GIROシューズ 取り扱い開始しました

2019年3月11日 月曜日

カジュアルな服装にもマッチして、なおかつ機能性を併せ持ったビンディングシューズ。

そんな商品の存在を我々はずっと探していました。

そしてついに巡り合ったそのシューズ。

僕らが求めていたのはこれだったんです。

 

00100lPORTRAIT_00100_BURST20190309152731526_COVER(1)

そんなわけでGIROのシューズを始めました。

ヘルメットは以前から取り扱っておりましたが、シューズは今回が初となります。

 

カジュアルに履けるビンディングシューズはありませんかという問い合わせはよく頂くのですが、正直に言うとそれは僕らの不得手とする分野でした。

靴、特に自転車用の物というのは、見た目がカジュアルであったとしても、実用本位でなければ意味がありません。

自信を持ってお勧めできる商品というのは容易に見つけられるものではなかったのです。

 

GIRO

ある意味では物凄く高いハードル。GIROのシューズはそれをあっさりと越えてきました。

今こそ自信を持って言えます。

カジュアルなデザインでオススメのシューズはGIROですよと。

なぜならフィット感やソール剛性など、ビンディングシューズに必要なものがしっかりと備わっているからです。

 

今回入荷してきた商品の詳細は近日中にご紹介します!

どうぞお楽しみに。


2019 SPECIALIZED SEQUOIA ELITE

2019年3月5日 火曜日

レーシングスペックのロードでストイックに走るのはもう飽きた、もっと自由な遊びがしてみたい!

そんな方にはスペシャライズドのSEQUOIAをお勧めです。

 

2019_SEQUOIA

■2019 SEQUOIA ELITE (50size) ¥240,000 (税抜)

スペシャライズドのラインナップの中でもSTUMP JUMPERやALLEZと並ぶ歴史の長さを持つのがこちらのセコイア。

DIVERGEやAWOLなどのアドベンチャーバイクやROUBAIXのようなエンデュランスモデルも、源流を辿ればSEQUOIAに行きつきます。

そのような経緯があるので関係者の思い入れは随一。

スペシャライズドのラインナップの中では決して派手ではありませんが、開発チームの愛を受けながらモデルチェンジを繰り返してきました。

 

2019_SEQUOIA (3)

位置づけとしてはアドベンチャーロードとなるのですが、同ジャンルのDIVERGEがアグレッシブにグラベルを楽しむバイクだとしたらSEQUOIAは伝統的なツーリング車とロードバイクを融合させたようなイメージ。

フレームは頑丈でしなやかなクロモリパイプを使い、FUTURE SHOCKはあえて未採用。

フロントシングルや油圧ディスクブレーキ仕様も相まって、とにかく信頼性、耐久性に優れています。

 

ジオメトリがちょっと独特な所がこのバイクの楽しいところ。

DIVERGEよりは穏やかで、伝統的なツーリング車よりもロードに近い感じです。

ロードバイクから乗り換えた場合でも、走りだしてしまえば重たさを感じることは少ないと思います。

 

2019_SEQUOIA (6)

ハンドルがとても良いですね!

この手のバイクだと時には過剰なほどにワイドなハンドルがアッセンブルされていたりしますが、SEQUOIAのハンドルは上幅は標準的で下がワイドというもの。

舗装路ではロードに近いブラケットポジションでクルージングし、荒れた路面や下りでは下ハンを握って安定した走り、という使い分けが容易です。

 

2019_SEQUOIA (4)

サドルはスペシャライズドの定番MTBサドルのPhenomをベースにキャンバス地で仕上げたもの。

同じ質感のバーテープと合わさって洒落た雰囲気。

 

2019_SEQUOIA (7)

アスファルトから砂利道、トレイルまで楽しめそうなトレッドパターンのSAW TOOTHタイヤ。

そこに専用設計のHayfieldホイールの組み合わせ。

もちろんチューブレスレディ対応です。

 

2019_SEQUOIA (2)

前後にキャリアをつけてパニアバッグを提げてみたり、バッグ類をたくさんつけてパッキングスタイルにするのが王道だと思いますが、あえて素のままで乗るスタイルもありだと思います。

この秀逸なスタイリングはコンクリートジャングルの中でも埋没することはありません。

 

