【 新着入荷 】JOYSTICK BICYCLE COMPONENTS

2018年9月29日 土曜日

9月9日にスイス・レンツァーハイデにて行われたMTB世界選手権でSPECIALIZED GRAVTY TEAMに所属するフランス人ライダーLoic Bruni(24)が2連覇を果たしたのはまだ記憶に新しいです。

キャプチャ

世界一のライダーも愛用するのが当店一押しカナディアンブランドの『JOYSTICK』

brunibike (2)(1)

アルミの削り出しで作られたステムは見ているだけで惚れ惚れする仕上がり。

そのJOYSTICKからNEW GRAPHICのハンドルバーが入荷致しました。それに加えて長らく欠品しておりましたパーツも入荷しましたのでご紹介。

JOYSTICK (1)

ハンドルバー各種(上段から)

■8Bit Alloy Bar Φ31.8 20mmRise Black / Silver 9,722円(税抜)

■8Bit Alloy Bar Φ35.0 20mmRise Black / New Graphic Silver 9,722円(税抜)

■Binary Carbon Bar Φ35.0 20mmRise 20,138円(税抜)

新しいグラフィックはメーカーロゴのドクロマークが更に目立つ様になりました。正面から見た時のインパクトがあってGOOD!ちなみにBruniはダウンヒルバイクにAlloy Barを使用しております。軽さよりもアルミハンドルならではのソリッドなライドフィーリング重視と言ったところでしょうか。

JOYSTICK (2)

■Emulator Pedal 395g(ペア) 16,500円(税抜) 

広い踏み面と片面9本のピンでがっちりと靴裏に喰い付きます

■Binary Stem Φ31.8 /Φ35.0 35mm / 50mm 11,917円(税抜)

カーボンハンドルにも対応でき軽量で高剛性

 

ご自身の愛車もJOYSTICKでトータルコーディネートしてみてはいかがでしょうか。その他グリップやサドルも店頭展示中です。是非一度手に取ってご覧ください。

 

遠方でどうしてもお越しいただけない場合はBIKE ONLINEもご利用下さい。


OTIONレバーグリップ

2018年9月2日 日曜日

先日豪雨の中を走る機会があったのですが、改めて思ったのが「濡れてるブレーキレバーは指が滑るなあ」ということ。

皆様も雨や汗でレバー上から指が滑って怖い思いをしたことがありませんか?

そんなわけでこちらのアイテムを導入してみました。

 

IMG_6627(1)

■OTIONブレーキ&シフターレバーグリップ ¥1,900 (税抜)

SITレバーに貼るだけの簡単仕様ですが、これが効果抜群!

「ヤモリの皮膚の様な」マイクロ繊毛で吸いつくようなグリップ力が得られるとのことですが、レバーにしっかりと指がかかってくれるのでバッドコンディションでの操作性が格段に良くなります。

1年くらい前から発売されていますが、これはもっと普及してもいいアイテムではないでしょうか!

 

IMG_6629(1)

シマノSTI用ではメカニカル用、9100メカニカル用、Di2用の3種類が出ています。

Di2用をST-9150に貼り付けるとこんな感じ。

多少形が合わなくてもカットして使えばOKとのことです。

この他カンパ用やスラム用、MTB用やTTバイク用がラインナップされています。

 

IMG_6631(1)

何かと雨の多いこの季節、備えあれば憂いなし。

安全なライドに寄与してくれるだけでなく、もちもちしっとりした触感も魅力的です。

この手触り、クセになります・・・


ROTOR新型クランクセット”ALDHU 3D+”

2018年8月6日 月曜日

サードパーティで最も成功を収めているクランクメーカーといえば?

