り味です。

レーシングモデルであるOltreシリーズの高トルク時のレスポンスの良さはありませんが、全くコンセプトが違う。という事なのでしょう。

試乗車ではレスポンスの良い硬めな乗り味の「フルクラム レーシングゼロ」に「ヴィットリア コルサ クリンチャー25c」という組み合わせでしたが、チューブレスタイヤを履かせたらまた一味違う魅力に化けるんだろうなぁと衝撃を受けたモデルがこの「Specialissima」です。

 

今回試乗させて頂いた3モデルはどれも違う魅力を持った素晴らしいバイクでした。

今後、皆さまにもBianchiのライドフィールを体験して頂くべく試乗会等も計画していきたいと考えておりますのでお楽しみに。

スペックの詳細やラインナップ等、Bianchiでご不明な点がございましたらお気軽にお問い合わせ下さいませ。

 


【ビギナーカフェライド】 三浦半島ショートライド

2019年8月19日 月曜日

68567189_2417464055157916_5775482405997510656_n(1)

曇り予報を良い意味で裏切った8月18日(日)は、ギラギラと太陽が照りつける快晴でしたね!

日曜日という事もあり、由比ヶ浜・逗子海岸はたくさんの人で賑わっていました。そんな活気にあふれた海を横目に134号線を走り三浦方面へ。

想像以上に暑かったので途中、コンビニ休憩で冷たい飲み物やアイスを補給しました。

みなさんも水分補給はお忘れなく!

まだまだ続く暑い夏を乗り切りるためにも、保冷力のあるボトルはオススメですよ。

68698518_715920122180993_916373608094236672_n(1)

 

68901488_1359083104255719_700368248100618240_n(1)

真空断熱で保冷力抜群な『THERMOS 真空断熱ストローボトル』

68606294_552762011929516_8033312774673137664_n(1)

柔らかく握りやすい軽量ボトルの『ELITE ICE FLY』

69302260_2387402651584272_1352448595504136192_n(1)

こちらは変わり種。

『THERMOS 保冷缶ホルダー』

350ml缶がすっぽり入る缶ホルダーでタンブラーにもなります。

一日を〆る一杯を冷やしたくない方にも是非。

他にも沢山のボトルがあるので迷ったら是非ご相談くださいね。

 

小休憩を挟みつつ1時間半くらいで本日のビギナーカフェライドの目的地『みやがわベーグル』さんへ到着♪

宮川湾がすぐそこなので、暑くなければ海を眺めて食事なんていいいかもしれませんね。

68532624_722544674835422_1808492328982151168_n(1)

 

AAAAA

店内は空調が効いており、ライド後の火照った身体には涼しさが堪りません。

お待ちかねのベーグルタイム!

私がオーダーしたのは、程良い酸味がアクセントのクリームチーズにグラノーラを合わせた「シェルピンク」。

ドリンクは自家製レモネード。冷えた微炭酸のレモネードは火照った身体にとても染みわたります。

他にもバラエティーに富んだベーグルとドリンクがあり、みなさん気になった品をオーダーしていましたよ。

68644695_2618021954897900_8540267882246832128_n(1)

69271546_651118548740250_7861527216843128832_n(1)

帰りの道中ではお祭りの準備?撤収?をしており、夏の終わりを少し感じました。

68687757_377274909603530_8736326486404890624_n(1)

夏は終わっても、半日のショートライドや『富士チャレンジ200』、『グランフォンドピナレロ八ヶ岳』など大小問わず秋のイベントを引き続き予定しておりますので、ご興味ある方は是非スタッフまでご相談くださいね。

 


次回のイベントは・・・

8月25日(日) GROVEおはようライド/8~12時ぐらい

9月1日(日)       FTP測定会

9月7日(土)    富士チャレンジ200

9月15日(日)  ビギナーカフェサイクリング

9月21日(土)~23日(月)      CANNONDALE試乗会 ※22日(日)はGROVEおはようライドと併催

・・・を予定しております。

参加ご希望の方はご連絡をお願い致します。

当店で自転車をご購入頂いた方を優先でご案内させて頂いております。予めご了承下さい。


【スタッフ試乗レポート】Bianchi Oltre XR4

2019年8月18日 日曜日

20190817 Bianchi (1)

今期より取扱いを開始した「Bianchi」

その歴史は優に130年を越える世界最古のバイクブランド。

目を引くチェレステカラーで“スポーツバイク”に馴染みのない方にも圧倒的な知名度ですが、

実はレーシングシーンで常に活躍し続けているカリカリのレーシングブランドでもあります。

今年のツール・ド・フランスでもチーム JUMBO-Vismaが個人総合3位/ステージ4勝と大活躍したのが記憶に新しいですね。

そんなイタリアン老舗ブランドBianchiをテストライドできる希少な機会を頂きましたのでレポートしたいと思います。

 

