KONA 2018モデル追加入荷しました!

2018年11月12日 月曜日

0001

先日ニューモデル展示会の模様をお伝えさせて頂いたKONA!

2019年モデルの入荷が待ち切れなくてウズウズしている方もいらっしゃると思いますが、そんな中2018年モデルの最後の入荷がございました!

2019年モデルとはスペックが一緒でカラーが違うだけという車種や、惜しまれつつも今期限りで廃盤となるモデルなど、注目のバイクが目白押し。

KONAをご検討中の方は要チェックです。

 

それでは今回入荷した車体たちのご案内です!

HONZO CR DL

HONZO CR DL (3) HONZO CR DL (4)

■HONZO CR TRAIL DL

¥418,000→¥229,900(税抜) 45%OFF!

他に類のない29インチ下り系ハードテイルとして絶大な人気を誇るHONZOシリーズの頂点に立つのがこのモデル。

軽量なカーボンフレームに、妥協のないパーツを組み込んだ豪華版です。

29インチの強みであるガレ場での走破性に加えて、29インチとは思えないシャープなハンドリング、ハードテイルの域を超えた下り性能、そしてどんな場面でも感じる圧倒的な軽さ。

トレイルバイクの新境地を切り開いたと言っても過言ではない、それがHONZO CR TRAIL DLです。

 

HONZO CR TRAIL

HONZO CR TRAIL (2) HONZO CR TRAIL (3)

■HONZO CR TRAIL

¥342,000→¥188,000(税抜) 45%OFF!

上述のHONZO CR TRAIL DLと同じフレームを用い、パーツ構成の違いで価格を抑えたモデル。

価格を抑えたといっても十分実践的なスペックを維持しています。

真横から見るとリアセンターがギリギリまで詰めてありますが、HONZOの俊敏さの秘密はここにあり。

ホイールの大きさを感じさせない動きは29インチの既成概念を打ち砕いてくれます。

 

EXPLOSIF (2)

EXPLOSIF EXPLOSIF (3)

■EXPLOSIF

¥287,000→¥157,800(税抜) 45%OFF!

日本でとても人気のあるクロモリハードテイルのEXPLOSIFは残念ながら2019年では廃盤となってしまいます。

サスストロークやヘッドアングル、そういったスペックを超越した純粋に楽しいバイクだっただけにとても残念です。

モデル末期であるためか、前後ブースト規格、1×12速のGX EAGLEドライブトレイン、ROCKSHOX REVELATION、高級ドロッパーポストのREVERBを備えるなど非常に豪華な仕様となっています。

KONAのラインナップの中でもトレイルライドを楽しむなら最高のモデル、手に入れられるのはこれが最後です!

 

BIG HONZO DL

BIG HONZO DL (2) BIG HONZO DL (3)

■BIG HONZO DL

¥249,000→¥149,900(税抜) 40%OFF!

HONZOの派生モデルであるBIG HONZOは27.5×2.8のファットなタイヤを履いたいわゆるミッドファットバイク。

太いタイヤがもたらすグリップや接地感はライダーに余裕を与えてくれますので、ビギナーの方でも恐怖を感じる事無くライドを楽しめます。

そういった事情もあってGROVE鎌倉では特に人気の高いモデルの一つ。

ベースとなっている本家HONZOの優秀さもあって、タイヤの太さとは裏腹に走りは軽快です。

 

遠方にお住まいのお客様には当店通販サイトのご利用がお勧めです。

また、店頭にある車種以外にも系列店在庫のお取り寄せも可能です。

今回はハードテイルのご紹介が中心ですが、この他にもKONAの本領であるフルサスモデルや評価の高いアドベンチャー系ドロップハンドルモデルの入荷もございます。

今後もKONAから目が離せません!

