2018 CAAD12 105 クリアランス!

2018年8月17日 金曜日

各社ともに2019年モデルの情報が出始めていますね!

がらりとイメージを変えた車種がある一方で、2018年モデルの方が好みのカラーだったという方もいらっしゃるかもしれません。

2 5

■2018 CAAD12 105 税抜定価¥190,000 → SPECIAL PRICE!+更にポイント還元! 

そんなわけで最近お問い合わせが多いのがCAAD12 105。

2019モデルのCAAD12が微妙という事は全くないのですが、今までと路線の違うカラーリングになったことで2018モデルが再注目されているということでしょう。

 

これまで定番だったブラックグリーンが2019のCAAD12では展開がありません。

キャノンデールと言えば黒緑のREPカラー!という方は2018年モデルが手に入るうちに確保しちゃいましょう。

渋い大人の自転車乗りに人気のBBQカラーもまだご用意がありますよ。

 

4 7

CAAD12に限った話ではありませんが、ただいま2018年モデルをクリアランス特価でご提供中です。

最高のアルミバイクと謳われるCAAD12のパフォーマンスをお買得価格で手に入れませんか?

 

各サイズの店頭在庫状況は下記の通りです。

ブラック/グリーン(REP)・・・50、52

チャコールグレー(BBQ)・・・50、52

 

この他系列店在庫もお取り寄せも可能ですので、お気軽にお申し付けください。


2019 PRINCE 105 入荷しました

2018年8月11日 土曜日

先日ご紹介したPRINCE FXに続いて、ミドルグレードのPRINCE 105が入荷しております!

 

IMG_6356(1)

■2019 PRINCE 105 ¥385,000 (税抜)

PRINCE FXと同一のフレーム設計、同一のテクノロジー。

ですがこちらはもっと現実的な価格です。

 

使われているカーボンはT700というグレードで去年までのGAN Sと同一の物です。

FXよりもホビーレーサー向けの味付けとのことですが、こちらの方がハンドリングが鋭いとコメントしたライダーもおり、歴代PRINCEの名声に負けないポテンシャルを持つことは間違いないでしょう。

少なくとも530サイズのフレーム重量を見るとFXが940g、こちらが960gでほんのわずかの違いしかありません。

 

IMG_6358(1)

DOGMAやFXのようなフェードカラーでこそありませんが、代わりに黒部分を織物風のカーボン層でフィニッシュ。

これがまた高級感があって美しい。

レーシーな赤との組み合わせも素晴らしく、これぞピナレロといった世界観を感じさせます。

 

IMG_6363(1)

F10の系譜に連なるモデルなので、Di2のジャンクションをダウンチューブに収納可能なe-linkシステムを備えています。

これは電動コンポーネントにアップグレードした時にいくつかのメリットを生み出します。

 

現行Di2のジャンクションはピナレロの様にフレームに埋め込むかハンドルバーエンドに内装するかの二択なのですが、バーエンド内装型だとハンドルは対応品でなくてはいけません。

フレーム内装型だとそういった制約は特にないので、対応するラインナップを持たないブランドのハンドルバーでも装着が可能です。

ジャンクションに付いている変速モード切り替えスイッチを押しやすいのも利点ですね。

機械式コンポーネントと電動をフレームの両方に対応するピナレロ独自のTHINK2システムも合理的でスマートなので、ピナレロライダーの皆さんはぜひ電動化を検討してみて下さい。

 

IMG_6367(1)

コンポーネントはモデルチェンジしたばかりの新型105でまとめられています。

BB規格はピナレロが頑固に守り続けるねじ切り方式(イタリアン)。

圧入式BBにどうしても抵抗があるという方は、これだけでピナレロを選択する理由になるのではないでしょうか。

作業する側からしても非常にありがたいです。

 

IMG_6376(1)

カーボンレッドカラーの他、毎年人気のブラックオンブラックも入荷しています。

 

IMG_6382(1)

黒一色なのにこれだけ鮮やかな彩りを感じさせるフレームがかつてあったでしょうか!