20190817 Bianchi (6)

まずは座学から。

イタリア本社からは3名のスタッフが訪れセミナーが開始。

Bianchiの歴史やテクノロジーなどをしっかりと学んでまいりました。

座学で事前情報を頭に入れ、いざテストライド。

今回のテストライドではハイエンドモデルの「Ortle」シリーズと「Specialissima」をメインに乗り込んでまいりました。

テストフィールドはお馴染みの湘南国際村。

馴染みのルートでは精度の高い比較ができますね☆

 

20190817 Oltre XR4 (2)

■Bianchi Oltre XR4 DISC フレームセット¥538,000-(税抜)/完成車 ¥1,080,000-(税抜)~

まずは最も気になっていたハイエンドモデル「Oltre XR4 DISC」をテスト。

 

20190817 Bianchi (7)

極力セッティング上での差を無くしたいのでエア圧は1台ごとに同じセッティングに。

普段5bar前後で乗れるチューブレス愛用者の私としては硬く感じる高圧エアセッティングです。

 

20190817 Bianchi (2)

噂で聞いた以上の上質な乗り味に驚き…とてもマイルドでチューブレスタイヤかと錯覚するほど。

しかしそのマイルドさはフレームの柔軟性やタイヤのエア圧を落としただけでは感じられない別の乗り心地の良さで不思議な感覚。

エアロロードというカテゴリーらしく抜群の高速巡航性で平坦・下りの伸びが素晴らしく、どんどん加速していく感覚が刺激的で気持ち良い。

軽量ヒルクライムモデルの「Specialissima」が展開される中でチーム JUMBO-Vismaではどのレースでもこの「Ortle XR4」1本で戦っているそうです。

プロのレースでは重量よりも平坦・下りでのアドバンテージが勝利のカギを握っているという事なのでしょう。

重量に重きを置いていない点が良い方向に働きバイクを荒く振ったり、あえて雑なペダリングをした際にもしっかりとした重厚感がパワーを推進力に変えてくれる印象を受けます。

ステアリングはレーシングバイクらしく鋭さがあり、集団内でも正確なハンドリングができるのだろうというイメージが沸きます。

 

20190817 Oltre XR4 (9)

20190817 Oltre XR4 (6)

フロント&バックビュー。

全てのチューブがエアロ形状で、あの上質でマイルドな乗り味はどこから来るのか?理屈では分かっていても不思議です。

 

20190817 Oltre XR4 (8)

上質な乗り味の秘密はコレ。

『CV』

Bianchiのハイエンドモデルに使用されるのがこの「Countervail(カウンターヴェイル)」という特殊素材。

先日のブログでもご紹介した通り、重量・レスポンスに悪い影響を与えず振動をキャンセルできるBianchi独自のテクノロジーです。

 

20190817 Oltre XR4 (10)

チェーンステーの横幅は私の小指ほどの幅しかない縦扁平形状。

エアロ・かかりの良い剛性。乗り心地はCountervailにより両立しているのだと悟れます。

ここまで潔くエアロを追い求められるチューブ形状はCountervailがあってこそなのです。

そしてCountervailを使用できるバイクはBianchiだけなのです。

 

20190817 Oltre XR4 (1)

個人的にはBianchiシリーズ内でもダントツのスタイリングと思っております。抜群にカッコいい…

長くなってしまったので本日はここまで。次回はOrtre XR3とSpecialissimaをレポート致します。

スペックの詳細やラインナップ等、Bianchiでご不明な点がございましたらお気軽にお問い合わせ下さいませ。

 


CANNONDALE 2019モデル特別価格!!

2019年8月13日 火曜日

台風10号が着々と迫ってきていますね。

金曜日には本州を通り過ぎているはずなので、楽しい週末サイクリングが楽しめそうです♪

67437212_2457004597653016_3194775598807384064_n(1)ライド先で冷たい食べ物を堪能するなんていいんじゃないでしょうか?