 

※割引価格は現金もしくはショッピングローン特価となりますのでご注意下さい。

カードでのお支払いをご希望の場合は割引率が異なります。


2019 KONA展示会に行ってまいりました

2018年11月9日 金曜日

IMG_2933(1)

お待たせ致しました。首を長~くして待っていた方もいるかもしれませんが、KONAの2019年モデル展示会に行ってきました♪

フルモデルチェンジなどの大きな変更点はないものの、若干のマイナーチェンジをしたPROCESSシリーズやここ数年ブームになっているBIG HONZOなどなど、今年もオススメモデルが数多く並んでいました。

2018年では惜しくもカタログから漏れってしまっていたUNIT(SINGLE SPEED)も今年は復活です!

2018年モデルもグッとくるカラーが多かったですが今年も良い色が揃ってます。

一部ではありますが車種の画像をご案内。

IMG_7611(1) ■PROCESS 153 DL 27.5 メーカー価格 ¥397,000-(税抜)

IMG_7613(1) ■PROCESS 153 29 メーカー価格 ¥320,000-(税抜)

IMG_7622(1) ■BIG HONZO メーカー価格 ¥158,000-(税抜)

IMG_7625(1) ■UNIT メーカー価格 ¥111,000-(税抜)

IMG_7606(1)

■PROCESS 153 CR DL 27.5 メーカー価格 ¥678,000-(税抜)

 

ハードテールモデルは年内早々、フルサスモデルについては年明け(1月~2月頃)の入荷予定となっております。

各モデルの詳細はお気軽に店頭までお問い合わせ下さい☆彡


XCレースでも街乗りでも活躍できる万能バイク ~CHISEL DSW COMP X1 29~

2018年11月6日 火曜日

IMG_6724(1)

■2019 SPECIALIZED CHISEL MEN DSW COMP X1 29 ¥160,000 (税抜)

昨年の新登場から人気を博しているCHISELシリーズが今年もやって参りました。

重量や乗り味については昨年からのインプレッションで様々目にしていることも多いとは思いますが、今年の注目はなんと言ってもこのカラーです。

一言に何色と言い表す事の出来ないカラーですがなんとも良い色だと思いませんか?

山の緑にも相性が良いですし、青空の下で海沿いを走っていてもとてもさわやかで鎌倉にはぴったりの色合いではないでしょうか♪

これから始まる紅葉シーズンの紅や黄色にもマッチする事間違いなし!

IMG_6726(1) IMG_6727(1)

IMG_6729(1) IMG_6730(1)

スペックについては前後ブースト仕様に加え、今年からよりリアルなレーシングシーンに対応するようにCOMPグレードにおいてもフロントチェーンリングがシングル化されました。

それにより全体的な見た目もすっきりし重量も若干ではありますが軽量化につながっています。

IMG_6731(1)

IMG_6732(1)

もちろんモデル名にも入っている様にDSW(D’Aluisio Smartweld)も健在です。

パイプ同士の接合部分をストレスの大きく掛かるところから遠ざけることにより高剛性かつ軽量に仕上げる事の出来るDSW

接合部分の面積が普通の溶接よりも少ない範囲なので、見た目も綺麗でいいですよね。

IMG_6722(1)

気が付けば見た目の事ばかり書いてしまいましたが、とにかくCHISELはカッコイイ!

自転車は乗り物なので乗って楽しむことはもちろんなのですが、それに見た目が加わると更に楽しくなると思うんです。きっとお気に入りの1台になってくれるハズ。

■2019 SPECIALIZED CHISEL MEN DSW COMP X1 29 ¥160,000 (税抜)


【イベントレポート】富士見パノラマFUN RIDE

2018年10月27日 土曜日

ゲレンデシーズンも終了間近、少しずつ寒さが沁みるようになってきましたが、そんな寒さも何のその富士見パノラマで思いっきり楽しんで参りました。

IMG_2886(1)

前日から天気予報が怪しく朝のうちは雨がパラパラ。全員集合した時は雨宿りしたくなるくらいの降りでしたが、朝のミーティングをしているうちに徐々に弱まり午後には写真のような青空も見えてきました。皆さんの祈りが通じて良かったです。

IMG_2877(1)