ホイールに沿ってシェイプしたダウンチューブのラインも艶めかしい。

単なるデザインの為のデザインではなく、エアロ的な機能性を兼ね備えているというのポイントです。

ONDAフォークもそうでしたが、こういったところは本当にニクい!

ピナレロがイタリアンブランドであることを印象付けてくれます。

 

この他2017,2018年モデルのピナレロ店頭在庫を特価にてご提供中です。

湘南エリアでピナレロをご用命の際は是非GROVE鎌倉で!


もはやセカンドグレードの域にあらず。2019 VENGE PRO登場!

2018年8月7日 火曜日

先日のツールでステージ優勝を量産し、現在開催中のいくつかのレースでも勝利を重ねている新型VENGE。

一つの車種がここまでレースシーンを席巻するのは随分久々ではないでしょうか?

新型VENGEがエアロロードの中でも一頭地を抜く存在であることはもはや疑いようがありません。

 

そのセカンドグレードとなるVENGE PROが本日より情報解禁となります。

1

■2019 SPECIALIZED VENGE PRO ¥690,000 (税抜)

まず最初にお伝えしたいのは、VENGE PROのモジュールはS-WORKSグレードと全く同一の物ということです

フレーム、フォーク、ハンドル・ステム、シートポストに至るまで、全て。

ロゴこそ”S-WORKS”ではなく”SPECIALIZED”ですが、中身は何も変わりません。

 

S-WORKSの税抜定価120万円に対してこちらは69万円。

同じモジュールであるからにはパーツ類でコストダウンを図っているのですが、そのチョイスもまた見事としか言えません。

一つづつ見て行きましょう。

 

4

まずホイールはCLX64からCL50へと変更されています。

CLXではなくCLというところが肝です。

今ディープリムのカーボンクリンチャーを一つ買うならCL50を挙げる人も多いかもしれませんね。

64mmより50mmハイトの方が守備範囲が広く、新型VENGEのオールラウンド性能ともマッチすると思います。

 

5 6

コンポーネントはアルテグラ。

それも油圧ディスクのDi2です。

文句のつけようがないスペックと言えます。

カセットの丁数は11-30。

 

4

セカンドグレードらしい点と言えば、サドルがS-WORKS POWERではなく、EXPERTグレードとなっているくらいでしょうか。

 

POWER ARC EXPERTS-WRAP

このサドル、写真だとブラックにしか見えませんが、実はこんな感じのホログラフィックというカラーです。

光の当たり方で見え方が全然変わるのでカメラ泣かせですね。

バーテープも同じ色合いの物を使っています。

 

2

フレームロゴもホログラフィックとなっています。

 

97819-10_VENGE-PRO-DISC-UDI2-BLK-BLK_HERO

新型VENGEのモジュールセットは税抜50万円ですから、これだけのパーツを使って69万円はお買得としか言いようがありません。

ディスクロードへの移行を未だ逡巡している人にとって、このバイクの登場はいい切っ掛けとなるのでは。

何も迷うことはありません、VENGE PROでディスクロードデビューを飾りましょう!

今ならメーカー在庫全サイズご用意がありますよ。


キャノンデールの新製品発表会に行ってきました

2018年8月3日 金曜日

1(1)

先日の水曜日はキャノンデールの2019モデルを見に富士吉田まで行ってきました!

 

6(1)

シングルクラウンのレフティーといういかにもキャノンデールらしいぶっ飛んだ新製品や・・・

 

SYNAPSE CARBON DISC SE CAAD12 DISC 105CAAD12 105 SUPERSIX EVO 105

従来モデルの派生形や新カラーなど、興味深い自転車がずらりと並んでいます。

しかしながらやはり会場の視線はある一点に集まっていました。

 

7(1)

そう、キャノンデール史上初となる本格的なエアロロードのSYSTEM SIX Hi-Modです。

風洞実験とモックアップ作成を何度も繰り返したというカムテール全開のマッシブなフレーム形状。

それに統合的なパーツ設計によるものでしょうか、特別なバイクだけが持つスペシャルなオーラをこのバイクも放っていました。

こちらの黒いSYSTEM SIXはデュラエースDi2をアッセンブルしたもので、定価は1,050,000円(税抜)。

 