 

68755741_194865921504611_4697377947491762176_o(1)台風一過で猛烈な暑さも押し寄せるはずなので、こまめな水分補給の準備を忘れないようにしましょう!

 

「夏休みを活かして、これからロードバイクを始めたい。けど車体の候補が決まっていない・・・。」という方に朗報。

『SUPER SIX EVO』と『CAAD12』

CANNONDALEが誇るロングセラーモデル2種が一部特別価格となっております。

夏休みの最後の思い出を是非ロードバイクと共に。

 

SUPER SIX EVOとCAAD12が刷新されフレームワークやブランドロゴ、カラー展開など大幅に方向転換した今、ダウンチューブにロゴがビシッと入るデザイン、トラディショナルなフレームワークの在庫は極小かつ稀少です。

67929650_2504275946318760_1624080228726865920_n(1)

67937893_363243801255519_3001412279901093888_n(1)■SUPERSIX EVO  105 ¥240,000(税抜)⇒在庫限りの特別価格!!

SLV サイズ52  

SGG サイズ54

 

CAAD12 105 DPU

CAAD12 105 CAS

■2019 CAAD12 105 ¥190,000(税抜)⇒在庫限りの特別価格!!

CAS  サイズ50 52 

DPU サイズ52 

2019 CAAD12 DISC (2)

■2019 CAAD12 DISC 105 ¥230,000(税抜)⇒在庫限りの特別価格!!

VUG サイズ50

 

まだまだ続く夏休みにロードバイクデビューをお考えの方、気になったバイクがあれば善は急げです。

旧ロゴ&トラディショナルなフレームワークが忘れられない方も是非。

在庫限りラスト1台なのでお早めに!


【イベントレポート】初めてのMTB常設コースデビュー

2019年8月10日 土曜日

先日行いましたMTBイベントレポートです。

当日の天候は文句なしの青空。標高が少し高いとはいえこれだけの天気となるとやはり暑かった!

ただ、湿度が低い分気持ち良いですね。富士山の雪もすっかり解けて夏の装いとなっておりました。

IMG_20190804_0842121(2)

今回のテーマは初めての常設コースデビュー。

単純にコースを走るのも良いですが、いつもロードバイクで走り込んでいる方たちのために、午前中は登りも楽しめるグラベルライドからスタートです。

 

68704293_2476579579284318_1315383633330044928_n(1)

軽自動車が通れるくらいの道幅を緩やかに下ったり、時にはグイッと登ったり自然の中を駆け巡って参りました。

グラベルの登りではロードバイクとは違い、いかにトラクションをかけ続けて登っていくかがポイント。

重心の位置がずれるとたちまちグリップ力が失われて、ズルッとタイヤが空転して進めなくなってしまいます。

 

フロントタイヤが浮かないように押さえながらリアタイヤにトラクションをかけ続ける。

ロードの登りでは全く意識をしたことが無いかもしれませんがこれがなかなか難しいんですよ。まさにグラベルライドでなければ体験できないようなことですよね。

 

67871294_359953001338161_1008574233678184448_n(1)

下りのチャレンジポイントではどのラインを通ると行けるのか。その時の重心のかけ方はどの様にしたら良いのかなど、細かくレクチャーさせて頂きました。

一見するとボコボコで走る所が無いように見えてもコツさえつかめば不思議とラインが見えてくるんです。

 

67667464_506752083413595_8963151289923928064_n(1)

登りも下りも満喫したので皆様満足気な表情。

「大した距離を走ったわけではないけど疲労度がすごい」とポツリと呟いていたのはここだけの話です。

午後からは1日中コースを走っているファンライド組と合流し、無事常設コースデビューを果たしました。

 

67824079_2140013182793582_3449042778036633600_n

ファンライド組では10代パワーが炸裂。

親子でご参加頂きましたが、経験の少ない息子さんたち二人の方がアグレッシブに楽しんでいました。

初めてと言いつつドロップオフも難なく超えて驚きです。

やはり若さというのは何者にも勝るという事なのでしょうか!?

