SAGAN COLLECTION DROP2

2018年7月7日 土曜日

自転車界きっての大スター、PETER SAGANが監修するスペシャライズドプレミアムリテーラー限定のコレクションが入荷しました。

IMG_6107(1)

『フランス・リビエラ地方(仏名:コートダジュール)―白い砂浜がつづき、息を飲むような美しい風景と爽やかな青緑色の海が広がるこの地に、ペテル・サガンは住んでいます。彼はレースに出ていない時、ここモナコの美しい街で、家族水入らずの時間を過ごすのです。サイクリング界きってのスターは大忙し。そこでスペシャライズドは、見ただけでコートダジュールのうららかな海を思い起こせるようにと願いを込め、このティールカラーのコレクションを作りました。』

 

IMG_6104(1)

■ALLEZ SPRINT FRAME SET SAGAN COLLECTION ¥159,000 (税抜)

ALLEZ SPRINTの限定カラーにハズレなし!

そう断言しても過言ではない程毎回大人気(そして即完売)のALLEZ SPRINTフレームセット。

今回も期待を裏切らない美しいカラーリングです。

 

IMG_6108(1)

ベースとなっているALLEZ SPRINTは高い技術力とコストを要する特殊工法で溶接された高性能アルミフレーム。

アルミ=エントリーグレードという固定観念を吹き飛ばすパフォーマンスを持ち、ハイエンドパーツで組み上げる価値のあるフレームです。

アルミで良く走るフレームを、と言われればまずはこのフレームが選択肢に上がるでしょう。

 

IMG_6109(1)

店頭の在庫は52サイズ。

メーカー在庫は既に完売となっております。

非常に稀少な商品となりますので、ご検討の方はお早めに。

 

IMG_6110(1) IMG_6111(1)

今回のコレクションではエキップの展開も。

モデルチェンジ直後から非常に評価の高いS-WORKS ROAD 7や・・・

 

IMG_6112(1) IMG_6115(1)

夏場は最高の相棒となるS-WORKS PREVAIL2も同時に入荷しております。

サイズ違いのお取り寄せも可能ですが、既にメーカー完売となっているサイズもございますのでご注意下さい。

 

上記以外にも多彩なラインナップがございます。

新型VENGEの限定カラーは残念ながら既に完売ですが、今現在ご用意できる商品をご紹介します。

SW TARMAC SAGAN

■S-WORKS TARMAC DISC SAGAN COLLECTION ¥1,150,000 (税抜)

現代ロードシーンで最高のオールラウンド性能を持つバイクの一台、S-WORKS TARMAC。

その完成車のディスクブレーキバージョンです。

ハイエンドモデルらしい価格設定ですが、di2、CLX50ホイールセット、パワーメーターなど至れり尽くせりの装備を考えると間違いなくお買得。

 

TARMAC COMP SAGAN

■TARMAC DISC COMP SAGAN COLLECTION ¥380,000 (税抜)

上述のS-WORKSと同様のSL6ジオメトリになったCOMPグレードのTARMAC。

ワイヤールーティンに左右されない引きの軽さや路面コンディションを問わない絶対的な制動力など、一般サイクリストにとってもディスクブレーキの恩恵は絶大です。

 

RIPROCK SAGAN

■RIPROCK 24 SAGAN COLLECTION ¥58,000 (税抜)

キッズバイクのRIPROCK24にまさかのサガンリミテッド!

サガンに憧れるキッズのためにとはスペシャライズドの言ですが、このカッコよさにはお父さん方もノックアウト必至。

こちらのバイクは近日店頭に入荷予定となっております。

 

いずれの商品も国内入荷量は多くありません。

重ね重ねになりますが、ご検討の方はお早めにどうぞ。

今回のコレクションはスペシャライズドプレミアムリテーラーのみの販売となります。

ご用命の際は是非GROVE鎌倉までお越しください。

 


【2018 ツール・ド・フランスにてデビュー!!】GIRO新型ヘルメット現る

2018年7月6日 金曜日

20180706giro aether (1)