休日には近場の里山やサイクリングロードのダート等を走って、適当な所でコーヒーを淹れる。

トレーニングに疲れてしまったら、そんな時間を作ってみても良いのではないでしょうか。


【イベントレポート】スキルアップスクール開催致しました。

2019年1月29日 火曜日

IMG_3108(1)

前日に寒気が流れ込み寒さが予想される中、当日になってみればポカポカ陽気の27日(日)にスキルアップスクールを開催致しました。

初参加の方もリピートの方も一緒になって基本から練習をしていきます。もちろんテーマは「止まる」「曲がる」「バランスを取る」の3点です。

IMG_3116(1) IMG_3114(1)

何度もご参加頂いている方はメキメキと上達している様子も見えてこちらとしても嬉しいです☆

初めはぎこちなかった動きもありましたが、更にスムーズに更に安全にコントロールできるようにスキルに合わせて様々なアドバイスをさせて頂きました。

IMG_3106(1)

基本練習に終わりはありません。どんどん練習して安全にコントロールできるように頑張りましょう!!

 

------------------------------------

次回以降のイベントは

2月3日(日)    ビギナーカフェライド (ROAD)

2月10日(日)   GROVEおはようライド (ROAD)

同日開催     DAIKI CLINIC in MGM × YAMABUSHI TRAIL TOUR (MTB)

2月17日(日)   ROAD乗りだらけのMTBデビューイベント (MTB)

2月23日(土)   ビギナーカフェライド (ROAD)

2月24日(日)   大磯クリテリウム第四戦参戦 (ROAD)

 

参加ご希望の方はご連絡をお願い致します。

※当店で自転車をご購入頂いた方を優先でご案内させて頂いております。予めご了承下さい。

 

 


BRUNO MINIVERO20 ROADをブルホーン化しました

2019年1月28日 月曜日

ブルホーンバーってカスタム心をくすぐる何かがありますよね。

 

minivelo20 road  (3)

そんなわけで店頭の在庫車体をブルホーン化してみました。

今回のベース車体はBRUNOのMINIVELO20 ROAD DROPです。

 

minivelo20 road  (4)

BRUNOのドロップハンドルモデルの中でも人気のある車種ですが、今回はその中でもWORLD TRAVELLERというモデルをチョイス。

ご覧のようなBROOKSの限定サドルがインストールされたモデルです。

このサドルはB17SELECTサドルにスペシャルグラフィックを施したもの。

B17と言えば100年以上にわたってリアルツーリストたちに愛され続けてきたBROOKSの永遠の定番。

時間の大小に関係なく、自転車に乗るという行為を「旅」と位置づけているBRUNOにピッタリのサドルではないでしょうか。

 

minivelo20 roadminivelo20 road  (2)

ハンドルを変える前の標準状態はこんな感じ。

写真ではバーテープが巻かれていませんが、黒の布テープが付属しています。

ツーリング車っぽい雰囲気の幅広ドロップハンドル、もちろん悪くないのですが・・・

 

minivelo20 road  (5)

幅400mmのブルホーンバーに変えると雰囲気が引き締まります。

街乗りならこっちの方が使いやすいかも?

 

minivelo20 road  (7)

ハンドルは日東のRB-010を使いました。

スレッドステムに通しやすい緩やかな曲げといい、深すぎない絶妙な落差といい、まさに傑作と呼ぶのにふさわしいブルホーンバーです。

サイズ感もミニベロにはちょうどいいと思います。

 

ブルホーン化で悩ましいのはブレーキレバーとシフターのチョイスですが、今回は元々ついていた物を流用しました。

ダイアコンペのギドネットレバーとブルホーンの組み合わせ。

なかなか良い味出していると思いますがいかがでしょう?

 

minivelo20 road  (6)

ちょっとした遊び心でエンドキャップをBROOKSのコルクキャップにしてみました。

ワインを飲み切れなかった時にも使える優れもの(?)です。

輸入代理店によると在庫限りで終了との事だったので、店頭在庫用に少量仕入れました。

欲しい方はお早めに。

 

今回のカスタム費用は下記の通りです。(全て税抜)

BRUNO MINIVELO20 ROAD WORLD TRAVELLER・・・¥92,000-

NITTO RB-010・・・¥4,000-

GIZA PRODUCT Super Light PU Bartape・・・¥1,500-

BROOKS END CAP・・・¥600-

 

ハンドルとバーテープとエンドキャップしか変えていないので経済的なカスタムになりました。

今回のカスタムバイクは店頭に展示していますので、ご興味のある方は是非ご覧になって行ってください!