8(1)

こちらはアルテグラ di2を搭載したモデルで定価790,000円 (税抜)。

注目のKNOTシステムバーやHED社のパテントを使用したというホログラムKNOT64カーボンホイールはこちらのグレードでも装備しているのでお得感があります。

この他にもハイモッドフレームではなくスタンダードなカーボンを使用したグレードやフレーム単体での展開もあります。

 

IMG_2064(1)

各メディアで発表されている通り、6%までの登りまでならEVOよりも速いというSYSTEM SIX。

これには歴とした根拠があり、その計算式なども説明がありました。

それによるとnipAthlete=Pnet=PAero+PRR+PWB+PPE+PKEであるので、時速20㎞以上で走った時6%の勾配までならSYSTEMSIXに優位性があるのことです。

 

・・・文系の自分にはさっぱり理解できなかったのですが、要するに登りにおいてもエアロの恩恵はあるということですね。

パワーとエアロ、平坦と登り、グラフの線が交わるティッピングポイントが勾配6%であるというのがキャノンデールの主張です。

エアロロードとレーシングロード、コースによってのバイクの使い分け、その分岐点は論理的なロジックで割り出せるというのが今回のテーマ。

 

IMG_2105(1)

それを実際に味わうべく、いざ試乗!というタイミングで訪れる豪雨・・・

なんとか小降りになるまで待ち、バイクの争奪戦を潜り抜けて試乗開始です。

 

試乗コースは5、6%ほどの登りと下りしかない5キロほどのコース。

雨なのでエアロの恩恵を感じる速度域で走れたとは言えませんが、エアロロードとしては驚くほど普通に登れます。

ダンシングでは癖のないリズムで踏めるし、漕ぎだしもスムーズ。

下りは最高の一言。加速に要するパワーが明らかに少ない!そしていつまでも加速し続けていけるような感覚があります。

エアロロードでありがちなハンドリングの鈍さもなく、路面コンディションが良ければもっと攻めたかったですね。

平地も走ってみたかったですが、下りでこれほど伸びるのであれば平地の速さも容易に想像できます。

そして雨なので余計に感じ入りましたが、ディスクブレーキは偉大です!

 

9(1) 10(1)

試乗の後改めて見てみると整備性も悪くなさそうです。

ケーブル類は完全内装のようですが、必要な部分がカバーで覆われているのみ。

割りの入ったコラムスペーサーのおかげでケーブル・ホースを抜くことなくステムの高さを調整できます。

他社製のステム・ハンドルも普通に使用でき、非電動コンポーネントでも組めます。

 

IMG_2065(1)

Hi-ModグレードにはPower2maxのパワーメーターが標準で入っています。

・・・が、これが曲者でパワー測定機能はweb経由で5万円程のアップチャージを払わないとアンロックされません。

なんだそりゃ、と思いましたが車体金額にはパワーメーター代は一切上乗せされていないとのこと。

それならば5万円ほどでパワーメーターが手に入るというわけで、かなりお得な仕様と言えます。

ちなみに未課金でもケイデンス機能は有効です。

 

競合他社が続々と新型エアロロードを発表していますが、間違いなくSYSTEMSIXはそれらと対等以上に戦えるバイクです。

FASTER EVERYWHERE、どこでも早いというキャッチコピーは伊達ではありません。

店頭にはアルテグラDi2のモデルが入荷予定ですので、是非実物をご覧ください!


MGMグループ STAFF募集のお知らせ

2018年7月24日 火曜日

20170519-bandai-1-1

一緒にお店を盛り上げてくれる

スポーツバイクが好きな笑顔で接客が出来るスタッフを募集致します。

雇用形態  : 正社員、アルバイト

仕事内容  : 接客販売、自転車の組立、修理、メンテナンス、発注業務、SNS投稿、その他サポート業務

詳しくはこちらまで → スタッフ募集詳細


【サマーキャンペーン】2017&2018 CANNONDALE CAAD OPTIMOクリアランス!