色々なブランドが挙がると思いますが、個人的にはスペインのROTORだと思っています。

武骨さと美しさが同居する数々のプロダクトはパーツ好きの心をくすぐってやみませんし、Q-RINGSがなければ楕円チェーンリングがここまで一般化する事はなかったでしょう。

 

そんなROTORの新たな看板商品が誕生しました。

IMG_6318(1)

■ALDHU 3D+ for ROAD SET MODEL ¥59,800 (税抜)

ALDHUの名はラルプデュエズ(L’Alpe-d’Huez)からとったもの。

2008年のツールにおいてカルロス・サストレはQ-RINGSを使用して総合優勝を果たしており、その過程でラルプデュエズをも制しています。

 

これまでの3Dクランクとは全く異質のルックスですが、素晴らしい洗練の度合いではないでしょうか。

何かのコンセプトモデルについていてもまるで違和感がなさそうな近未来感です。

 

IMG_6323(1)

構造的に大きな特徴は左右のクランクアームとシャフトが全て別体となったこと。

これまでの2ピース構造よりも左右の剛性バランスが均等になったとのことです。

破損の際に最低限のパーツ交換で済むのもうれしいところ。

 

IMG_6325(1)

チェーンリングはMTB界隈で近年トレンドとなっているダイレクトマウント方式で固定されます。

これにより、楕円の位相を従来よりも圧倒的に細かく調整する事が可能になったのは大きなトピックスです。

 

IMG_6332(1)

チェーンリングはなんとアウター・インナーが一体構造!

上述のダイレクトマウント方式と相まって、大幅な部品点数の削減を実現しました。

剛性アップによる変速性能の向上も見逃せません。

リングの裏側は手の込んだCNC切削がこれまた大量に施され、軽量化に貢献しています。

 

IMG_6333(1)

今回の入荷はクランク長170mm、52/36のQ-RINGSとのセットとなります。

100%アルミ製ながら他社のカーボンクランクと同等以上の軽さ、さすがは変態企業と名高いROTOR!

ちなみに50/34だと公称重量は599gとなるようです。

 

IMG_6335(1) IMG_6336(1)

人はなぜ楕円に惹かれるのか。

その答えはROTORを長年使用しているスタッフバイク達が知っています。

ちょっと踏んでみたい等のリクエストがあればいつでも出動できますので、お気軽にどうぞ。


ROVAL CL50再入荷しました

2018年7月20日 金曜日

長らく店頭在庫を切らしておりましたが、ROVALのCL50が久々に入荷して参りました。

 

IMG_6196(1)

■ROVAL CL50 クリンチャー ¥190,000 (税抜)

プロチーム使用モデルのCLX50と同一のリムを使用しつつ、スポーク・ハブベアリングなどの変更でコストパフォーマンスを向上させたモデルです。

基となったCLX50が傑出した性能を持つカーボンクリンチャーであり、そこからさほど性能を落とさずに10万円以上のコストダウンを果たしたとあっては人気が出ないはずがありません。

入荷→即完売を繰り返しているので、気になっていたけど実物を見る機会が無かったなんて方もいらっしゃるのではないでしょうか。

 

IMG_6209(1)

CLX50と共通の50mmハイトリム。

エアロを追求した結果、外幅は29.4mmというインパクト抜群のリム幅です。

自己主張控えめのグラフィックながらも、インストールすればバイクのルックスが大きく変わります。

 

IMG_6203(1)

カーボンボディではないものの、ハブの形状もCLX50を踏襲しています。

ベアリングはセラミックからスチールに。

スポークはエアロスポークではなくスタンダードな丸スポークとなっています。

 

IMG_6201(1)

ハブの中身はDTの350相当なので、フリーの中にはスターラチェットが。

部品点数の少なさ、構造の単純さから信頼性とメンテナンス性は最高です。

この状態までばらすのに工具すら必要としません。

既存のラチェットに比べて接触面積が多く、耐久性や掛かりの良さに優れるのも特徴です。

 

サマーキャンペーン開催中

7月31日までにご購入頂くと最大15%分のポイントを還元致します!

是非この機会をご利用下さい。


サマーキャンペーンのご案内

2018年7月18日 水曜日

18_S.C._960テ・70

日頃のご愛顧への感謝を込めて、GROVE鎌倉では7月14日(土)よりサマーキャンペーンを開催します。

車体やパーツ、各種グッズ類をお買得価格・特別ポイントにてお買い求め頂けるほか、2019モデルのフレーム組特典や無金利ローンキャンペーンなどお得なキャンペーンが目白押し!

どうぞこの機会をお見逃しなく!

 

完成車フレームクリアランス

■完成車、フレーム クリアランスキャンペーン

18年モデル完成車、フレーム店内在庫が最大20%OFF+更にポイント還元!!

17年モデル完成車、フレーム店内在庫が最終価格!最大30%OFF+更に5%分のポイント還元!

