【ウインターキャンペーン】2020 BIG HONZO

2019年12月8日 日曜日

2020年モデル【KONA】の毎年不動の人気モデルを紹介いたします。

bighonzo (3)

■KONA BIG HONZO

color : Gloss Indigo  size : M

メーカー価格 ¥165,000-(税抜)

 

bighonzo (2)

こちらは少し前の記事にも書きましたがこれからマウンテンバイクを始めたい方にピッタリのバイクです。

昨年からの大きな変更点はありませんが、昨年は渋めのカラーリングだったのに対して最新モデルはインディゴブルーにオレンジロゴと鮮やかになりました。

 

bighonzo (1)

BIGHONZOシリーズの特徴である2.8インチセミファットタイヤを装着。低圧での走行が可能となり、タイヤが路面の凹凸に対して変形し密着、スタンダードなタイヤ幅に比べてグリップしコーナリング、ブレーキングなど思わず頬が上がってしまうでしょう。また、ハードテイルながらもエアボリュームがあるおかげでライディング時の吸収性もよくソフトな乗り味に。実際に乗って頂きたい!いろいろな意味で程よいフィーリング、長く愛せる相棒になってくれると思います。

 

W.C._1169×826

こちらの他にも多くのお買い得商品をご用意してご来店をお待ちしております。

キャンペーンの内容はこちらをご確認下さいませ。

 


【街乗り&トレイルを気軽に楽しむなら】KONA CINDER CONE

2019年11月19日 火曜日

KONAは1988年に設立された30年以上MTB界に名を遺す名門ブランドです。

これまで様々なモデルが生まれてきました。かつてはTANUKIやKITSUNEといったユニークなネーミングのモデルも存在していましたね。

そんなKONAにおいて創業当初から途切れることなく販売され続けているモデルがこちら。

19cinder (4)

■2019 KONA CINDER CONE/Mサイズ SOLD OUT

メーカー価格 ¥141,000 → 在庫限りスペシャルプライス + ポイント還元

機構の複雑なダブルサスペンションバイクの場合、技術の進歩によってどんどん形状が変化しますが、CINDER CONEのシンプルなルックスがずっと愛され続けている理由の一つかもしれませんね。

 

19cinder (6) 19cinder (5) 19cinder (3) 19cinder (2)

フロントシングルやドロッパーポスト対応などきちんと流行を抑えつつ、昔から変わらない雰囲気も残しているCINDER CONE。

トレイルバイクとしてだけではなく街乗りとしても活躍してくれること間違いなし。

普段ROADバイクを乗っている方はマウンテンバイクに乗る事でバランス感覚や、よりトルクコントロールを意識したペダリングなど新たな発見ができるハズです☆

19cinder (1)

20191119 CINDERCONE

今年のウィンターシーズン、マウンテンバイクでサイクリングを楽しんでみませんか?

暖かな日差しの下、落ち葉の上を走るのはとても気持ちが良いですよ♡

 

遠方でご来店が難しいという方はBIKE ONLINEも是非ご活用下さいませ。

2020モデル続々入荷中!


未舗装路を探索 のんびり楽しくグラベルサイクリング♪

2019年11月12日 火曜日

冷え込みがグッと強まる季節。

75196313_333628240843995_1977957771248664576_n(1)ロードバイクでトレーニングライドも勿論いいですが、寒さと折り合いをつけてマイペースに楽しむグラベルライドなんていかがでしょうか?

目的なんてあってないようなもの。

出発してから考えたっていいんです!

( 修理や保安に関するパーツの準備はお忘れなく。 )

75112678_543740853094397_5002291402550280192_n(1)74230405_2462112560729030_1232616138907582464_n(1)路面からのインフォメーションを味わうように噛みしめながら、自然の中で自己を解放するライドは日々のストレスを忘れさせてくれます。

グラベルでの走りそのものにフォーカスするか。

道中や目的地でのアクティビティにフォーカスするか。

バイク次第で両方楽しめるアッセンブルも可能ですよ!