ついに明日からスタートするツール・ド・フランス。

パリ~ルーベで使用される本格的なパヴェ(石畳)ステージや数々の名勝負を生んだラルプ=デュエズの復活、前代未聞の65km山岳ステージ等など始まる前から多くの話題とワクワク感で持ち切りのツール・ド・フランス。

そしてもう一つ注目しているのが、ツールでBMCレーシングが実践投入すると噂の新型ヘルメット『AETHER MIPS』(イーサーミップス)です。

20180706giro aether (5)

近年平均スピードが上がっていると言われるレースに向けGIROが新たに開発したヘルメットは第一に”安全であること”。

もちろん勝利のためにエアロダイナミクスに優れ、軽量で快適性も犠牲にせず・・・という妥協なきコンセプト。

20180706giro aether (6)

全く新しくデザインされた『AETHER MIPS』には2分割された球状のMIPSが採用されています。

20180706giro aether (7)

落車時の斜め方向からの頭部へかかるインパクトをヘルメットのアウターシェルとインナーシェルが滑り込む事でダメージを飛躍的に低減させる構造のMIPSテクノロジー。

しかし多くの安全性を求めたヘルメットは通気性や重量で課題を抱えていました。

20180706giro aether (2)

『MIPS SPHERICAL』(ミップス スフェリカル)という新型MIPSは快適性を損ねることなく安全性を確保。

新型MIPSを搭載したAETHER MIPSには「MIPS SP」のデカールが貼られています。

重量はノンMIPSのSYNTHEに迫る軽量な254g(Mサイズ)!

20180706giro aether (8)

さらに見るからに涼しそうなインナーシェルの構造。

熱が溜まりにくいように横方向に溝が切られたインナーシェルにより優れたクーリング性能を更に高めています。

夏場のライドではクーリング性能が本当に大切ですよね。

また後頭部のフィッティングをアジャストする新型「LOC ROC5+」によりフィット感も抜群◎

20180706giro aether (3)

20180706giro aether (4)

先行入荷はレッド・ホワイト・ブラックの3カラーを予定しています。

3DロゴのGIRO、カラーリングとスタイリング。どこを切り取ってもとにかくカッコ良いヘルメット。

入荷が今から待ち遠しい!!

■GIRO AETHER MIPS ¥37,000-(税抜)

 


【NEW MODEL】「SYSTEMSIX」デビュー

2018年7月4日 水曜日

20180703systemsix (1)

ついにキャノンデール史上初のエアロロードバイク

「SYSTEMSIX」がデビュー。

20180703systemsix (9)

「SYSTEMSIX」と聞くと過去に存在したカーボン×アルミリアバックという特徴を持つレーシングバイクが頭に浮かぶ方も多いハズ。

カーボンバックフレームが主流の当時としてはリアバックにアルミ合金を使用する「SYSTEMSIX」の特徴的な設計は非常に大きなインパクトを与え、同時に多くの勝利をもたらした名車です。

 そんな名車「SYSTEMSIX」がこの度フルカーボンに姿を変え新たにデビュー。

先代の名に恥じぬ、キャノンデールが持つテクノロジーを随所に搭載したバイクに仕上がっています。

20180703systemsix (2)

特徴的なコックピット周り。

軽量化・快適性の向上のためコンポーネントまでもトータルで設計するという”システムインテグレーション”という思想とノウハウをさらに発展させ、このモデルの為に専用設計されています。

最大限エアロバイクとしての性能を発揮しつつ整備性と調整幅にも優れているのもユーザーフレンドリーなバイク作りをするキャノンデールらしいバイク作りの特徴。

20180703systemsix (3)

“空力”や”エアロバイク”と聞くとどうしてもレーシーなイメージを持ってしまいがちですが

バイクで走る以上、切っては切り離せない空気抵抗。

それは高速で駆け抜けるレースシーンではもちろんのことタイムを競わないツーリングなどのライドでも同じ事です。

「SYSTEMSIX」は一握りのレーサーのためではなく、”どんなライダーにもメリットをもたらすエアロロードを”というコンセプトのもと開発されました。

平坦を楽に巡航できれば、その分登りの為に足を残しておけますね!