 

ご参加頂いた皆様お疲れ様でした。ありがとうございました。

 

 


今後のイベントは・・・

 

8月12日(月・祝) ROAD【ALL】GROVEおはようライド/8~12時ぐらい

8月18日(日) ROAD【初級】ビギナーカフェサイクリング/8~11時ぐらい

8月25日(日) ROAD【ALL】GROVEおはようライド/8~12時ぐらい

9月7日(日) ROAD 【ALL】富士チャレンジ200/要事前エントリー 締め切り間近


今はなきキャノンデールグリーン「CAAD12」

2019年8月9日 金曜日

「CANNONDALE=グリーン」

そうイメージする方はまだまだ多いはずです。

様々なスポーツバイクシーンで存在感を放っていたのが「キャノンデールグリーン」でした。

476093820_1280x720(1)

 

世界最高の自転車ロードレース「ツールドフランス」7度目のマイヨベールを獲得したペーターサガン。

まだ若手だった頃のサガンもキャノンデールグリーンを纏ったバイクを駆り「怪童」としてロードレース界の注目を集めていました。

現在、ロードレース界を賑わしているマテュファンデル・プール(corendon-Circus)、ワウト・ファンアールト(Team Jumbo-Visma)、レムコ・エヴェネプール (Deceuninck-Quick Step)など…他ジャンルから挑戦し、ロードレース界を華やかに彩る存在が目を引きますがその先駆けでしたね!

Le+Tour+de+France+2012+Stage+Twenty+NrdSB8AlRuFx(1)

やんちゃ坊主といった感じ。当時からスター性抜群でした♪

ヤングジェネレーションのエネルギッシュな走りとも相まって、当時CANNONDALEのシンボルカラーだった「キャノンデールグリーン」にはオリジナルな魅力があり、今もなお多くのファンの心を掴んでいます。

他にも、Bianchiのチェレステカラーなんかもブランドを象徴するカラーとして有名ですね。

Main(1)

ちょっとホワイトが多めですが、純朴な少年だった私もサガンとキャノンデールグリーンに触発されてレプリカカラーのSUPERSIX EVOに乗っていたなぁ…

 

時は流れて現在のCANNONDALEはブランドロゴを変更し、自社ロードバイクの特徴であるホリゾンタルフレームや丸パイプからの脱却など、ブランドに大きな変革が起こります。

その変革にはシンボルカラーだったグリーンがラインナップの大半から姿を消すという事態も!

無くなってしまった今だからこそ、このカラーの尊さに想いを馳せる方も多いはず・・・

そんな古き良きCANNONDALEの魂を残すグリーンをアクセントに纏ったバイクもラスト1台となっています。

2019 CAAD12 DISC (2)

■2019 CAAD12 DISC 105 サイズ50

VULCAN GREEN

¥230,000 (税抜) ⇒ 在庫限りの特別価格!!

 

2019 CAAD12 DISC (3) 差し色のグリーンがテンションを上げてくれます♪

軽量アルミフレームによる走りの軽さは流石CANNONDALE。登りもスイスイ進んでくれます。

 

2019 CAAD12 DISC (6)

2019 CAAD12 DISC (7)

もちろんディスクブレーキ搭載。

ブレーキング時の安心感、速度調整のしやすさを知ってしまうとリムブレーキには戻れません。

ライダーのレベルを問わずおすすめしたいポイントですね!

 

既にカーボンバイクをお持ちでセカンドバイクを検討中だったり、これからロードバイクを始めてみたいなど、「キャノンデールグリーン」にビビッときた方。

残すところラスト1台なのでこの機会に是非!!

 


【CANNODALE新型3モデルに早速試乗!!】Topstone Carbon

2019年8月3日 土曜日

新型SuperSix EVO、CAAD13と続きラストはTopstone Carbon。

俗に言われる“グラベルロード”というカテゴリーの響きからロードバイクよりも「安定感抜群、まったりとしたライドフィール」を想像していたのですが・・・まったくもって予想を裏切ったのがこのバイク。

20190719 TOPSTONE CARBON (1)

■CANNONDALE Topstone Carbon Force eTap AXS ¥595,000-

今回試乗させて頂いたのはSRAMが誇る無線電動シフトeTap搭載のモデルでTopstone Carbonシリーズ内ではハイエンドモデル。

コックピットはエアロ+振動吸収性の高いHollowGram SystemBar 、シートポストにはSAVEシートポストが標準装備されています。

最初から22mmハイト/ワイドカーボンリムのホイールが標準装備されているのもポイントで、仕様からするとかなりコストパフォーマンスが高いモデルです。

20190719 TOPSTONE CARBON (6)

ライドは当然の事ながら舗装区間からのスタートしました。

37cの太いタイヤからは想像できないほど軽快なペダリングに驚き…!!