 

75266269_1128913357318399_2958323338331553792_n(1)70213679_681762922348287_8880630601502162944_n(1)74701653_547002365877620_785566689717649408_n(1)コチラは先日納車させて頂いた『CANNONDALE TOPSTONE 105』

『BLACKBURN LOCAL BASKET』+『ORTLIBE GRAVEL PACK SET』

の組み合わせ。

天板に荷物を積載しつつ、濡らしたくない物は防水バッグに入れることで安心して運べます♪

 

74178226_488763215043750_1728165612934397952_n(1)コチラは『 CANNODEALE TOPSTONE CARBON 105 』。

国内のオフロードレースで多数の入賞を演出、9月に開催した当店のCANNONDALEプレミアムテストライドでも好評でした。

74687854_426772071365259_1578408341070151680_n(1)74218593_409359873092659_8554329540749426688_n (1)(1)74310678_411970346378346_1006341323130667008_n(1)絶妙な剛性感と「KINGPINサスペンションシステム」によりテクニカルなセクション、ダブルトラックの開けたダートでの高速走行を楽しめます。

 

75642386_2456700137985866_4127328730957742080_n(1)      75398314_408202440134006_7173808837135171584_n(1)

74448079_823522094758670_2722000399321006080_n(1)

店頭にはグラベル系のバイクを幾つかご用意しております。

グラベル系アクティビティに欠かせないバッグ類も用途によって組み合わせを選ぶことで様々なシチュエーションに対応でき、楽しく快適なライドができますよ!

これからバイクを含めて吟味されている方、既にバイクを持っている方も是非スタッフまで御相談ください。

 

_20181006_162707(1)

11月24日 (日) に当店では、のんびり楽しく『グラベルサイクリング』を開催予定です。

グラベル体験にご興味ある方。

当店でMTBを購入して、基礎・基本を楽しみながらじっくり学びたい方にもオススメのイベントですよ!

■集合場所:GROVE鎌倉

■時間:8:00~12:00ぐらい

参加ご希望の方は事前にエントリーをお願い致します。

※当店で自転車をご購入頂いた方を優先とさせて頂いております。予めご了承下さいませ。

皆さまのお申込み心よりお待ちしております。


【BRAND NEW BIKE】SPECIALIZED FUSE COMP 29

2019年11月5日 火曜日

マウンテンバイクを買おうと思った時、何に注目して選びますか?

走破性?乗り心地?取り回し?軽さ?強さ?どれも捨てがたいポイントですね。

では、そのすべてが揃ったバイクがあったらいかがでしょうか。

 

20fuse (4)

■SPECIALIZED FUSE COMP 29

size : M  color  : Gloss Dove Gray / Cast Blue

メーカー価格 ¥180,000-(税抜)

このバイクが解決してくれます。

 

20fuse (2)

29インチの大径ホイールに2.6インチという少し太めのタイヤがインストールされております。

大径ホイールはギャップの乗り越え性能が高くどんな路面でも走りこなし、太めのタイヤによるクッションの良さは抜群の快適さを生み出します。

 

20fuse (3)

長めのリーチに短めのステム、寝かせたヘッドアングル。昨今のマウンテンバイクでは当たり前のように出てくるキーワードですよね。果たしてその言葉が導き出す答えとは??・・・それが操作性の良さなんです。

もちろんFUSEも例外ではありません。それに加えて立たせ気味のシートチューブアングルは登坂性能も高めてくれるのです。

SPECIALIZEDはFUSEのジオメトリーにあえてこの言葉を使います『完璧』と。

 

20fuse (5)M4と位置付けられたフレームはよく伸びる特性を持つため薄く加工する事ができ軽量。

また、6061アルミニウムより強く、長年のハードライディングにも耐えられるような耐久性を兼ね備えています。

 

20fuse (1)

[走破性・乗り心地・取り回し・軽さ・強さ]すべてを持ったFUSE COMP 29に乗ってみたいとは思いませんか?