 

フレーム購入キャンペーン

■フレーム購入キャンペーン

当店にて2019モデルのフレームをご予約、ご購入の方には組み立て、載せ替え時、

シマノコンポーネントお買い上げ金額の15%分のポイント還元!

 

店内商品ポイント還元

■店内商品ポイント還元キャンペーン

プレミアムメンバーの方

店内商品お買い上げ時に販売価格(税抜)の15%分のポイント還元!

スタンダードメンバーの方

店内商品お買い上げ時に販売価格(税抜)の10%分のポイント還元!

ゲスト(新規登録)の方

店内商品を総額1万円以上ご購入でスタンダードメンバー登録の上10%分のポイント還元!

 

※セール品、車体、フレーム、工賃は除きます。

※お会計時にメンバーズカードのご提示をお願いします。

※一部の商品は対象外となります。

 

ショッピングローン無金利

■ショッピングローン無金利キャンペーン

キャンペーン中にお買い物をされる際に無金利でショッピングローンをご利用いただけます。

10万円以上25万円未満の場合 お支払い回数 12回以内

25万円以上の場合 お支払い回数 24回以内

※他のキャンペーンとの併用はできません。

 

■キャンペーンに伴うご注意事項

※お支払い方法は現金またはショッピングローンとさせて頂きます

※カードでのお支払いをご希望の場合、割引率及びポイント還元率が異なります

※一部商品はキャンペーン対象外となります

※お取り付けには別途取り付け工賃がかかります

 

皆様のご来店、お待ちしております!


2019 MAVIC COSMIC PRO CARBON UST ツールドフランスリミテッド

2018年7月15日 日曜日

乗り心地の良さ、転がりの軽さ、脱着のしやすさ。

皆様、もうMAVICのUSTチューブレスはお試しになりましたか?

まだの方はぜひ当店の試乗ホイールで味わってみて下さい。

もうクリンチャーには戻れない!となるかもしれませんよ。

 

そんなMAVICのUSTチューブレスホイールに、新たなモデルがラインナップされました。

IMG_6157(1)

MAVIC初のフルカーボンクリンチャーとして話題となったコスミックプロカーボンSL。

同期デビューのキシリウムプロカーボンSLと共に当初からその完成度の高さが評価されていましたが、翌年にはUST化という大革新を遂げました。

そして今回登場したのはその兄弟モデルとなるCOSMIC PRO CARBON UST・・・のツールドフランス限定バージョンとなります。

 

IMG_6153(1)

■MAVIC COSMIC PRO CARBON UST TDF Limited ¥260,000 (税抜)

7月31日までにご購入頂くと最大39,000円分のポイントを還元!

COSMIC PRO CARBON SL USTと同じリムを用いながらも大幅なプライスダウンを実現。

SLの方が税抜き32万円なのに対してこちらは26万円(ノーマルグラフィックは24万円)です。

リムはホイールの魂と言えるくらい重要な部位。

縦横の剛性、ブレーキ制動力などホイールの性能の多くはリムに依存しています。

 

IMG_6159(1)

SLとの違いはハブ。

SLでは高級モデルに多く使用されるインスタントドライブ360ハブなのに対し、こちらはスタンダードなFTS-Lハブ。

それに伴いスポークパターンがイソパルスではなく2クロスとなっています。

 

FTS-Lハブを採用することによりスポークがやや長くなり、乗り心地に優れたホイールに仕上がっています。

ロングライド派にはSLよりもこちらの方が良いとオフィシャルでもアナウンスしているようです。

反対にレーサー気質の方にはスターラチェットの掛かりの良さや反応の鋭さを期待できるSLの方がおススメです。

 

IMG_6156(1) IMG_6158(1)

ツールドフランスリミテッドの名の通り、ツールをモチーフとした賑やかなグラフィックが描かれています。

どんなバイクにも似合いそうですが、せっかくなので限定版のフレームと組み合わせたくなるのが人情というもの。

先日ご紹介したSAGAN COLLECTIONのALLEZ SPRINTなどはいかがでしょうか。

 

こちらのホイールは数量限定販売かつメーカー在庫は完売となっております。

国内在庫は中々に稀少の様なので、ピンときた方はお早めにどうぞ。

サマーキャンペーン開催中につき、7月31日までにご購入頂くと最大15%分のポイントを還元致します!

