カジュアルSPDシューズの新定番!GIRO REPUBLIC R KNIT

2019年4月26日 金曜日

先日顔見せ程度にご紹介したGIROのニットシューズが大好評なので改めてご紹介。

高いフィット感でランニングシューズ界で採用例が増えているニット素材ですが、自転車のビンディングシューズにだって当然合うに決まってます。

ゆるポタ派の方だけでなく、コーディネートに余念のないライダーなら絶対にチェックするべき逸品です!

 

GIRO REPUBLIC KNIT R

■GIRO REPUBLIC R KNIT ¥18,200

いやー絵になるシューズですね。

カジュアル系シューズは他にもありますが、こんなに垢抜けたデザインなのはGIROくらいじゃないでしょうか。

もちろんカッコイイというだけじゃなく、表面に撥水処理がしてあったり、つま先やカカトにはゴム素材を使って耐久性を高めたりと、実用性とパフォーマンスを重視するGIROらしい気遣いが随所に見られます。

 

GIRO REPUBLIC KNIT R (3)

何よりもこのシューズの優れている点はフィット感です。

一般的な樹脂アッパーを使用したシューズに比べ、伸びが良くて柔軟にフィットするのがニット素材の良いところ。

ダイヤル式ではなく、シューレースを採用しているのもフィット感に拍車を掛けます。

足の形が多少幅広だったり甲が高かったりという方も、このシューズなら行けちゃうことが多いです。

見ての通り、光が透けて見えるくらい通気性も抜群。蒸れにくさは正義!

 

GIRO REPUBLIC KNIT R (2)

SPD-SLではなくSPD対応なんです、このシューズ。

ペダリングという観点から見ればSPD-SLの方に分がありますが、街乗りなら歩きやすいSPD一択でしょう。

アウトソールもよくあるゴツい感じではなく、舗装路を歩くためのスマートな造りとなっています。

 

00100lPORTRAIT_00100_BURST20190409122905393_COVER

合わせるペダルはシクロクロッサーから高い支持を得るクランクブラザーズのエッグビーターなんていかがでしょう。

小ぶりなボディでバイクのルックスがスッキリ引き立ちますし、押して歩いている時もスマート。

4面でキャッチでステップインがしやすい、外す時もさほど力が必要無いという点もビンディングビギナーの方にオススメしたいポイント。

グレードによって値段はピンキリですが、写真のEGG BEATER1は税抜7,260円とリーズナブルです。

 

GIRO REPUBLIC KNIT R (4)

青の他に黒もございます。

良さそうだなと思った方は是非実物をご覧にいらして下さい!

もちろんご試着もして頂けますよ。

現在開催中の店内商品ポイント還元キャンペーンの対象でもありますので、是非この機会に。

 

S.C._1169×826

☆★春のサイクルライフ応援キャンペーン開催中!!4月29日まで★☆