今なら店頭にございますので、是非ご覧になりに来てください。

皆様のご来店をお待ち致しております。

 


【PICK UP BIKE】初めてのMTBにオススメ KONA BIG HONZO

2019年10月13日 日曜日

数あるKONAのMTBの中でもこれからマウンテンバイクで遊んでみたいという方にとてもおススメなのがこちらのモデルです。

 

2019bighonzo (3)(1)

■2019 KONA BIG HONZO Sサイズ ラスト1台

メーカー価格 ¥158,000 → SPECIAL PRICE 更にポイント還元

 

モデル名だけでどんなバイクか分かる方もいるとは思いますが、初めての方の為におさらいも含めて詳しくご紹介。

2019bighonzo (10)(1)

タイヤの径は27.5インチですが、普通のタイヤよりも少し太めの2.8がインストールされております。いわゆるプラス規格やMID FATと呼ばれるカテゴリーですね。

 

ここがオススメポイントの1つ目

タイヤが太い事で路面との接地面積が増えますので、初めての方でも非常に安定して乗ることが出来ます。

また、空気圧も下げて乗ることが出来ますのでクッション性も良く、サスペンションのストローク以上に衝撃を吸収してくれるんです。

 

初めてのマウンテンバイクはどうしても不安感や恐怖感が出て来やすいのですが、このタイヤの太さがあることでそれらを和らげてくれるでしょう。

2019bighonzo (1)(1)

コンポーネントはSRAM NX 1×11を採用。

最新スペックのEAGLE(12速)ではありませんが、実はそこがおすすめポイントの2つ目。

 

最新スペックではないのがオススメなのはなぜ?と思う方もいるかと思いますが、性能だけで見れば当然最新スペックの上位グレードの方が良くなります。

しかし、初めてマウンテンバイクを買う時にいきなり上位グレードの高級車をえらぶ方は少ないのでは?

マウンテンバイクで遊ぶにはプロテクターやヘルメットなど、安全のために揃えておきたいアイテムもありますので、バイクの価格を抑えられるとそっちの方に予算を使えますよね。

全体的な価格を抑えつつ先ずは乗り始めて楽しむことが大切。なので、あえて抑えめな仕様がオススメなんです。

 

2019bighonzo (5)(1)

マウンテンバイクで遊ぶために今では必須と言っても過言では無いパーツがドロッパーポストですよね。

ドロッパーが出る前は上り下りの分岐点で止まってはサドルを上げたり下げたり。それはとても面倒な作業でした。せっかく気持ち良く走っているのに止まらなくてはいけないなんて。。。

そんな面倒な作業もドロッパーがあることで手元の操作一つで上げ下げ簡単走りながら調節が出来ます。

 

オススメポイントの3つ目登場。

そんな便利なドロッパーポストが標準装備として搭載されております。

ドロッパーポストも各メーカーから色々と販売されていますが、安い物でも3万円位から高級な物ではなんと10万円位するモデルまであるんです。もちろん高級なモデルはそれなりの機能やスペックが備わっているんですけどね。

山で遊ぶことを想定しているモデルだからこそ、山で遊ぶのに適したパーツがアッセンブルされているのが嬉しいですね。

 

16big_honzo

■2019 KONA BIG HONZO Sサイズ ラスト1台

メーカー価格 ¥158,000 → SPECIAL PRICE 更にポイント還元

 

2020年も同モデルは展開されておりますが入荷まではもう少しかかりそうなので、手に入れるなら今がチャンスです!

在庫状況やサイズ感などご不明な点はお気軽にお問い合わせ下さい。

皆様のご来店をお待ち致しております。

 

遠方でどうしてもご来店が難しいという方は通販サイトBIKE ONLINEもご活用ください。


【超希少在庫BIKE】2019 KONA HONZO 29

2019年9月17日 火曜日

つい先日行ってきました2020 KONAの展示会ではPROCESS 134の復活やE-BIKEの日本初入荷など新しいモデルにも注目ですが、実はあの人気モデルが国内展開から無くなってしまったんです!

