BRUNO MINIVERO20 ROADをブルホーン化しました

2019年1月28日 月曜日

ブルホーンバーってカスタム心をくすぐる何かがありますよね。

 

minivelo20 road  (3)

そんなわけで店頭の在庫車体をブルホーン化してみました。

今回のベース車体はBRUNOのMINIVELO20 ROAD DROPです。

 

minivelo20 road  (4)

BRUNOのドロップハンドルモデルの中でも人気のある車種ですが、今回はその中でもWORLD TRAVELLERというモデルをチョイス。

ご覧のようなBROOKSの限定サドルがインストールされたモデルです。

このサドルはB17SELECTサドルにスペシャルグラフィックを施したもの。

B17と言えば100年以上にわたってリアルツーリストたちに愛され続けてきたBROOKSの永遠の定番。

時間の大小に関係なく、自転車に乗るという行為を「旅」と位置づけているBRUNOにピッタリのサドルではないでしょうか。

 

minivelo20 roadminivelo20 road  (2)

ハンドルを変える前の標準状態はこんな感じ。

写真ではバーテープが巻かれていませんが、黒の布テープが付属しています。

ツーリング車っぽい雰囲気の幅広ドロップハンドル、もちろん悪くないのですが・・・

 

minivelo20 road  (5)

幅400mmのブルホーンバーに変えると雰囲気が引き締まります。

街乗りならこっちの方が使いやすいかも?

 

minivelo20 road  (7)

ハンドルは日東のRB-010を使いました。

スレッドステムに通しやすい緩やかな曲げといい、深すぎない絶妙な落差といい、まさに傑作と呼ぶのにふさわしいブルホーンバーです。

サイズ感もミニベロにはちょうどいいと思います。

 

ブルホーン化で悩ましいのはブレーキレバーとシフターのチョイスですが、今回は元々ついていた物を流用しました。

ダイアコンペのギドネットレバーとブルホーンの組み合わせ。

なかなか良い味出していると思いますがいかがでしょう?

 

minivelo20 road  (6)

ちょっとした遊び心でエンドキャップをBROOKSのコルクキャップにしてみました。

ワインを飲み切れなかった時にも使える優れもの(?)です。

輸入代理店によると在庫限りで終了との事だったので、店頭在庫用に少量仕入れました。

欲しい方はお早めに。

 

今回のカスタム費用は下記の通りです。(全て税抜)

BRUNO MINIVELO20 ROAD WORLD TRAVELLER・・・¥92,000-

NITTO RB-010・・・¥4,000-

GIZA PRODUCT Super Light PU Bartape・・・¥1,500-

BROOKS END CAP・・・¥600-

 

ハンドルとバーテープとエンドキャップしか変えていないので経済的なカスタムになりました。

今回のカスタムバイクは店頭に展示していますので、ご興味のある方は是非ご覧になって行ってください!