2018年7月22日 日曜日

エントリーグレードのロードバイクに求められる性能とは何でしょうか。

手を出しやすい価格で、ロードバイクらしいキビキビ感を味わえて、ビギナーでも扱いやすいハンドリング性能で、色んな楽しみ方が出来る汎用性があって、おまけにルックスも良ければモアベター。

コスト的な制約をクリアしつつそれらを実現した自転車はとても少ないですが、皆無ではありません。

そんな数少ないロードバイクがCANNONDALEのCAAD OPTIMOです。

 

IMG_6224(1)

最高のアルミフレームの一つと言われるCAAD12のジオメトリやノウハウを継承して作られたのがCAAD OPTIMO。

重量こそCAAD12に見劣りしますが、エントリーグレードにありがちな乗り味の硬さやハンドリングの鈍さをまるで感じさせないのが素晴らしいところ。

ロードバイクの肝ともいえるジオメトリはCAAD12と同じレーシングジオメトリ。

脚力が向上しても物足りなさを感じづらく、長く付き合っていける自転車でしょう。

入門だけでなく、中上級者のサブバイクとしても使えるほど。

 

色の展開は2色。

どちらも高級感ある塗りで満足度高し。

IMG_6228(1) IMG_6230(1)

IMG_6231(1)

■2017 CAAD OPTIMO TIAGRA 

¥130,000 (税抜) → SPECIAL CLEARANCE PRICE!!+更にポイント還元!

鮮やかな黄緑の下にアルミの質感が透けて見えるアシッドグリーンカラー。

2017年モデルにつき、通常のクリアランス価格よりも更に特価でのご提供です!

48サイズ一台限りとなります。

 

IMG_6234(1) IMG_6236(1) IMG_6239(1)

■2018 CAAD OPTIMO TIAGRA

¥125,000 (税抜) → CLEARANCE PRICE!!+更にポイント還元!

ブラック&グリーン、キャノンデールと言えばこのカラー!

黒の部分はラメが入っており、近くで見ると非常に美しいです。

51サイズ一台限りのご提供となります。

 

1

■2017 SUPERSIX EVO TIAGRA 52サイズ

¥199,000 (税抜) → SPECIAL CLEARANCE PRICE!!+更にポイント還元!

 

OPTIMO以外にもこちらのEVO TIAGRAや2018年モデルの各種キャノンデールバイクがクリアランス価格となっております。

適応サイズや在庫状況など、お気軽にお問い合わせ下さい。

キャノンデールバイクをご用命の際は是非GROVE鎌倉にお越しください!

 

7月31日までサマーキャンペーン開催中

車体やパーツ、用品類がお得にご購入頂けます。

是非この機会をご活用下さい!


ROVAL CL50再入荷しました

2018年7月20日 金曜日

長らく店頭在庫を切らしておりましたが、ROVALのCL50が久々に入荷して参りました。

 

IMG_6196(1)

■ROVAL CL50 クリンチャー ¥190,000 (税抜)

プロチーム使用モデルのCLX50と同一のリムを使用しつつ、スポーク・ハブベアリングなどの変更でコストパフォーマンスを向上させたモデルです。

基となったCLX50が傑出した性能を持つカーボンクリンチャーであり、そこからさほど性能を落とさずに10万円以上のコストダウンを果たしたとあっては人気が出ないはずがありません。

入荷→即完売を繰り返しているので、気になっていたけど実物を見る機会が無かったなんて方もいらっしゃるのではないでしょうか。

 

IMG_6209(1)

CLX50と共通の50mmハイトリム。

エアロを追求した結果、外幅は29.4mmというインパクト抜群のリム幅です。

自己主張控えめのグラフィックながらも、インストールすればバイクのルックスが大きく変わります。

 

IMG_6203(1)

カーボンボディではないものの、ハブの形状もCLX50を踏襲しています。

ベアリングはセラミックからスチールに。

スポークはエアロスポークではなくスタンダードな丸スポークとなっています。

 

IMG_6201(1)

ハブの中身はDTの350相当なので、フリーの中にはスターラチェットが。

部品点数の少なさ、構造の単純さから信頼性とメンテナンス性は最高です。

この状態までばらすのに工具すら必要としません。

既存のラチェットに比べて接触面積が多く、耐久性や掛かりの良さに優れるのも特徴です。

 

サマーキャンペーン開催中

7月31日までにご購入頂くと最大15%分のポイントを還元致します!