是非この機会をご利用下さい。

 


S-WORKS AEROFLYⅡ

2018年7月13日 金曜日

1

先日発表された新型VENGEに純正採用されていたエアロハンドルはかねがね噂されていたS-WORKS AERO FLYのニューモデルでした。

単品販売のお問い合わせを多数頂いておりましたが、この度遂に店頭に入荷して参りました。

先代のAERO FLYがそうだったように、ブランドの垣根を超えた人気商品になりそうです。

 

IMG_6168(1)2

形から見て行きましょう。

フラット部は前方から見るとやや上に向かって、真上から見ると前方に向かってオフセットしています。

オフセット形状を取ると剛性が落ちやすいのですが、技術革新によりスプリンターでも満足できる程剛性アップしたとのこと。

またこの形状によって腕と膝のクリアランスが確保されたため、下ハンはいわゆるハの字形にはなっていません。

 

IMG_6163(1)

フラット部上面にはディンプルの様な加工があります。

これもエアロの一環かと思いきや、単なる滑り止めとのこと。

手触りが気持ちいいです。

 

IMG_6164(1)

バーテープの巻き終わりを明確にするため段差が設けられています。

先代ではどこまで巻くかはメカニックのセンスに委ねられていたので、これは嬉しい配慮ですね。

バーテープとハンドルとの段差が減るので、見た目もすっきりします。

 

IMG_6166(1)

バーエンドにDi2ジャンクションを収納可能です。

新型VENGEはDi2のジャンクションAがシートポスト内に収まるので本来ならばこの穴は不要なのですが、VENGE以外のバイクにインストールする際に活用できます。

 

IMG_6169(1)

IMG_6170(1)

42サイズで公証235g、40サイズの実測がこれなので信頼度は高そうです。

先代よりも軽量になっています。

リーチ、ドロップなどはいずれも芯-芯の表記です。

 

トレンドを盛り込んだエアロハンドルとして正当な進化を遂げてきたAERO FLY。

スペシャライズドユーザーはもちろんですが、それ以外のバイクをお乗りの方にもおすすめのハンドルです。

性能はもちろんですが、バイクのルックスがグッと戦闘的になりますよ。

 

■S-WORKS AERO FLY Ⅱ ¥32,000 (税抜)

サマーキャンペーン開催中

7月31日までにご購入頂くと最大15%分のポイントを還元致します!

是非この機会をご利用下さい。


New GARMIN has come!GARMIN EDGE 130

2018年6月15日 金曜日

「嫉妬するか、所有するか」というキャッチコピーが昔ありましたね。

ガーミンのEDGEシリーズはまさにそんな存在で、多くのサイクリスト憧れの高級デバイスであると同時に

その高価さから多くのライダーが涙を呑んで見送ってきたアイテムでもあります。

そんな風潮を打ち破ってくれそうな新しいEDGEが登場しました。

 

1

■GARMIN EDGE130

本体のみ・・・¥23,800(税抜)

スピード・ケイデンスセンサーセット・・・¥29,800(税抜)

 

EDGEシリーズで特に人気が高い520の廉価版の様な位置づけの130。

25だとちょっと小さいけど、520以上だと高すぎる・・・そんな声に応えたようなモデルです。

 

画面がカラーではなくモノクロであることやパワーメーター関連のいくつかの表示項目・・・

それ以外は520のスペックを大体踏襲しています。

GPSはみちびきを含む複数の衛星に対応していますし、ブルートゥース・ANT+機器との通信も可能。

GARMINだけあって液晶の見やすさは特筆もの。

おまけにバッテリーは公称13時間も持ちます。

 

2

各種GARMIN(のモック)と大きさを比較してみました。

左から1030、820、130、25jです。

 

3

自転車に取り付けてみるとこんな感じ。(REC MOUNTのマウントを使用しています)

小さくて違和感があるかなと思っていたんですが、意外とそんなことはなさそうです。

人によってはちょうどいいサイズ感かもしれません。

 

上位譲りモデルの充実した機能を備えたEDGE130。

GARMINを検討していてタッチパネルやナビは必要ないと考えている方にはまさに直撃ではないでしょうか。

入荷して早々大人気です。


MAVIC USTチューブレスホイール試乗会レポート

2018年5月15日 火曜日

20180515 mavic(1)

ゴールデンウィーク後半に開催させて頂いたMAVICホイール試乗会、お陰様で盛況でした!