本年もご愛顧頂き誠にありがとうございました。

2018年12月30日 日曜日

IMG_3068(1)

2018年もたくさんの皆様にご来店頂き誠にありがとうございました。

走り納めもトラブル無く笑顔で終わることが出来ました。

IMG_3040(1) IMG_3045(1) IMG_3039(1) IMG_3043(1)

自転車という共通の趣味が多くの方々をつなぎ合わせ

支え合い、楽しみを生み出しているのかと思います。

IMG_3067(1)

皆様に『ありがとう』と言って頂ける瞬間がスタッフとしては一番の喜びです。

2019年も一人でも多くの方が笑顔で楽しくいられるようお祈り申し上げます。

良い年をお迎えください。

GROVE鎌倉スタッフ一同

 


年末年始 営業のご案内

2018年12月22日 土曜日

20181116 TdO (16)

平素、GROVE鎌倉をご利用いただきまして、誠にありがとうございます。

2018年も残すところあと僅かとなってきました。

お正月のご予定はもう決まりましたか?

さて、年末年始 営業日のご案内です。

2018年

12月26日(水) 定休日

12月27日(木) 年末特別営業 10:00~19:00

12月28日(金) 通常営業   10:00~19:00

12月29日(土) 年内最終営業 10:00~19:00

12月30日(日) 走り納めイベントの為 休業

12月31日(月) ~ 2019年1月3日(木) 年末年始休業

1月4日(金)  年始営業開始 10:00~19:00

 

12月30日(日)は走り納めイベントの予定となっておりますが、

万が一雨で中止となった場合には、10:00~17:00で営業となります。

自転車の修理、メンテナンスなどのご依頼は

作業内容によって年明けのお渡しになる場合がございます。

予めご了承下さい。

皆様のご来店をお待ち致しております。


【イベントレポート】スキルアップスクール

2018年11月25日 日曜日

IMG_20181124_082238(1)

少しずつ冬の足音が聞こえてきましたね。寒い季節になると空気が澄んで景色が遠くまで眺められます。

開催場所からは江ノ島と富士山がコラボ―レーションでお出迎えしてくれました♪

さて、先日行いましたスキルアップスクールのレポートです。

IMG_2941(1)

スクール内容は初回から変わらず『止まる』『曲がる』『バランスを取る』基本に立ち返りレクチャーをさせて頂きました。

安全に止まるには身体をどのように動かすべきなのか。重心をどこに持って行くべきなのか。いつもは気にしていない様な事でも仕組みを理解して染み込ませることが重要なのです。

身体に染み込んで初めて咄嗟の時に役立ってくれます。

IMG_2942(1)

参加した方から出る言葉はいつも決まって「なるほどそういう事だったのか !」という言葉です。

何気ない気付きが上達の一歩。基本の練習は初心者の為の物では無くて自転車に乗る人すべてに必要なスキルです。繰り返し練習してどんどん上手くなりましょう!!

 

今後のイベント情報は

初級者向け STEP UPスクールライド 12月8日(土) / 23日(日)

中級者向け GROVEおはようライド   12月2日(日) / 15日(土)

参加ご希望の方はお手数ですがご連絡をお願い致します。

皆様のご参加をお待ち致しております。

※当店にて車体をご購入頂いた方を優先とさせて頂いております。


プレミアムアーバンバイクという選択肢~SIRRUS X COMP CARBON~

2018年11月4日 日曜日

スペシャライズドのシラスと言えば、クロスバイクの元祖的存在として長い歴史を持つ人気モデル。

SPORTグレードあたりは街中でも目にする機会が多いですが、それとは一線を画す高性能モデルの存在をご存じですか?

本日はそんなSIRRUSシリーズのフラッグシップ、SIRRUS Xをご紹介!