SystemSixHM,Road,BBQ,700 M SystemSix HM D/A Di2,

■SystemSix Hi-MOD Dura-Ace Di2 ¥1,050,000-(税抜)

SystemSixHM,Road,SGG,700 M SystemSix HM Ult Di2,

■SystemSix Hi-MOD Ultegra Di2 ¥790,000-(税抜)

SystemSixCrb,Road,VLT,700 M SystemSix Crb D/A,

■SystemSix Carbon Dura-Ace ¥640,000-(税抜)

SystemSixCrb,Road,VUG,700 M SystemSix Crb Ult,

SystemSixCrb,Road,ARD,700 M SystemSix Crb Ult,

■SystemSix Carbon Ultegra ¥420,000-(税抜)

試乗インプレッションや詳細は続編にご期待下さい!!

 


NEW S-WORKS VENGE

2018年7月3日 火曜日

#AEROISEVERYTHING

IMG_5950(1)

エアロロードの代名詞的な存在であるスペシャライズドのVENGEがフルモデルチェンジしました。

エアロ黎明期、空力に特化するあまり歪な性能のバイクが跋扈する中優れた剛性バランスや軽量さを持ち合わせ、エアロロードのベンチマーク的モデルとなった初代VENGE。

史上最速のロードを作るというテーマを掲げ、史上最も多くの勝利を挙げたエアロロードとなったVENGE ViAS。

そして今回のモデルチェンジでVENGEは三世代目となります。

新しいVENGEは3つの目標のもと生み出されました。

・エアロダイナミクスの向上

・重量の削減

・サイズごとのハンドリング特性のバラつきの削減

 

エアロダイナミクス

aerodynamics

新型VENGEは真正面からの風を受けた状態で40km走った時、ViASよりも8秒速くなっています。

正面だけでなく、横風にも強いチューブ形状を追求しました。

これらはおなじみの風洞実験施設WIN-TUNNELで得られたものですが、風洞実験にかける前に数百万通りのチューブ形状をシミュレートし、膨大な数のサンプルを作成しています。

 

重量

weight

新しいVENGEはVENGE ViAS DISCよりもモジュール全体で460g軽くなっています。

上の写真はプレゼン会場に展示してあったVENGE ViASです。

トップチューブ、リア三角、フォークブレードの片側、ハンドルが切り落とされていますが、これはカットサンプルではなく、新しいVENGEの重量はこれと同等というアピールでした。

新型VENGEのフレーム単体重量は56サイズで960g。

これはTARMAC SL5 DISC(1020g)よりも軽量です。

 

ハンドリング・コクピット

各サイズごとに専用設計を起こし、サイズの違いによる性能差をなくすRider-First-Engineered設計を採用。

スペシャライズドが提供するフィッティングサービスにより得られたデータによって練り込まれたジオメトリと合わさり、ライダーへ完璧なハンドリング性能をもたらします。

 

IMG_1962(1)

IMG_1954(1)

新型のS-WORKS AERO FLYハンドルバーとステムが付いてきますが、これについては後日詳細を。

一つ言えるのは、作業性・メンテナンス性は圧倒的な改善が図られています。

他社製のハンドル、ステムに交換することも可能。

 

DSC_2358(1)

我々はこの素晴らしい新型VENGEをお客様に先駆けて試乗する機会に恵まれました。

次回はそのインプレッションをお届けしたいと思います。

 

■S-WORKS VENGE DISC Di2完成車 ¥1,200,000 (税抜)

■S-WORKS VENGEフレームセット ¥500,000 (税抜)


【イベントレポート】STEP UPスクールライド

2018年7月1日 日曜日

20180701STEPUP (1)

本日から7月スタート!!