是非この機会をご利用下さい。


サマーキャンペーンのご案内

2018年7月18日 水曜日

18_S.C._960テ・70

日頃のご愛顧への感謝を込めて、GROVE鎌倉では7月14日(土)よりサマーキャンペーンを開催します。

車体やパーツ、各種グッズ類をお買得価格・特別ポイントにてお買い求め頂けるほか、2019モデルのフレーム組特典や無金利ローンキャンペーンなどお得なキャンペーンが目白押し!

どうぞこの機会をお見逃しなく!

 

完成車フレームクリアランス

■完成車、フレーム クリアランスキャンペーン

18年モデル完成車、フレーム店内在庫が最大20%OFF+更にポイント還元!!

17年モデル完成車、フレーム店内在庫が最終価格!最大30%OFF+更に5%分のポイント還元!

 

フレーム購入キャンペーン

■フレーム購入キャンペーン

当店にて2019モデルのフレームをご予約、ご購入の方には組み立て、載せ替え時、

シマノコンポーネントお買い上げ金額の15%分のポイント還元!

 

店内商品ポイント還元

■店内商品ポイント還元キャンペーン

プレミアムメンバーの方

店内商品お買い上げ時に販売価格(税抜)の15%分のポイント還元!

スタンダードメンバーの方

店内商品お買い上げ時に販売価格(税抜)の10%分のポイント還元!

ゲスト(新規登録)の方

店内商品を総額1万円以上ご購入でスタンダードメンバー登録の上10%分のポイント還元!

 

※セール品、車体、フレーム、工賃は除きます。

※お会計時にメンバーズカードのご提示をお願いします。

※一部の商品は対象外となります。

 

ショッピングローン無金利

■ショッピングローン無金利キャンペーン

キャンペーン中にお買い物をされる際に無金利でショッピングローンをご利用いただけます。

10万円以上25万円未満の場合 お支払い回数 12回以内

25万円以上の場合 お支払い回数 24回以内

※他のキャンペーンとの併用はできません。

 

■キャンペーンに伴うご注意事項

※お支払い方法は現金またはショッピングローンとさせて頂きます

※カードでのお支払いをご希望の場合、割引率及びポイント還元率が異なります

※一部商品はキャンペーン対象外となります

※お取り付けには別途取り付け工賃がかかります

 

皆様のご来店、お待ちしております!


【サマーキャンペーン】PINARELLO GAN105 クリアランス!

2018年7月17日 火曜日

2017年モデルのピナレロ GAN105がお買得価格となっております。

IMG_6181(1)

■GAN 105 ホワイトカーボン 530サイズ

フラッグシップモデルのテクノロジーを惜しみなくつぎ込みながらも、お値打ちな価格でロングセラーとなっているGANシリーズ。

GAN 105はシリーズの中では最もベーシックなグレードですが、ピナレロの全ラインナップ中でも屈指の販売台数を誇るモデルであり、世界的な人気が伺えます。

エアロ性能とオールラウンド性能の両立という難題を高いレベルで実現したDOGMA F8のエッセンスをとりこみつつ、ホビーライダーにも乗りやすい味付けに仕上がっているのですからそれも納得。

DOGMAライクで高級感あるシルエットも所有欲を満たしてくれることでしょう。

 

IMG_6183(1)

店頭在庫はホワイトカラーの530サイズが一台限り。

定価より30%OFF¥208,600(税抜)でのご提供、更に¥10,430分のポイントを還元いたします。

2019年度も継続のモデルですので、非常にお値打ちなオファーではないでしょうか。

適正サイズかどうか知りたい、そんな時は店頭で身体測定をさせて頂きますのでお気軽にどうぞ。

 

この他2018年モデルの店頭在庫ピナレロもクリアランス特価となっております。

GAN S ULTEGRA GAN S ULTEGRA2

■2018 GAN S ULTEGRA RED CARBON 515サイズ

定価¥435,000(税抜) → ¥369,700 (税抜) + 更に¥18,485分のポイント還元!