 

71095743_1330296360479843_3138684674541355008_n(1)

■2019 KONA HONZO Sサイズ ラスト1台 SOLD THANKS

メーカー価格 ¥158,000 → SPECIAL PRICE 更にポイント還元

こちらのオススメ29erバイクのHONZOが2020年モデルでは国内展開が無くなってしまいました。

自走+トレイルやマウンテンツーリングなどにちょうど良くお使い頂けるバイクなだけに非常に残念です。

 

恐らく2020年モデルを待っていた方もいたかもしれませんが、HONZOを手に入れるならこれが最後のチャンスです。

 

71073545_704476033402189_118808291580051456_n(1)

ホイールが大きいことで走行時は抜群に安定してくれます。いわゆるジャイロ効果という物ですね。

この現象ははホイール径が大きいほど顕著に現れますので、29ホイールであればその効果も大きいという事ですね。

そして、もう一つの大径ホイールの利点はギャップの乗り越え性能。

段差を乗り越える時に大きな径であるほど楽に乗り越えることが出来ます。

また、遠心力についても円の大きさに比例して大きくなりますので、スピードを維持することも容易にできますね。

ホイールが大きいと良いことが沢山あるんです。

 

70496479_909425546110083_5121544141641089024_n(1)

29インチと聞くと「取り回しがしにくいじゃないの?」という声を今でも聴くことがしばしば。

決してそんなことはないんですよ。リアセンターの寸法は適度に短くなっており、コーナーに合わせてバイクを倒しこんで行く事で自然とそのラインにリアがついてくるような印象を受ける事ができると思います。

数値だけでの比較ですがリアの長さを比べると、27.5+規格のハードテールバイクBIG HONZOは430mm。

27.5インチハードテールバイクのCINDER CONEでは435mm。

29インチのHONZOはなんと一番短い420mm。一番ホイールの大きなHONZOが一番短く設計されているんです。

もちろんただ短ければ良いという事でもないので一概には言えない部分もありますが、全体的なバランスが非常に

いいので取り回し良く乗ることが出来ます。

 

70123387_477504119495558_7006247645928751104_n (2)(1)

■2019 KONA HONZO Sサイズ ラスト1台

メーカー価格 ¥158,000 → SPECIAL PRICE 更にポイント還元

 

もう一度言いますが、2020年はHONZO 29インチが国内では無くなってしまったんです。

これが本当にラストチャンスかもしれません。

店頭在庫も最後の1台となっておりますので、ご希望の方はお早めに!


【新着入荷速報】SPECIALIZED EPIC HARDTAIL

2019年9月9日 月曜日

xcrace (2)

今やMTBのクロスカントリーレースでは登りもさることながら、下りであってもハードなセクションが当然のごとく出てくるようになりました。

その為、ライダーはより軽く・より速く・より安定した走りを求めるようになっていきます。

 

91320-01_EPIC-HT-SW-CARBON-SRAM-AXS-29-DOVGRY-RKTRED-CRMSN_HERO(1)

どのようにして安定感のある走りを生み出すか。SPECIALIZEDの答えはヘッドアングルをやや寝かせ、リーチを長くとること。

ただそれだけにとどまらずホイールベースは短くとることでハンドリング性に優れ、重心位置は常に中心に置く事ができ、コントロール性の向上を手に入れる事が出来ました。

市販フレーム最軽量級とも言われる最上位グレードのS-WORKS EPIC HTはフレーム重量がなんと775g。

完成車重量としても8kg台と驚きの重量。

 

コントロール性の向上による安定感と圧倒的な軽さの相乗効果でEPIC HTはまるで宙を舞うように走ることが出来ます。

 

epicht (10)(1)

■SPECIALIZED EPIC HARDTAIL Mサイズ Satin Black / White

メーカー価格 ¥220,000(税抜)

今回入荷しましたのは、名を同じくする下位グレードとして位置づけられるこちらですが下位グレードと侮るなかれ。

フレームはS-WORKSには及ばずともEXPERT・COMPグレードと同じくFACT 11mを採用しており、その重量はなんと915g。完成車重量も11kg台とMTB全体で考えると軽量バイクと言っても過言ではありません。

 

epicht (4)(1)

コンポーネントのグレードをあえて控え目にする事で全体的なコストを抑えたバランスの取れたモデルとなっております。

控え目と言っても最新スペックのパーツがアッセンブルされておりますので、もちろんこのままで乗り続ける事も出来ますし、少しずつカスタムをしていくことでどんどんバイクの性能を上げて行く事も出来ます。

フレームの性能が高いバイクを選んでおくことで、今後の発展を楽しみながら乗ることが出来そうですね。

山の中をひらりひらりと舞うように走る感覚を是非味わって頂きたいものです。

 

epicht (6)(1)

シートポストにはφ30.9mmを採用することで、ドロッパーポストにする事も出来ますので、

あらゆるところを走るのにはちょうど良いですね。

 

カーボンバイクがお手頃価格で手に入るという事でメーカー在庫は早くも品薄状態。

ご興味のある方は是非お問い合わせ下さい。


【スタッフライド】白馬岩岳 MTB PARK

2019年8月27日 火曜日

 

69052261_413140255973231_6898170295778017280_n(1)

連日の猛暑も落ち着いてきて1日通してスポーツバイクをガッツリ乗り込む方も増えたのではないでしょうか?