午前中はスキルアップエリアにて基本の姿勢作りからスタートし、抜荷重のポイントや走り易いラインをどのようにして見つけていくか。基本の練習をひたすら繰り返しました。

画像のポイントは初級者の方であれば大体が尻込みしてしまいそうな場所です。

何も気にせず走ると道の真ん中に斜めに走った太い木の根。右側には大き目な岩の段差があり滑りそう。左側というと木やコケが生えていて幅も狭く根っこもチラリ。

画像を見るといくつかの走れそうなラインが見つけられると思いますがそこが重要!下から見るとの上から見るのとでは大きく違って見えるのです。

下から見てラインを見つけてちょっとしたアドバイスをするだけで何事もなかったかのようにスルスルと抜けることが出来ました。

IMG_2892 (2)(1)

午後は基本的にはフリーライド。でしたが結局みんな一緒にトレインを組んで走りました。みんなで走ると楽しいんですよね。前の人と同じラインを走ってみたり、あえて違うラインを走ってみたり。時にはそんなとこ行くの!?と思うような所を発見できたり。

途中の休憩ポイントでは少しずつ晴れ間が広がり、霧が晴れていく様を眺めて少し幻想的な風景に引き込まれました。

IMG_2897(1)

最後の1本では辺り一面すっぽり霧に包まれコースが見えにくくなることもありましたが、皆様怪我も無く無事に下まで降りてくることが出来ました。

小学生ライダーもすっかりと慣れて大人と同じペースで下ってこれるほど。感想を聞くと笑顔で『楽勝』ですって!?

IMG_2898(1)

『帰りたくないなぁ。』と泥だらけになった身体やバイクを見て一言。

終わるころには朝のうちに雨が降っていたことも忘れるくらい楽しく走った印象しか残っていませんでした。

大人の泥んこ遊びもこれにて終了です。また次回楽しく遊びましょう。

 

次回のイベントも決まり次第ご案内致しますのでもう少々お待ちください。

 


【 イベントレポート 】スキルアップスクール

2018年10月7日 日曜日

今日は10月だというのに暑い日差しの中、スキルアップスクール開催致しました。

本日もロードバイクとマウンテンバイク混在でのスクールです。

内容は前回と同じく『止まる』『曲がる』『バランスを取る』。基本をしっかりと身体に染み込ませます。

スキルアップ

急制動練習の前半(左)と後半(右)の写真を比較してみました。右の方が重心をより低く落とせているのが一目瞭然ですね。

微妙な差?いえいえこの十数センチの差がいざという時に役に立つのです。左の写真でも実際はかなり低く落としている「気持ち」でやっているんですよ。

頭の中の姿勢と実際の姿勢のギャップを感じて頂くのもこのイベントの目的でもあります。“やっているつもり”・“出来ているつもり”が大きな危険を招くことも。。。

スキルアップ1

この日、皆様の一番の上達ぶりが見れたのはスラローム練でした。何度も何度も反復練習をして動画を見てはまた練習。最初のうちはバイクを上手く倒し込めなかった方もみるみる上達して最後には滑らかに曲がってました。

基本練習は反復あるのみ!基本なくして応用なし!といった感じですね☆

スキルアップスクールは随時開催致しますので、練習を積み重ねてバイク扱いを上達させましょう♪

 

10月のイベントは

 13日(土) ROAD STEP UPスクールライド 【初級者向け】

 14日(日) MTB   富士見パノラマ走行会

 21日(日) ROAD GROVEおはようライド 

 28日(日) ROAD STEP UPツーリング 【中級者向け】  となっております。

詳しくはイベントカレンダーもしくは直接お問い合わせ下さい。

皆様のご参加をお待ち致しております。

 


【GROVE鎌倉オススメブランド『MARIN』】バイクパッキングからお洒落なストリートバイクまで!

2018年10月6日 土曜日

20181005 MARIN (1)

常設MTBパークを堪能できる本格マウンテンバイクや遊びのツールを積載して、のんびりとツーリングを楽しむアドベンチャー系バイクを得意とするブランド“MARIN”

先日メーカーホームページが更新され2019年モデルが公開となりました!!