平年よりも20日以上も早い梅雨明け。

すでに夏 真っ盛りな気温が続いてますが今週も元気に乗ってきました☆

20180701STEPUP (3)

スタート時には鎌倉では珍しく濃霧の中の出発。

いつもの海岸線沿いの雰囲気がまるで違った雰囲気。

20180701STEPUP (5)

前回よりも距離を伸ばし三崎口の手前まで行ってまいりました。

というのも目的はコチラ。

人気のベーカリー「充麦」さんへ♡

20180701STEPUP (2)

わたくしはクロワッサンとあんぱんを頂きました。

モッチモチで美味しかった~!!

6時半~営業しているそうなので朝から活動するサイクリストにとって相性良いですね。

20180701STEPUP (4)

帰路はちょっとマニアックなルートにて。

暑~いライドはありましたが思いっきり汗かいて気分爽快のライドでしたね!

7月のイベントは

7月8日(日) GROVEおはようライド

7月16日(月・祝) STEP UPツーリング

7月22日(日) GROVEおはようライド

7月29日(日) STEP UPスクールライド

・・・以上を予定しております。

参加ご希望の方はスタッフまでお問い合わせ下さいませ。

※当店で自転車をご購入頂いた方を優先とさせて頂いております。

 予めご了承下さいませ。


MGMグループ STAFF募集のお知らせ

2018年7月1日 日曜日

recrut_main2

一緒にお店を盛り上げてくれる

スポーツバイクが好きな笑顔で接客が出来るスタッフを募集致します。

雇用形態  : 正社員、アルバイト

仕事内容  : 接客販売、自転車の組立、修理、メンテナンス、発注業務、SNS投稿、その他サポート業務

応募条件  : 未経験者歓迎、経験者優遇、スポーツバイクが好きな方であれば経験は問いません。

好きな自転車を「乗る」、「話す」、「触る」を仕事にしたい方歓迎です。

給与    : 正社員  未経験者 初任給 230,000円~

経験者  初任給 250,000円~ ※当社規定による(前職給与、経験を考慮します)

: アルバイト 時給1,000円~ (能力、経験により優遇致します)

昇給    : 年1回

賞与    : 年2回

休日    : 定休日 毎週水木(祝日は営業となります)、年末年始休暇、ライフスタイル休暇

その他待遇 : 社会保険、交通費全額支給、退職金制度、スタッフ割引制度、正社員登用制度、長期休暇制度、各種保険加入

試用期間  : 3ヶ月

勤務地   : MGMグループ系列各店舗

応募方法  : 自己紹介、ご連絡先と簡単なアピールを書添えて頂き、

下記の各店舗のメールアドレスにお送り下さいます様お願い致します。追って担当者より御連絡させて頂きます。

 

グローブ

鎌倉店       (担当 小南舘)    アドレス    info@grovekamakura.com

港北店       (担当 遠藤)   アドレス  info@grovekouhoku.com

宮前平店      (担当 清)    アドレス  info@grove-miyamaedaira.com

青葉台店      (担当 池田)     アドレス  info@groveaobadai.com

風魔

横浜店       (担当 高木)  アドレス  fuma-y@kf6.so-net.ne.jp

 


2019 PINARELLO PRINCE FX ULTEGRA

2018年6月30日 土曜日

2

先日お伝えしたピナレロのニューモデル、新型PRINCE。

そのハイエンドモデルであるPRINCE FXのアルテグラ完成車が早くも入荷しました。

まだ6月なのに2019年モデルが入荷する・・・

ピナレロのみならず、当店取扱いブランドの中でも最も早い2019年モデルとなります。

先日早くも梅雨が明けたように、今年の夏はやや駆け足なのでしょう。

 

6 9

さて、新型PRINCEはDOGMA F10から多くのフィードバックを受けています。

代表的なF10のテクノロジーであるフロントフォーク先端の整流効果を促すフォークラップ。

ボトルケージを装着した状態で最大のエアロ効果を得られるというコンケーブ形状のダウンチューブ。

シマノDi2のジャンクションAをダウンチューブに内蔵できるe-linkポートなど・・・

 

7

そしてPRINCEにのみ採用される数々のイノベーション。

ブレーキキャリパーを乱流から隔離するエアロヒドゥンリムブレーキ。

ダウンチューブとの隙間をなめらかに埋めるフォークの形状。

ホイールに沿ってオフセットするホイールシェイプドデザインのダウンチューブ・・・

これらの工夫により、GANシリーズより優れた空力性能を備えつつも必要な部分の剛性強化に成功しています。

 

4 5

そんなカタログスペックがどうでもよくなるくらいPRINCE FXはカッコいいです。

今回はそれを一番お伝えしたかった!!!

