2019 SYNAPSE CARBON DISC SE

2018年11月11日 日曜日

2018年モデルのエンデュランスロードで当店で一番人気だったのは、モデルチェンジしたばかりのキャノンデールのSYNAPSE CARBON DISCでした。

現代のディスクロードとしての必須条件を全て備え、しかも特殊なギミックには頼らずフレームのしなりで快適さを生み出す王道タイプのエンデュランスバイクです。

競合他社が色んな趣向を凝らす中で、あえて正攻法のフレームで真向勝負してくるあたりが皆様の琴線に触れるのでしょうか。

そんなSYNAPSE CARBON DISCの2019年モデルが入荷しています。

 

IMG_7572(1)

■2019 SYNAPSE CARBON DISC ULTEGRA SE ¥370,000 (税抜)

今回の入荷はアルテグラ完成車のSE、つまりスペシャルエディション。

通常のSYNAPSEよりもロングライドを楽しめるよう、要所要所がアップグレードされた特別バージョンです。

フレームカラーはTEALというなんとも美しい青緑で、このグレードの限定色となります。

 

IMG_7581(1)

通常のSYNAPSE CARBONとの違いその1、タイヤです。

ノーマルの28Cから30cへとワイド化しており、しかもチューブレスレディとなっています。

チューブレス仕様にすれば空気圧を下げても容易なことではパンクしなくなり、乗り心地の更なる向上も見込めます。

 

IMG_7585(1)

シートポストはキャノンデール乗り御用達のSAVEシートポストを装備。

意外なことにノーマル版のSYNAPSEにはSAVEポストはインストールされていません。

劇的に乗り心地が良くなるので、CAAD12やSUPERSIX EVOにお乗りの方も是非導入してみて下さい。

 

IMG_7582(1)

クランクもノーマル版のSiクランク+FSA製チェーンリングの組み合わせではなく、ホログラムSiクランクが装着されています。

極限まで軽量化された中空のアームに鍛造で一体成型されたチェーンリングなどキャノンデールの変態っぷり(誉め言葉)を満喫できる逸品です。

チェーンリングの丁数はホビーライダーには嬉しい50-34のコンパクトサイズ。

 

IMG_7584(1)

それに組み合わさるカセットは11-34の非常に軽いギア比となっています。

このワイドなギアなら登れない坂はありません。

同行者が音を上げている横を涼しい顔で走り去りましょう。

 

IMG_7586(1)

おまけとしてガーミンマウントが付属してきます。

先日ご紹介したFABRICのLUMARAYと組み合わせるとハンドル周りがスッキリしそうですね。

 

IMG_6711(1)

2018年モデルのSYNAPSE CARBON DISCも若干数ですが特価にてご用意可能です。

数に限りがございますので、ご興味のある方はお早めに。