20181005 MARIN (12)

■NICASIO SE ¥75,000-(税抜)

人気の日本限定仕様のストリートバイクNICASIO SEにはNAVYカラーが仲間入り。

実車はもう少しディープパープル寄りな色でストリートで映えます!

ハンドルやシート周りを自分好みにカスタマイズするとより一層カッコいいバイク。

20181005 MARIN (1)

■NICASIO RC ¥109,000-(税抜)

2019年新作モデル。「NICASIO SE」をベースにハンドル形状の変更やフェンダーが追加され湘南エリアにピッタリのクルージングスタイルに。

20181005 MARIN (5)

実はフレーム形状も変更されています。内装8速仕様になり錆にも強いタフな仕様になっているのがポイントです。

20181005 MARIN (11)■DONKY SE ¥90,000-(税抜)

“全国のお父さんに向けた最高にカッコいいバイク”がコンセプトのDONKY SE。

20181005 MARIN (6)

極太タイヤに負けない強靭な極太キャリアを標準装備で見るからにタフ。

ウッドラックやサイドバッグを付けてカスタムするとカッコ良さそうですね!

20181005 MARIN (7)

■FOUR CORNERS ¥116,000-(税抜)

最も旬なカテゴリー「バイクパッキング」にピッタリのベースバイクFOUR CORNERSは2019年も継続です。

20181005 MARIN (4)

ご自身の楽しみ方に合わせたパッキングスタイルでアドベンチャーライドを楽しめます。

ちょっと太めのタイヤで未舗装路でも臆することなくライドできます。

頑丈なクロモリフレームは前後キャリア装着可能で目一杯キャンプ道具を積載した長距離ツーリングにも◎

20181005 MARIN (2)

■SAN QUENTIN-2 ¥169,000-(税抜)

軽量で硬すぎないアルミフレームに130mmストロークのフロントサスペンション。

最新のブースト規格を採用したハードテールMTB。

ふじてんライドや、これから始まるトレイルシーズンを楽しむには必要十分なスペックが装備され初めてのMTBに最適なバイクです。

20181005 MARIN (9)

■ALCATRAZ SE ¥150,000-(税抜)

常設コースシーズンが終わると、めっきり乗らなくなってしまうそこのアナタ☆

今年の冬はALCATRAZでスキルアップ目指してみませんか?

クリエイティブな映像と超トリッキーなライディングスタイルが魅力のライダー「MAT JONES」のシグネイチャーモデルです。

センスの良いパーツアッセンブル。バランスの取れた数少ないダートジャンプ系完成車です。ちなみに完成車販売は日本限定。フレームONLY ¥60,000-(税抜)の展開もございます。

実は前々からMAT JONESファンのスタッフは早速1本オーダーしております。笑

上記モデルは続々入荷予定。

“楽しく”カッコ良いバイクを提唱し続けるMARINは今年も要チェックです!!

 

 

 

 

 

 


KONA ROVE NRB DL

2018年10月5日 金曜日

なかなか実車を見る機会がないかもしれないバイクのご紹介です。

IMG_7330(1)

■ROVE NRB DL 50サイズ

¥234,000→¥152,100(税抜) 35%OFF!

現代のロードバイクのあるべき姿とは?という問いに対するKONAの回答がこのバイクです。

ここでいうロードバイクとはツールドフランスを走る為のレーシングバイクではなく、もっと広い意味で捉えるべきもの。

どんな道でも走れて、どこまででも行ける、自転車の原点ともいうべき楽しさ。

繊細で慎重な取り扱いを要するものではなく、日常の道具としてガンガン使えること。

 

グラベルバイク、アドベンチャーバイク、ツーリングバイクなど、このバイクにあてはめられそうなジャンルは多々ありますが、「自由」。その一言でこのバイクは言い表せます。

このバイクをどのように乗るかは全てライダーの自由です。

 

IMG_7396(1)

だからこんなに色々つけたって何も問題ありません。

毎日の通勤、秘境の探検、または日本一周の相棒として。好きなように使ってください。

それに耐えうるポテンシャルは十分に持っていますから。

 