ご試乗頂いたお客様の第一声の多くが「乗り心地が良いのに良く進む!」だったのが印象的でしたね。

同じキシリウムでも、プロとエリートで全く乗り味が違うというのも感じて頂けたかと思います。

6日の日曜日にはテクニカルセミナーも併催致しました。

 

USTチューブレスと既存のチューブレスとの違い、寸法的な特徴、走りに寄与するメリットなどなど。

単なるチューブレス対応というだけでなく、MAVICならではのテクノロジーがみっちり詰まったホイール。

それがUSTチューブレスです。

IMG_5730(1)

座学の後は実技体験会。

「外しにくく、装着も大変」というこれまでのチューブレスの印象を覆す作業のやりやすさを体感して頂きました。

工具なしで余裕の脱着。

そんじょそこらのクリンチャーより脱着は簡単です。

お客様もこれにはニッコリ。

MAVIC試乗

プロとエリートの乗り比べ試乗会は終了しましたが、

大好評につきキシリウムプロUSTのみ試乗ホイールを引き続きご用意致しました!!

最大一週間のレンタルも可能となっておりますので、ぜひUSTチューブレスの乗り味をご体験ください。

 


【春のサイクルライフ応援キャンペーン】ホイールグレードアップキャンペーン!

2018年4月20日 金曜日

今月末まで開催中の「春のサイクルライフ応援キャンペーン」

期間中は店頭在庫ホイールが通常よりもポイントアップ!最大15%分のポイントを還元いたします。

この機会にホイールのアップグレードはいかがでしょうか!

本日はキャンペーン対象の店頭在庫ホイールをご紹介いたします。

KSYRIUM PRO UST

■MAVIC KSYRIUM PRO UST ¥130,000 (税抜)

キシリウムファミリーの中で一番人気のPRO。

MAVICの伝統芸である切削加工を施した軽量リムに、反応性抜群のアルミスポークを組み合わせたモデルです。

余分な部分をそぎ落としたリムは、あたかも精米歩合の高い日本酒の様にキレがあって軽やか。

今年度からのUSTチューブレス化という大革命もあり、注目度も抜群です。

こちらのホイールは店頭に試乗ホイールをご用意させて頂いております!

最大一週間のレンタルが可能、詳しくはスタッフまで。

KSYRIUM ELITE UST

■MAVIC KSYRIUM ELITE UST ¥85,000 (税抜)

定番中の定番、キシリウムエリート。

KSYRIUM PROと同じリムをスチールスポークでアッセンブルしたモデルです。

PRO以上のモデルに比べてかかりの良さや瞬発力で見劣りしますが、金額を考えると十分なパフォーマンス。

こちらもUSTチューブレス対応となっております。

KSYRIUM ELITE UST DISC

■KSYRIUM ELITE UST DISC ¥90,000 (税抜)

キシリウムエリートのディスクブレーキ版。

ディスク化に合わせてスポーク数の増加やスポークパターンの最適化がなされています。

フロントハブは12mm、15mm、QRとほぼ全ての規格に対応。

リアハブは現在ディスクロードで主流となっている12×142mmの他、QRにも対応しています。

CL50

■ROVAL CL50 CLINCHER ¥185,000 (税抜)

カーボンクリンチャーとしては最高の評価を受けているCLX50の弟分。

CLX50と同じリムを使用し、ハブの素材とスポークのグレードでコストをダウンしたモデルです。

CLX50の最大の売りであるスーパーワイドリムのエアロ性能がこの価格で手に入るのは反則もの。

控えめなルックスでどんなバイクにも似合うのも嬉しいポイントです。

この他2017年モデルの店頭在庫品もクリアランス価格となっております!

BORA ONE 35

■CAMPAGNOLO BORA ONE 35 CLINCHER

¥262,000 → SPECIAL PRICE!!

KSYRIUM PRO CARBON

■MAVIC KSYRIUM PRO CARBON SL CLINCHER

¥280,000 → SPECIAL PRICE!!