 

IMG_7535(1)

■2019 SPECIALIZED SIRRUS X MEN COMP CARBON ¥180,000 (税抜)

Fact 9rのフルカーボンフレーム、ギッチリと詰め込まれた最新スペックのパーツ群。

クロスバイクと言うカテゴリに当てはめるのが勿体ない感じさえします。

例えるならスポーツカーではなくて高級セダン。

ロードやマウンテンに由来するテクノロジーを多く備えていますが、それらは早く走るためだけでなく、快適なアーバンライドのために向けられています。

 

IMG_7550(1)

SIRRUSシリーズの中ではXにしか搭載されていないギミックがこの「FUTURE SHOCK」です。

ヘッドチューブ下に20mmトラベルのサスペンションを設けることで、路面からの振動を吸収し、快適でなめらかな走りを実現します。

ご存じの通りエンデュランスロードであるROUBAIXが初出の技術ですが、SIRRUS Xの主戦場となる街乗りでもその威力は存分に味わえることでしょう。

 

IMG_7547(1)

ブレーキはシマノのアーバン向けグレードの油圧ディスクを採用しています。

ホイールは前後共スルーアクスルで油圧ディスクの制動力をしっかり受け止めてくれます。

 

IMG_7548(1) IMG_7549(1)

ドライブトレインはフロントシングルに強いSRAM製の1×11速です。

フロントダブルの方がギアのバリエーションは増えますが、街乗りでは極端に軽いギアや重いギアはさほど必要ではないので、操作が簡単なフロントシングルは最適解と言えるのではないでしょうか。

チェーンが外れたり絡まったりといったトラブルも劇的に少なくなります。

 

IMG_7544(1)

タイヤは700×38cと太めで安定感高し。

舗装路での軽快感をスポイルしない程度のブロックタイヤです。

ちょっとしたオフロードなら問題無く入っていけるでしょう。

 

IMG_7528(1)

気になる重量はこちら。Mサイズで驚きの10キロ切りです!

フロントシングルとは言え、ブロックタイヤやFUTURE SHOCKユニットがついてこの軽さは素晴らしいと思います。

クロスバイクとは思えない軽さで組んでいる時に感動してしまいました。

 

IMG_7539(1)

ベーシックなクロスバイクでは物足りない、ちょっといい自転車に乗りたい・・・

でもロードバイクの様な本気車じゃなくていいと思っている方は多いのではないでしょうか。

SIRRUS Xはまさにそんな方の為の自転車です。

街中を軽やかに駆け抜け、時にはちょっとしたスポーツ走行やアドベンチャーライドはいかがでしょう。

毎日の生活に素晴らしい刺激が加わりますよ。


カスタムをもっと身近に!~BRUNO MIXTE編~

2018年10月8日 月曜日

皆様三連休はいかがお過ごしでしたか?

天気も良かったので、秋の行楽にお出かけされた方も多かったのではないでしょうか。

一方我々はBRUNOのニューモデルの組み立てに追われておりました。

IMG_7409(1)

大急ぎで店頭に並べたバイク達の中から、早速MIXTE 20のターコイズカラーが一台婿入りして行きました。

今回は昭和インダストリーのウッドラック深型、純正マッドガード、純正リアキャリアの装着をご用命頂いたのですが、これがまぁハマっている事。

カゴとフェンダーを定番のシルバーではなくブラックで統一したのが勝因でしょうか。

U様、この度はありがとうございました。

 

泥除けやカゴは実用性ももちろんですが、ドレスアップ的にも効果大。

特殊な規格を採用せず、オプションパーツが豊富なBRUNOのバイクはカスタムのベースとして最適です。

そんな感じの作例を一台、店頭展示用として作成してみました。

 

IMG_7416(1)

IMG_7415(1)

ベース車体はやっぱりMIXTE 20。

カラーは人気のレッドで。

 

IMG_7418(1)

まずはハンドルを純正のストレートハンドルからプロムナードバーに交換。

ゆったりとクルージングするのに向いているハンドルバーです。

 

IMG_7419(1)

ハンドルに乗せたライトはCATEYEとMAWAREのコラボ製品です。

MAWAREは自転車関係のレザーアイテムを手掛ける横浜のハンドメイドブランド。

高品質なイタリアンレザーの質感を損ねる事のない仕上げはまさにクラフトマンシップそのもの。

 

IMG_7420(1)

冒頭のMIXTEは深型・ブラックのウッドワイヤーラックを付けさせて頂きましたが、同じ昭和インダストリーのラックでもこちらは浅型・ホワイトで。

このアイテム、オフィシャルパーツなんじゃないのと思うくらいBRUNOの雰囲気にぴったりなのですが、いつのまにか本当に純正オプション扱いになっていました。

カゴが白なのでブレーキやシフトのアウターケーブルもホワイトに変えてあります。

 