そう、ポテンシャル。

現代ロードと名乗るだけあり、スペックは非常に現代的です。

アルミフレーム+カーボンフォークという基本設計に加え、各部のスペックや規格はトレンドの最先端をいく物が搭載され、バイクの性能を裏打ちしています。

 

IMG_7339(1)

例えばタイヤ。

WTBの提唱する650×47Bという、いわゆるロードプラス規格の物が採用されています。

オールロード界ではこのタイヤの採用が増えつつあり、WTBのオフィシャルサイトにある採用例一覧には楽しそうなバイクがずらりと並んでいます。

47Bの大ボリュームで悪路走破性は抜群、尚且つスリックなので舗装路も対応可能という訳です。

 

IMG_7345(1)

このタイヤを履くためにはフレーム側の設計も見直さないといけません。

そうした自由な設計というのはディスクブレークだからこそ成し得るもの。

 

ブレーキ回りは油圧ディスク+フラットマウント+前後スルーアクスルという三種の神器で完全武装。

素のままでも制動力は抜群ですが、アップグレードしたくなった時に選択肢に困ることはないでしょう。

 

IMG_7341(1)

ドライブトレインは2×11速で、この価格帯にしっかり見合ったグレードと言えます。

RDはロングケージのアルテグラがついており、更なるワイドギアの装着も可能です。

フロントシングルにしても楽しめそうですね。

 

IMG_7335(1)

ハンドルもロードバイクのそれではなく、アドベンチャーバイク的な幅広の物が装着されています。

実測では肩幅44、下ハン52でした。

幅を目いっぱい広く使えば悪路走行時でも安定感が生まれますし、街乗りでもフラット部分を利用して快適な走りができる事でしょう。

 

IMG_7333(1)

在庫は50サイズの物が一台限り。

アドベンチャー系バイクの常としてトップチューブ長がやや長めであることに加え、上記のワイドなハンドルの存在もあるのでロードバイクのサイズ感とは若干異なります。

サイズ選びに関しては我々が全力でサポートさせて頂きますので、店頭にてお気軽にお尋ねください!


【新着入荷】2019 SPECIALIZED P.3

2018年9月18日 火曜日

IMG_2108(1)

今年も入荷致しました。

■SPECIALIZED P.3 ¥135,000(税抜)

ストリート・ダートジャンプバイクとして人気の高いP.3ですが、                       実はスキルアップ用のバイクとしても大活躍してくれるんです。

フレームはコンパクトに設計されていて、チェーンステーレングスやBBハイト・ヘッドアングル等全体的にバランスの良いバイクです。

俗に『プッシュプル』と言われたりしますが、路面の凹凸に合わせて上下前後に体重移動させ加速をくしていく技術の練習や、その場でピタッと止まる『スタンディング』の練習にとても最適となっております。

マウンテンバイクはもちろんの事ロードバイクでも道路わきからの突然の飛び出しや、長い下りの時のブレーキング姿勢等々、自転車に乗っている時の重心移動は最重要ポイントですよね。

路面に小石が落ちている時、穴がぽっかりと開いている時にヒョイッと飛び越えることも練習すれば誰でも出来ちゃいます。

IMG_2111(1)

と、おすすめポイントは色々とあるんですが、何よりもこのバイクはカッコイイんです。

マットブラックのボディーにトップチューブとダウンチューブに貼られたJET FUELと名付けられた輝くデカールが目を引きます。

2018年モデルでは真っ黒でしたのでいまいちインパクトに欠けるなぁ。と思っていた方は必見ではないでしょうか!

IMG_2107(1)

■2019 SPECIALIZED P.3 ¥135,000(税抜)

毎年人気で早々にメーカー完売になってしまう事も多いのでご希望の方はお早めに☆

 

 

 


【イベント情報】富士見パノラマFUN RIDE

2018年9月17日 月曜日

初級者から上級者まで誰でも楽しめる日本最大級のダウンヒルコース。

『富士見パノラマリゾート』に行きましょう!