先日、系列店スタッフで『白馬岩岳MTB PARK』へ!!

少し雲が多めでしたが、それでも白馬の雄大な自然を感じられる絶景が要所で楽しめるあたりはさすが岩岳といった感じ。

MTBに乗り込んでいるスタッフや普段はロードバイクメインのスタッフも、ボリュームのあるコースを満喫。

69303826_883123078713462_6415721043234652160_n(1)

69369133_344498559762059_8653938976329039872_n(1)

ダイナミックなターンが連続するセクション

69223421_386618688714368_4953774227908984832_n(1)

森の中のフロウ感のあるシングルトラックなど。

常設コースならではのバリエーション豊かなコースプロファイルは丸1日遊んでも飽きることはありませんね!!

 

70012929_464292397635999_963826970875920384_n(1)

一日中走り回りダウンチューブ付近がかなり泥だらけ。

装着しているボトルにも容赦なく泥がつきます。

69256730_1840177656085047_7723541161847029760_n(1)

こんな時に役立つのがキャップ付きの『ELITE FLY MTB ボトル』キレイな飲料でストレスフリー。

泥だらけの車体をとは裏腹に、コース途中のブレイクタイムを優雅なものにしてくれるアイテムです。

69211365_747372255733438_7327840529171873792_n(1)

時折、お互いのバイクを交換しながら走ります。

『KONA PROCESS 153 CR/DL 27.5』

上り下り問わずMTBのあらゆるシーンにおいて高いスペックが要求されるエンデューロバイク。

KONAのPROCESSシリーズのカーボンモデルです。

高剛性かつ低重心なリンク回りの設計は、岩岳のハイスピードセクション、テクニカルなシングルトラックで抜群に活きます。

足回りのチョイスさえ間違わなければ、ウェットコンディションでも臆することなくライディングを楽しめます!!

 

こちらのPROCESSシリーズのアルミモデルが当店にもお買得価格でラスト1台ございますよ。

process_kona (2)

■KONA PROCESS 153 29 Mサイズ 

メーカー価格 ¥320,000-(税抜)⇒ 在庫限りの特別価格

 

 

process_kona

■KONA PROCESS 153 27.5 Sサイズ

メーカー価格 ¥320,000-(税抜)⇒ 在庫限りの特別価格

 

さらにSPECIALIZEDのオールラウンドバイクSTUMPJUMPERも在庫がございます。

PROCESSシリーズよりは少しだけストロークが短めなので、トレイルライドでも活躍してくれます。

IMG_3010(1)

■SPECIALIZED STUMPJUMPER COMP ALLOY 29 Mサイズ 

メーカー価格 ¥320,000-(税抜)

 

在庫の確認などはお気軽にお問い合わせ下さい。

どのバイクもかなりの人気モデルの為、売り切れの際は何卒ご容赦ください。


【イベントレポート】初めてのMTB常設コースデビュー

2019年8月10日 土曜日

先日行いましたMTBイベントレポートです。

当日の天候は文句なしの青空。標高が少し高いとはいえこれだけの天気となるとやはり暑かった!