想像していた“まったり感”は無く「単にカーボンフレーム化したグラベルロードバイクでは無いのだな」と乗り出して数秒で悟りました。

進む、進む。グイグイ進むレスポンスの良いフレームは30mmのフレックス幅があるバイクとは思えないほど。

太いタイヤこそソフトな脚当たりではありますが、舗装路区間のダルさがありません。

20190719 TOPSTONE CARBON (5)

しばらく走ると舗装路が終わり、お楽しみのグラベルセクションへ♡

わざとトラクションを無視した少々雑なペダリングをしてもリアのトラクション抜けが少ないのが印象的。

KingPin Suspensionが良い仕事をしているようで、この感覚は今までのグラベルロードバイクには無い感覚。

あまりにナチュラルに仕事をするもので乗っている最中にはまるで“サスペンション感”がありませんが、確かにタイヤが路面を掴まえている感覚に少し余裕があります。

20190719 TOPSTONE CARBON (4)

帰りはやや荒れたグラベルダウンヒル。

普段からMTBを楽しんでいる身としてはドロップハンドルとリジッドフォークは楽ではなく少々腕に来ますがスピードレンジを抑えれば、これはこれで楽しいなぁっと。

限りなくロードバイクに近いレスポンスで走れると考えれば“MTB寄りの楽しみ方”よりは“ロードバイクだけど何処でも行っちゃうぜ”的な遊び方がピッタリなのではないかと思いました。

ロード用のタイヤ&ホイールを履かせるのも面白そう。

もはやこのバイクは“グラベルロードバイク”ではなく“ALL ROAD”といえるカテゴリーではないでしょうか。

 


Tour de France 2019

2019年7月30日 火曜日

みなさん7月6日~28日は寝不足の日々が続いたのではないでしょうか。

蒸し暑さのせい? 夏の夜の蚊にお悩み?

それもあると思いますが違います。

世界最高の自転車ロードレース『ツール・ド・フランス』が開催し、先日フィナーレを迎えました。

日本時間では夜の放送なので寝不足気味な方も多いはず。

 

全21ステージ、3週間のハードなレースを総合成績1位でゴールしたのはエガン・ベルナル(Team INEOS)。

見事マイヨジョーヌを獲得し、史上初のコロンビア人によるツールドフランス優勝というメモリアルな大会になりました。

d2be6c449350f3ecd085f6b58de46e7c(1)

チームメイト達に祝福されながら最後のゴールを迎えます。

前年度覇者ゲラント・トーマスの姿もありますね。

トーマス自身も総合成績2位に入り、Team INEOSで1,2フィニッシュ!

 

振り返れば今年もというべきか、大会前から混沌とした第106回ツールドフランス。

マイヨジョーヌを通算4度獲得している、クリス・フルーム(Team INEOS)

が大会前の6月に大怪我をしていしまい不参加。

選手生命も危ぶまれましたが、現在は笑顔で片足ローラーする映像を公開するなど、復帰に向けて順調なようで安心です♪

他にも、覚醒したジュリアン・アラフィリップ(Deceuninck-Quick Step)の長期にわたるマイヨジョーヌ保持。

第19ステージ時点で総合5位だったティボ・ピノー(GROUPAMA – FDJ)が落車による影響で唐突な涙のリタイア。

選手達の人間模様や喜怒哀楽がギュッと詰まったドラマチックな展開はロードレースの醍醐味。

時に残酷で儚くも美しい魅力があります。

 

ツールの前半は静かな展開だったTeam INEOS。

cwtdftp51(1)

PINARELLO DOGMA F12を駆り、終わってみれば貫禄の表彰台1位と2位を獲得!