特にこのレッド/ホワイトは展示会場で見た時あまりのスタイリッシュさに衝撃を受けました。

 

まず白い部分はただのグロスホワイトではなく、ツヤありの白からメタリックグレーへのグラデーション。

そこにキラリと光るシルバーのエンブレムが花を添えます。

メインカラーの赤はイタリアらしい情熱的な色調。

差し色の白やシルバーとの組み合わせは見事すぎて憎いほど。

 

3

数々の赤白のフレームを見てきましたが、その中でもダントツでカッコ良いと思います。

白や赤は趣味じゃないと思っている人も、実物を見たら考えが変わるのではないでしょうか。

写真では十分に魅力をお伝え出来たとは言い難いので、ここは是非店頭にて実車をご覧頂きたいところです。

皆様のご来店、お待ちしております!

 

■PRINCE FX ULTEGRA ¥528,000 (税抜)


ジェル系補給食の新星現る!WINZONE ENERGY GEL

2018年6月30日 土曜日

winzone_1

自転車乗りにとって補給食の定番と言えばやはりジェル。

固形物が口にできない程疲れ切っている時でも摂取しやすく、身体への吸収が早い。

かさばらないので携帯が楽、バイクに乗りながらでも飲みやすい・・・

自転車乗りとジェルは切っても切り離せない関係と言えるでしょう。

 

そんなジェル系補給食の新定番となるかも知れない商品が入荷してきました。

 

winzone_2

それがコチラ、製薬企業として有名な日本新薬から販売されているWINZONE。

一包で112kcalで、足攣り防止に効果的なマグネシウムが配合。

更にヒドロキシクエン酸なる聞き慣れない成分が入っています。

 

winzone_3

ダイエットに詳しい人ならガルシニアという果物のことはご存知かもしれません。

食欲を抑制したり脂肪の燃焼を促す効果があることから、近年注目されているフルーツです。

ヒドロキシクエン酸とは、そのガルシニアの主成分。

ガルシニア由来なのでもちろん天然成分です。

 

単なるエネルギーの補給だけでなく、体脂肪がエネルギーに変わるのを促進させる効果があるというジェルは斬新です。

長丁場のライドでは重宝することでしょう。

 

wnzone_5

今のところフレーバーはパイナップル風味のみですが、口当たりがよく飲みやすいです。

適度な酸味と高すぎない粘度のおかげでスッキリと飲めます。

新たなフレーバーも開発中とのことなので、楽しみに待ちましょう。

 

winzone_4

ダイエットとしてヒドロキシクエン酸を摂取したい方や、持久力増大を目的としたサプリもあります。

自転車と同じ持久系のスポーツであるマラソン業界では既に人気なのだとか。

運動前に一本飲むだけでOKです!

 

■WINZONE ENERGY GEL ¥250 (税抜)

■WINZONE ENERGY×ENERGY (15本入り) ¥2759 (税抜)


PINARELLO 2019年モデル情報!プリンスカーボンフルモデルチェンジ

2018年6月18日 月曜日

本日が情報解禁日ということで、ようやくご案内ができます。

2019年モデルのピナレロの目玉はフルモデルチェンジしたプリンスです!