 

GAN S 105 GAN S 105 (2)

■GAN S 105 BLACK ON BLACK 515サイズ

定価¥375,000(税抜) → ¥318,700 (税抜) + 更に¥15,935分のポイント還元!

 

GAN 105GAN105

■GAN 105 CARBON RED  515サイズ

定価¥310,000(税抜) → ¥263,500+ 更に¥13,175分のポイント還元!

 

7月31日までサマーキャンペーン開催中

車体やパーツ、用品類がお得にご購入頂けます。

是非この機会をご活用下さい!


2019 MAVIC COSMIC PRO CARBON UST ツールドフランスリミテッド

2018年7月15日 日曜日

乗り心地の良さ、転がりの軽さ、脱着のしやすさ。

皆様、もうMAVICのUSTチューブレスはお試しになりましたか?

まだの方はぜひ当店の試乗ホイールで味わってみて下さい。

もうクリンチャーには戻れない!となるかもしれませんよ。

 

そんなMAVICのUSTチューブレスホイールに、新たなモデルがラインナップされました。

IMG_6157(1)

MAVIC初のフルカーボンクリンチャーとして話題となったコスミックプロカーボンSL。

同期デビューのキシリウムプロカーボンSLと共に当初からその完成度の高さが評価されていましたが、翌年にはUST化という大革新を遂げました。

そして今回登場したのはその兄弟モデルとなるCOSMIC PRO CARBON UST・・・のツールドフランス限定バージョンとなります。

 

IMG_6153(1)

■MAVIC COSMIC PRO CARBON UST TDF Limited ¥260,000 (税抜)

7月31日までにご購入頂くと最大39,000円分のポイントを還元!

COSMIC PRO CARBON SL USTと同じリムを用いながらも大幅なプライスダウンを実現。

SLの方が税抜き32万円なのに対してこちらは26万円(ノーマルグラフィックは24万円)です。

リムはホイールの魂と言えるくらい重要な部位。

縦横の剛性、ブレーキ制動力などホイールの性能の多くはリムに依存しています。

 

IMG_6159(1)

SLとの違いはハブ。

SLでは高級モデルに多く使用されるインスタントドライブ360ハブなのに対し、こちらはスタンダードなFTS-Lハブ。

それに伴いスポークパターンがイソパルスではなく2クロスとなっています。

 

FTS-Lハブを採用することによりスポークがやや長くなり、乗り心地に優れたホイールに仕上がっています。

ロングライド派にはSLよりもこちらの方が良いとオフィシャルでもアナウンスしているようです。

反対にレーサー気質の方にはスターラチェットの掛かりの良さや反応の鋭さを期待できるSLの方がおススメです。

 

IMG_6156(1) IMG_6158(1)

ツールドフランスリミテッドの名の通り、ツールをモチーフとした賑やかなグラフィックが描かれています。

どんなバイクにも似合いそうですが、せっかくなので限定版のフレームと組み合わせたくなるのが人情というもの。

先日ご紹介したSAGAN COLLECTIONのALLEZ SPRINTなどはいかがでしょうか。

 

こちらのホイールは数量限定販売かつメーカー在庫は完売となっております。

国内在庫は中々に稀少の様なので、ピンときた方はお早めにどうぞ。

サマーキャンペーン開催中につき、7月31日までにご購入頂くと最大15%分のポイントを還元致します!

是非この機会をご利用下さい。

 


1 / 1712345...10...最後 »