【CANNODALE新型3モデルに早速試乗!!】CAAD13

2019年7月23日 火曜日

新型SuperSix EVOに続きCAAD13もテストライドをさせて頂きました。

先代モデルであるCAAD12でも充分金属フレームとは思えない程の軽量さとスムーズで抜群の乗り心地。

「最新規格へのディスクブレーキ化以外にまだ進化できる所があるのか??」

ルートや路面コンディションはEVOと同じ。単純に“EVOとの乗り比べ”という意味でもどこまで違うのかワクワクしながらのスタートでした。

20190719 CAAD13 (7)

「13」

不吉な番号と言われるこの数字は欠番になる事も多く、自転車レースで「13」に当たる選手はジャージのゼッケンを逆さまに付けて走る姿もあったりします。

「アルミニウムの原子番号が13」

アルミフレームのパイオニアであるCANNONDALEはこの番号を「ラッキーナンバー」として特別な気持ちで開発がスタートしたそうです。

20190719 CAAD13 (1)

■CANNONDALE CAAD13 Disc Force eTap AXS ¥590,000-(税抜)

今回試乗させて頂いたのはフラッグシップモデルであるSRAM eTap仕様のCAAD13。

つまりはCANNONDALEがCAAD13でやりたかった性能が全て引き出されたモデルでもあります。

シャンパンゴールド色のフレームとNEWロゴが相性良くとても上品なルックスですね。

20190719 CAAD13 (10)

EVO同様に長めのヒルクライム。淡々と登り続けた後に平坦&下りの高速セクションが現れます。

一言で言って「とんでもなく良いアルミバイク」

乗り出してすぐに体感できるレベルで進化を遂げています。

20190719 CAAD13 (4)

今までの“SAVE”形状は影を潜め、全く違う形へと進化。

代表的な部分がこのリアバックです。EVOやTOPSTONE CARBONと同じくシートチューブを積極的に“しならせる”構造へと変化をしています。

その“しなやかさ”はSYNAPSE CARBONに迫る数字なんだとか。

通りでシルキーな乗り味なワケで、アルミフレームである事を忘れてしまう程。

45mmハイトのKNOTカーボンホイールがエアロ化されたフレームと相性が良く、ハイスピードの伸びがまるで違うと感じました。

20190719 CAAD13 (9)

大幅な形状変更はエアロ化が進むだけでなくこんな所も。

アルミフレームにも関わらずシートクランプが見当たりません。

20190719 CAAD13 (5)

EVOやSYNAPSE同様シートチューブ内側より固定するタイプへなりました。

より一層シートポストの“しなり”を生かせるシステムとなっています。見た目もスタイリッシュ。

20190719 CAAD13 (2)

20190719 CAAD13 (6)

28cタイヤがアッセンブルされてきます。

エアボリュームがあり乗り心地&トラクションが抜群。

DISC仕様モデルでは30cまで対応できるようなので様々なシチュエーションに対応でき、楽しみの幅が広がりますね!

フェンダーを取り付けられるダボ穴があり雨の日のトレーニングに使うセカンドバイク、または通勤バイクとしても超優秀です。

20190719 CAAD13 (8)

さすがに切れ味はEVOに勝る事はありませんが「本当にアルミフレームなのか」と疑う程ポテンシャルの高いバイクです。

アルミフレームの可能性を極限まで高めた「CAAD13」

CANNONDALEの本気度がひしひしと伝わって来る名作です。

 

2019夏キャン

日頃のご愛顧への感謝を込めてサマーキャンペーンを開催中!!

大変ご好評頂いたショッピングローン無金利キャンペーンを始め、最新モデルやグッツがお得!!

是非この機会をお見逃しなく☆