新型DOGMAはトーマスとベルナルのダブルエースを最高のステージで最高の結果へと導きました。

cwtdf2122(1)

Team INEOSによってDOGMA F12のポテンシャルが証明された瞬間。

ちなみに3位のクルシュウィックが使用するBianchi Oltre XR4も気になるバイクですね。

19784367(1)

最高峰のレースを制した『DOGMA F12』

もちろん当店に入荷予定がございますよ。

P20_DOGMA_F12_DISK_431(1) ■DOGMA F12 DISK FRAMESET ¥700,000-(税抜)

カラー:GALAXY BLUE

サイズ:465㎜と515㎜

フレームセットで1セットずつ入荷予定です。

吸い込まれそうなブルーが何とも言えない魅力を放ちますね!

具体的な入荷時期などは未定ですが、ご不明な点などあれば是非ご相談ください。


【CANNODALE新型3モデルに早速試乗!!】CAAD13

2019年7月23日 火曜日

新型SuperSix EVOに続きCAAD13もテストライドをさせて頂きました。

先代モデルであるCAAD12でも充分金属フレームとは思えない程の軽量さとスムーズで抜群の乗り心地。

「最新規格へのディスクブレーキ化以外にまだ進化できる所があるのか??」

ルートや路面コンディションはEVOと同じ。単純に“EVOとの乗り比べ”という意味でもどこまで違うのかワクワクしながらのスタートでした。

20190719 CAAD13 (7)

「13」

不吉な番号と言われるこの数字は欠番になる事も多く、自転車レースで「13」に当たる選手はジャージのゼッケンを逆さまに付けて走る姿もあったりします。

「アルミニウムの原子番号が13」

アルミフレームのパイオニアであるCANNONDALEはこの番号を「ラッキーナンバー」として特別な気持ちで開発がスタートしたそうです。

20190719 CAAD13 (1)

■CANNONDALE CAAD13 Disc Force eTap AXS ¥590,000-(税抜)

今回試乗させて頂いたのはフラッグシップモデルであるSRAM eTap仕様のCAAD13。

つまりはCANNONDALEがCAAD13でやりたかった性能が全て引き出されたモデルでもあります。

シャンパンゴールド色のフレームとNEWロゴが相性良くとても上品なルックスですね。

20190719 CAAD13 (10)

EVO同様に長めのヒルクライム。淡々と登り続けた後に平坦&下りの高速セクションが現れます。

一言で言って「とんでもなく良いアルミバイク」

乗り出してすぐに体感できるレベルで進化を遂げています。

20190719 CAAD13 (4)

今までの“SAVE”形状は影を潜め、全く違う形へと進化。

代表的な部分がこのリアバックです。EVOやTOPSTONE CARBONと同じくシートチューブを積極的に“しならせる”構造へと変化をしています。

その“しなやかさ”はSYNAPSE CARBONに迫る数字なんだとか。

通りでシルキーな乗り味なワケで、アルミフレームである事を忘れてしまう程。

45mmハイトのKNOTカーボンホイールがエアロ化されたフレームと相性が良く、ハイスピードの伸びがまるで違うと感じました。

20190719 CAAD13 (9)

大幅な形状変更はエアロ化が進むだけでなくこんな所も。

アルミフレームにも関わらずシートクランプが見当たりません。

20190719 CAAD13 (5)

EVOやSYNAPSE同様シートチューブ内側より固定するタイプへなりました。

より一層シートポストの“しなり”を生かせるシステムとなっています。見た目もスタイリッシュ。

20190719 CAAD13 (2)

20190719 CAAD13 (6)

28cタイヤがアッセンブルされてきます。

エアボリュームがあり乗り心地&トラクションが抜群。

DISC仕様モデルでは30cまで対応できるようなので様々なシチュエーションに対応でき、楽しみの幅が広がりますね!

フェンダーを取り付けられるダボ穴があり雨の日のトレーニングに使うセカンドバイク、または通勤バイクとしても超優秀です。

20190719 CAAD13 (8)

さすがに切れ味はEVOに勝る事はありませんが「本当にアルミフレームなのか」と疑う程ポテンシャルの高いバイクです。

アルミフレームの可能性を極限まで高めた「CAAD13」

CANNONDALEの本気度がひしひしと伝わって来る名作です。

 

2019夏キャン

日頃のご愛顧への感謝を込めてサマーキャンペーンを開催中!!

大変ご好評頂いたショッピングローン無金利キャンペーンを始め、最新モデルやグッツがお得!!

是非この機会をお見逃しなく☆


1 / 2512345...1020...最後 »