IMG_7423(1)

ペダルもちょっぴり高級感のある物にグレードアップしてみました。

見た目もそうですが、ベアリングの回転がなめらかなので漕いだ時の快適さが結構変わってきます。

 

IMG_7424(1)mixte_flat_color03

標準状態と比べていかがでしょうか。

ちなみに今回のカスタムに必要な費用は2万円程でした。

 

IMG_7426(1)

必ずしも高価なパーツを付けなければいけないということは全くありません。

ですが、ちょっとしたカスタムをするだけで世界で一台だけしかないバイクを作る事だって可能です。

日常の足として使う自転車だからこそ、より愛着を注いでいけるような一台に仕上げてみませんか。

そうした自転車に乗ることは、間違いなく日々の暮らしを豊かにしてくれることでしょう。

 

店頭ではコミューターバイクや街乗りバイクを中心にカスタムバイクを展示しています。

カスタムのご相談も随時承っておりますので、お気軽にスタッフまでお尋ねください。


【GROVE鎌倉オススメブランド『MARIN』】バイクパッキングからお洒落なストリートバイクまで!

2018年10月6日 土曜日

20181005 MARIN (1)

常設MTBパークを堪能できる本格マウンテンバイクや遊びのツールを積載して、のんびりとツーリングを楽しむアドベンチャー系バイクを得意とするブランド“MARIN”

先日メーカーホームページが更新され2019年モデルが公開となりました!!

20181005 MARIN (12)

■NICASIO SE ¥75,000-(税抜)

人気の日本限定仕様のストリートバイクNICASIO SEにはNAVYカラーが仲間入り。

実車はもう少しディープパープル寄りな色でストリートで映えます!

ハンドルやシート周りを自分好みにカスタマイズするとより一層カッコいいバイク。

20181005 MARIN (1)

■NICASIO RC ¥109,000-(税抜)

2019年新作モデル。「NICASIO SE」をベースにハンドル形状の変更やフェンダーが追加され湘南エリアにピッタリのクルージングスタイルに。

20181005 MARIN (5)

実はフレーム形状も変更されています。内装8速仕様になり錆にも強いタフな仕様になっているのがポイントです。

20181005 MARIN (11)■DONKY SE ¥90,000-(税抜)

“全国のお父さんに向けた最高にカッコいいバイク”がコンセプトのDONKY SE。

20181005 MARIN (6)

極太タイヤに負けない強靭な極太キャリアを標準装備で見るからにタフ。

ウッドラックやサイドバッグを付けてカスタムするとカッコ良さそうですね!

20181005 MARIN (7)

■FOUR CORNERS ¥116,000-(税抜)

最も旬なカテゴリー「バイクパッキング」にピッタリのベースバイクFOUR CORNERSは2019年も継続です。

20181005 MARIN (4)

ご自身の楽しみ方に合わせたパッキングスタイルでアドベンチャーライドを楽しめます。

ちょっと太めのタイヤで未舗装路でも臆することなくライドできます。

頑丈なクロモリフレームは前後キャリア装着可能で目一杯キャンプ道具を積載した長距離ツーリングにも◎

20181005 MARIN (2)

■SAN QUENTIN-2 ¥169,000-(税抜)

軽量で硬すぎないアルミフレームに130mmストロークのフロントサスペンション。

最新のブースト規格を採用したハードテールMTB。

ふじてんライドや、これから始まるトレイルシーズンを楽しむには必要十分なスペックが装備され初めてのMTBに最適なバイクです。

20181005 MARIN (9)

■ALCATRAZ SE ¥150,000-(税抜)

常設コースシーズンが終わると、めっきり乗らなくなってしまうそこのアナタ☆

今年の冬はALCATRAZでスキルアップ目指してみませんか?

クリエイティブな映像と超トリッキーなライディングスタイルが魅力のライダー「MAT JONES」のシグネイチャーモデルです。

センスの良いパーツアッセンブル。バランスの取れた数少ないダートジャンプ系完成車です。ちなみに完成車販売は日本限定。フレームONLY ¥60,000-(税抜)の展開もございます。

実は前々からMAT JONESファンのスタッフは早速1本オーダーしております。笑

上記モデルは続々入荷予定。

“楽しく”カッコ良いバイクを提唱し続けるMARINは今年も要チェックです!!