 

世界初のカーボンバック構造で世に衝撃を与えた初代プリンス。

今回のプリンスはそこから数えて5世代目となります。

「プリンスはすべての世代で名車と言われていた」とピナレロ社も語っていますが、そういった半ば伝説的ともいえるモデル名を冠してくるあたりピナレロの気合の入れようが伺えます。

 

GANシリーズがDOGMA F8に準じる設計であったのに対して、新たなプリンスはDOGMA F10のノウハウが随所に取り入れられたレーシングモデル。

もちろん金型はF10の流用ではなく、完全新規。

独自設計となっている箇所も多々あります。

 

ラインナップはPRINCE FX、PRINCE、PRINCE DISCの三種類。

まずはPRINCE FXからご紹介。

711gradient_vulcano_side

■グラディエント ヴルカーノ

 

712gradient_fluorite_side

■グラディエント フルオライト

 

714redwhite_side

■レッドホワイト

 

747BOB_side

■BOBメタル

 

デュラエースDi2完成車 ¥970,000(税抜)

アルテグラdi2完成車 ¥528,000(税抜)

フレームセット¥455,000(税抜)

T900の高強度カーボンを使用し、これまでのGAN RSに相当する位置づけとなるPRINCE FX。

グラデーションをモチーフとしたカラーリングが特徴的。全4色展開となります。

 

続いてはミドルグレードモデルのPRINCE。

715carbonred_side

■カーボンレッド

 

716BOB_side

■ブラックオンブラック

 

717whiteorange_side

■ホワイトオレンジ

 

ポテンツァ完成車 ¥435,000(税抜)

アルテグラ完成車 ¥435,000(税抜)

NEW 105完成車 ¥385,000(税抜)

フレームセット ¥275,000(税抜)

GAN Sと同様T700カーボンを使用し上位モデルよりコストを抑えたPRINCE。

注目するべきはGAN Sになかったフレームセットの展開があることでしょう。

全3色展開となります。

 

718carbonred_side

■PRINCE DISK

アルテグラ完成車 ¥478,000(税抜)

フレームセット ¥295,000(税抜)

今後ますます増えていくであろうディスクブレーキモデルのPRINCE。

もちろん各部の設計はディスクブレーキに最適化された物となっています。

カラーはカーボンレッドの一色展開。

 

F10がレースで勝利するためのバイクであるのに対して、新型PRINCEはホビーライダーにもマッチするよう扱い易さも重要な要素と捉えた味付けになっているとのこと。

とはいえエアロ性能や剛性感、ピナレロ独自のアシンメトリック設計など、他社のハイエンドバイクにも比肩し得る性能を持っています。

この機会に是非新型PRINCEをご検討下さい。

 

また、店頭在庫2018モデルを特別ポイントにてご提供中!

こちらもお見逃しなく。


New GARMIN has come!GARMIN EDGE 130

2018年6月15日 金曜日

「嫉妬するか、所有するか」というキャッチコピーが昔ありましたね。

ガーミンのEDGEシリーズはまさにそんな存在で、多くのサイクリスト憧れの高級デバイスであると同時に

その高価さから多くのライダーが涙を呑んで見送ってきたアイテムでもあります。

そんな風潮を打ち破ってくれそうな新しいEDGEが登場しました。

 

1

■GARMIN EDGE130

本体のみ・・・¥23,800(税抜)

スピード・ケイデンスセンサーセット・・・¥29,800(税抜)

 

EDGEシリーズで特に人気が高い520の廉価版の様な位置づけの130。

25だとちょっと小さいけど、520以上だと高すぎる・・・そんな声に応えたようなモデルです。

 

画面がカラーではなくモノクロであることやパワーメーター関連のいくつかの表示項目・・・

それ以外は520のスペックを大体踏襲しています。

GPSはみちびきを含む複数の衛星に対応していますし、ブルートゥース・ANT+機器との通信も可能。

GARMINだけあって液晶の見やすさは特筆もの。

おまけにバッテリーは公称13時間も持ちます。

 

2

各種GARMIN(のモック)と大きさを比較してみました。

左から1030、820、130、25jです。

 

3

自転車に取り付けてみるとこんな感じ。(REC MOUNTのマウントを使用しています)

小さくて違和感があるかなと思っていたんですが、意外とそんなことはなさそうです。

人によってはちょうどいいサイズ感かもしれません。

 

上位譲りモデルの充実した機能を備えたEDGE130。

GARMINを検討していてタッチパネルやナビは必要ないと考えている方にはまさに直撃ではないでしょうか。

入荷して早々大人気です。