CANNONDALE SystemSix Hi-MOD 入荷しました!

2018年12月2日 日曜日

キャノンデール初のエアロロードということで多大な注目を浴びている「SystemSix」。

店頭で見てみたいというリクエストを多数頂いていましたが、ついに入荷しました!

 

IMG_7908(1)

■SystemSix Hi-MOD ULTEGRA Di2 ¥790,000 (税抜)

エアロロードは平坦でしか本領発揮できない・・・そんなイメージは過去の物になるかもしれません。

FASTER EVERYWHERE、「どこでも速い」というキャッチフレーズが示すように、SystemSixは6%の勾配までならSUPERSIXより速いというとんでもないバイクです。

卓越したエアロダイナミクスがそれを可能としている訳ですが、これは少ない力でより速く走れる=楽に走れるということでもあります。

キャノンデールによれば時速30㎞巡航に必要なパワーを10%節約できるのだとか。

より速く走りたいと思っている方にはもちろんですが、エアロロードはレース機材だから自分には必要ないと思っている方にもお勧めしたい1台ですね。

 

今回の入荷はトップグレードのHi-modフレームにアルテグラDi2を装備したお買得感のあるモデル。

フレームとホイールは上位グレードと同じ物を使用しています。

 

IMG_7910(1)

IMG_7926(1)

このバイクで最初に目に入ってくるのは専用ホイールのHOLLOWGRAM KNOT64ではないでしょうか。

64mmのハイトに加え、最大32mmというワイドリム全盛の昨今にあっても極太のリム幅で迫力満点の一言に尽きます。

推奨幅である23cのタイヤを装着するとリムよりもタイヤが細くなり、空力的に理想の状態となります。

このホイール、実はHED社との共同開発なのだそうで、クオリティの高さは折り紙付きです。

 

IMG_7913(1)

SystemSixのもう一つの象徴と言えるのがステムとハンドル。

ステム高やハンドル角度を容易に調整できる上に非常にスマートなルックス。

SIロゴの入ったキャップを外すとネジ穴があり、ここに付属品のガーミンマウントを付けることが出来ます。

ホースやワイヤーを外部に露出させないというエアロロードの鉄則を守ったうえで作業性も確保してあって、この点は組立中に感心させられました。

他社のエアロロードに対してSystemSixが最も優れているのはこの部分かも知れません。

 

IMG_7922(1)

クランクにはPower2Max制のパワーメーターが付いています。

標準状態ではケイデンスの測定のみ可能で、ネット経由で有料登録することでパワーの測定が可能となります。

この点は「課金クランク」として物議を醸していたりするのですが・・・

追加料金はパワーメーターを別途購入するより安いですし、元々の車体価格には一切上乗せされていないということなので、個人的には悪くないと思っています。

校正不要、温度差補正つき、両足計測で誤差±2%という精度の高さやボタン電池一個で400時間という稼働時間など、パワーメーター単体としてみても優れたスペックを備えていると言えます。

何よりもPower2Maxは名のあるブランドですので安心感があります。

 

IMG_7917(1)

その他にもハンドリングの良さなど語りたいことは色々あるのですが、今日のところはこの辺で。

確実に言えるのは、特別なバイクだけが持つスペシャルなオーラをこのバイクは纏っているということです。

店内のお客様の誰もがこのバイクの前で足を止めることからも、その凄みがわかって頂けるかと思います。

 

現在開催中のウィンターキャンペーンにて、2019年モデルの完成車は通常よりもポイント還元率が高くなっています。

このバイクをご検討している方は、是非ともこの機会に。

 

18_W.C._1169×826

☆★ウィンターキャンペーン開催中!!12月24日まで★☆