【新着入荷速報】SPECIALIZED EPIC HARDTAIL

2019年9月9日 月曜日

xcrace (2)

今やMTBのクロスカントリーレースでは登りもさることながら、下りであってもハードなセクションが当然のごとく出てくるようになりました。

その為、ライダーはより軽く・より速く・より安定した走りを求めるようになっていきます。

 

91320-01_EPIC-HT-SW-CARBON-SRAM-AXS-29-DOVGRY-RKTRED-CRMSN_HERO(1)

どのようにして安定感のある走りを生み出すか。SPECIALIZEDの答えはヘッドアングルをやや寝かせ、リーチを長くとること。

ただそれだけにとどまらずホイールベースは短くとることでハンドリング性に優れ、重心位置は常に中心に置く事ができ、コントロール性の向上を手に入れる事が出来ました。

市販フレーム最軽量級とも言われる最上位グレードのS-WORKS EPIC HTはフレーム重量がなんと775g。

完成車重量としても8kg台と驚きの重量。

 

コントロール性の向上による安定感と圧倒的な軽さの相乗効果でEPIC HTはまるで宙を舞うように走ることが出来ます。

 

epicht (10)(1)

■SPECIALIZED EPIC HARDTAIL Mサイズ Satin Black / White

メーカー価格 ¥220,000(税抜)

今回入荷しましたのは、名を同じくする下位グレードとして位置づけられるこちらですが下位グレードと侮るなかれ。

フレームはS-WORKSには及ばずともEXPERT・COMPグレードと同じくFACT 11mを採用しており、その重量はなんと915g。完成車重量も11kg台とMTB全体で考えると軽量バイクと言っても過言ではありません。

 

epicht (4)(1)

コンポーネントのグレードをあえて控え目にする事で全体的なコストを抑えたバランスの取れたモデルとなっております。

控え目と言っても最新スペックのパーツがアッセンブルされておりますので、もちろんこのままで乗り続ける事も出来ますし、少しずつカスタムをしていくことでどんどんバイクの性能を上げて行く事も出来ます。

フレームの性能が高いバイクを選んでおくことで、今後の発展を楽しみながら乗ることが出来そうですね。

山の中をひらりひらりと舞うように走る感覚を是非味わって頂きたいものです。

 

epicht (6)(1)

シートポストにはφ30.9mmを採用することで、ドロッパーポストにする事も出来ますので、

あらゆるところを走るのにはちょうど良いですね。

 

カーボンバイクがお手頃価格で手に入るという事でメーカー在庫は早くも品薄状態。

ご興味のある方は是非お問い合わせ下さい。