ただ、湿度が低い分気持ち良いですね。富士山の雪もすっかり解けて夏の装いとなっておりました。

IMG_20190804_0842121(2)

今回のテーマは初めての常設コースデビュー。

単純にコースを走るのも良いですが、いつもロードバイクで走り込んでいる方たちのために、午前中は登りも楽しめるグラベルライドからスタートです。

 

68704293_2476579579284318_1315383633330044928_n(1)

軽自動車が通れるくらいの道幅を緩やかに下ったり、時にはグイッと登ったり自然の中を駆け巡って参りました。

グラベルの登りではロードバイクとは違い、いかにトラクションをかけ続けて登っていくかがポイント。

重心の位置がずれるとたちまちグリップ力が失われて、ズルッとタイヤが空転して進めなくなってしまいます。

 

フロントタイヤが浮かないように押さえながらリアタイヤにトラクションをかけ続ける。

ロードの登りでは全く意識をしたことが無いかもしれませんがこれがなかなか難しいんですよ。まさにグラベルライドでなければ体験できないようなことですよね。

 

67871294_359953001338161_1008574233678184448_n(1)

下りのチャレンジポイントではどのラインを通ると行けるのか。その時の重心のかけ方はどの様にしたら良いのかなど、細かくレクチャーさせて頂きました。

一見するとボコボコで走る所が無いように見えてもコツさえつかめば不思議とラインが見えてくるんです。

 

67667464_506752083413595_8963151289923928064_n(1)

登りも下りも満喫したので皆様満足気な表情。

「大した距離を走ったわけではないけど疲労度がすごい」とポツリと呟いていたのはここだけの話です。

午後からは1日中コースを走っているファンライド組と合流し、無事常設コースデビューを果たしました。

 

67824079_2140013182793582_3449042778036633600_n

ファンライド組では10代パワーが炸裂。

親子でご参加頂きましたが、経験の少ない息子さんたち二人の方がアグレッシブに楽しんでいました。

初めてと言いつつドロップオフも難なく超えて驚きです。

やはり若さというのは何者にも勝るという事なのでしょうか!?

 

ご参加頂いた皆様お疲れ様でした。ありがとうございました。

 

 


今後のイベントは・・・

 

8月12日(月・祝) ROAD【ALL】GROVEおはようライド/8~12時ぐらい

8月18日(日) ROAD【初級】ビギナーカフェサイクリング/8~11時ぐらい

8月25日(日) ROAD【ALL】GROVEおはようライド/8~12時ぐらい

9月7日(日) ROAD 【ALL】富士チャレンジ200/要事前エントリー 締め切り間近


【PICK UP BIKE】SPECIALIZED STUMPJUMPER COMP ALLOY 29

2019年7月29日 月曜日

MTB好きの方の中にはジャンル別にバイクを複数台持っていることが割とあると思いますが、

これってご家族に理解されていないこともあるのでは??

日頃から肩身の狭い思いをしている方、1台でトレイルから常設コース、たまには街乗りだって出来ちゃうバイクがあれば解消できますよ。

 

stjp (2)

■SPECIALIZED STUMPJUMPER COMP ALLOY 29 Mサイズ

メーカー価格 ¥320,000-(税抜)

フロント150mm/リア140mmというストロークを持ちながら、登りもガンガン攻めて行く事の出来る万能バイクです。

 

stjp_1(1)

29インチの大径ホイールはギャップを難なく乗り越え、直進安定性と走破性に優れています。

タイヤは29×2.6というボリュームのある仕様なので、迷うことなくコーナーに突っ込んで行けそうですね。

リム・タイヤは共にTUBELESS READY。最初のカスタムとしてはチューブレス化+タイヤインサートで決まりです。

 

stjp (4)

フロントは元から29&27.5+のフォークですし、リアのクリアランスも最大で3.0インチまで入るので、プラス規格も問題なさそう。

という事は前後共27.5+のタイヤを履かせて独特の浮遊感のある走りを体感出来ますし、タイヤがより太くなりさらに安定感が増し、初心者の方でも安心してMTBデビュー出来ますよ。

 

stjp (1) stjp (5)

リアユニットは一般的なタイプを使用しているため、アフターで販売されているものにもアップグレード可能。

また、FLIP CHIPを採用し、BBハイトを6mmヘッドアングルで0.5°変換OK。

BBハイトやヘッドアングルを変えることでアグレッシブなライド向けにするのか、取り回しよいセッティングにするのかライダーの好みに合わせて調整が出来ます。

 

stjp (3)

■SPECIALIZED STUMPJUMPER COMP ALLOY 29 Mサイズ

メーカー価格 ¥320,000-(税抜)

サイズ感の確認などご不明な点はお気軽にお問い合わせ下さい。


1 / 1712345...10...最後 »