マウンテンバイクに乗っているのであれば一度は経験して頂きたい場所の一つです。

131027pano (5)

今回のイベントはパノラマデビュー企画として午前中は簡単なスクールも開催予定。

マウンテンバイクには乗っているけどまだコースを走ったことが無い方大歓迎です。

もちろん慣れている方のご参加もOKです。
思いっきり走り込んで楽しみましょう!

日程  10月14日(日)
場所  富士見パノラマリゾート
時間  9:00 現地集合  16:30頃 解散予定
参加費 5,150円(ゴンドラ代・保険代) 昼食別途
定員  15名
※充分な水分と簡単な補給食があると便利です。

IMG_0675(1)

当店で自転車をご購入頂いた方が優先となります。
定員になり次第キャンセル待ちとなりますので、予めご了承下さい。
参加ご希望の方は参加承諾書へのご記入が必要です。
ご不明な点はお気軽にお問い合わせ下さい。

皆様のご参加をお待ち致しております。


【 クリアランス情報 】2018 KONA メーカー完売モデル ~ハードテール編~

2018年9月9日 日曜日

カナダ「ノースショア」生まれの当店オススメMTBブランド【 KONA 】

メーカー完売となっているモデルがお買得☆cindercone (1)

■2018 KONA CINDER CONE Sサイズ

メーカー価格 ¥149,000 → ¥134,100 (税抜) さらに6705pt還元

KONA創業当初から発売されている定番モデル。

ハードテールバイクですがいわゆるクロカンモデルではありません。いかに下りを楽しく乗るかがコンセプトになっていて、トレイルを縦横無尽に走り回れる下り系ハードテールバイクとなっております。

cindercone (2)

昨今の流行を汲んでフロントはシングル仕様となっておりますが、お好みに合わせて多段化もOK。(1×11 SRAM NX)

もちろん内装ドロッパーシートポスト対応となっております。

 

honzoal (1)

■2018 KONA HONZO AL Sサイズ 

メーカー価格 ¥147,000 → ¥132,300 (税抜) さらに6615pt還元

このバイクも上記モデルと同じく下り系ハードテールバイクですが、タイヤサイズが29インチ。タイヤが大きい事での利点は何よりもまず安定感が抜群に良く、木の根などのギャップも楽に乗り越えられるようになります。

さらにこちらのバイクはBOOST規格なのでF 110×15 / R 148×12最新のスペックとなっております。

honzoal (2)

ドライブトレインはシマノDEOREをベースに1×10仕様なので、今後グレードアップの余地ありと言ったところ。フロントはシングル専用設計でこちらも内装ドロッパーポスト対応です。

 

パッと見るとどちらも同じように見えてしまいますが似て非なるのがこの2台。

27.5と29というタイヤのサイズが違うのは簡単にみてとれますが、タイヤサイズ以外にもフレームの設計やパーツスペックが大きく異なっております。

 

■CINDER CONE Sサイズ REACH 402mm STACK 587mm CS 435mm 適応身長 155~165cm位

■HONZO AL Sサイズ REACH 425mm STACK 624mm CS 415mm 適応身長 160~170cm位

 

同じSサイズでもやはり29erのHONZO ALの方がREACHやSTACKが大きくなっておりますが、CS LENGTHに注目すると27.5のCINDER CONEの方が長くなっています。

と言う事は、HONZO ALはトップチューブが長く安定感を出しつつもリアセンターが短くバイクの取り回しが良くなっている、いわゆる最近のジオメトリーですね。

一方CINDER CONEは昔ながらのジオメトリーですが、その分パーツスペックがHONZO ALよりも良くなっております。

パーツスペックの良いバイクにするか、最新規格のバイクにするか、どちらのバイクを選ぶかはあなた次第です。

 

より詳しいご案内は是非店頭までお越しください。どちらも最後の1台となっておりますので、ご希望の方はお早目にっ!

遠方でどうしてもご来店できない場合には当店通販BIKE ONLINEからもご購入頂けます。


3 / 1512345...10...最後 »