更なる進化を遂げてついに登場!! ALL NEW 『SUPERSIX EVO』

2019年6月29日 土曜日

20190629 NEW SUPERSIX EVO (13)

「超軽量、高剛性かつ快適なライドフィール」

2011年にデビューした初代SUPERSIX EVOは世界中に衝撃を与えました。

二代目では各システムを更に見直しトータルでの戦闘力を上げマイナーチェンジ。

そして2020年、SUPERSIX EVOは大きくフォルムを変えフルモデルチェンジを発表しました。

20190629 NEW SUPERSIX EVO (1)

細身でシンプル。美しいフォルムはどこかEVOらしさを残しつつ全てをアップデート。

ブランドロゴは全てのモデルがトップチューブに配置されシンプルなグラフィックとマッチしてとても上品なルックスです。

20190629 NEW SUPERSIX EVO (17)

上位グレードのHi-Modフレームモデルには新型のハンドルバーが装備されてきます。

「このハンドルどこか見覚えがあるような…」

そうです。新型SYNAPSEと同時開発していたSAVEハンドルが更なる改良が加えられ、満を持して登場しました。

CANNONDALEが持つフレーム作りのノウハウが注ぎ込まれたこの「HollowGram SystemBar 」

エアロ性能に優れ、そして高い快適性を持ちます。

20190629 NEW SUPERSIX EVO (14)

SYSTEMSIXと同じくDISCブレーキ+Di2シフトの場合にはケーブルが完全内装化が可能となります。

20190629 NEW SUPERSIX EVO (18)

丸パイプ形状だったチューブはエアロ性能アップの為、カムテール形状へ。

新型SUPERSIX EVOが目指したのは先代の「軽量・高剛性・快適性」はそのままに「エアロ」を追加し最速のオールラウンドバイクを作るというコト。

高いエアロ性能を求めると、やはりリアトライアングルはコンパクトにするのがベストのようですね。

注目したいのは各パイプの“メリハリ”

タテヨコの扁平と強弱のついたパイプは長く培ったSAVEテクノロジーが生きているに違いありません。

早く乗ってみたい。。。

 

ラインナップは下記の通りです。

DISCブレーキに流れが傾いている昨今のロードバイクではありますが、

RIMブレーキモデルも展開してくれるのは嬉しい限りですね☆

■SuperSix EVO Hi-Mod Disc Dura Ace Di2 ¥1,050,000 (税抜)

 

■SuperSix EVO Hi-Mod Disc Ultegra Di2 ¥795,000 (税抜)

 

■SuperSix EVO Hi-Mod Disc Dura Ace¥720,000 (税抜)

 

■SuperSix EVO Carbon Disc Force eTap AXS ¥595,000 (税抜)

 

■SuperSix EVO Carbon Disc Ultegra ¥390,000 (税抜)

 

■SuperSix EVO Carbon Ultegra 2 ¥280,000 (税抜)

 

■SuperSix EVO Carbon Disc 105 ¥260,000 (税抜)

■SuperSix EVO Carbon 105 ¥220,000 (税抜)

 

第一便入荷はもう間もなく!!

今から入荷が楽しみで仕方ありません♡