【クリアランス情報】2018 TARMACシリーズ エントリーからハイエンドまで!

2018年10月26日 金曜日

初心者・経験者を問わず、ロードバイク選びに悩んだらこれを選べば間違いない!というモデルはいくつかあります。

SPECIALIZEDの代表的な製品であるTARMACはその一つですね。

本日はそんなTARMACシリーズの店頭在庫からクリアランス対象の2018モデルをご紹介します。

 

IMG_7471(1)

■TARMAC MEN (49サイズ) 30%OFF!!

¥175,000 → ¥122,500 (税抜) + 更にポイント還元!

上位モデルのTARMAC SPORTやELITEなどと同じSL4世代のフレームを使用し、メインコンポーネントをティアグラにすることでコストを下げたモデル。

現行のTARMACもそうですが、このSL4も現役時代はビッグタイトルを獲りまくり、スペシャライズド=常勝のイメージを確立しました。

そんな一時代を築いたフレームの血統を継ぐだけのことはあり、TARMAC SL4はスペシャライズドのラインナップ中でも屈指の販売台数を誇るロングセラーモデルです。

素性の確かなカーボンフレームをお値打ち価格で手に入れたい方はこれで決まりでしょう!

 

IMG_7477(1)

このカラーはあのペテル・サガンが所属するボーラ・ハンスグローエチームのレプリカカラー。

どうしてもっと上のグレードでも出してくれないんだ!と思うほどスタイリッシュなカラーリングです。

ルックス面でもこの価格帯では白眉と言えるでしょう。

 

続いてはこちら。

IMG_7461(1)

■TARMAC MEN COMP (54サイズ) 30%OFF!!

¥320,000 → ¥224,000 (税抜) + 更にポイント還元!

TARMACの中ではミドルグレードにあたるTARMAC COMP。

無印 → SPORT → ELITE → COMP → EXPERT → S-WORKSといった具合に出世していきます。

 

2018年モデルのCOMPフレームはSL5世代となっており、ELITE以下のフレームとは設計思想から異なります。

いかに硬くて速いフレームを作るかではなく、負荷のかかる部位とかからない部位を見極め、必要な場所に必要な強度とボリュームを盛り込み、更にサイズごとに設計を最適化するライダー・ファーストエンジニアードという技術が導入されました。

結果としてライダーへの負担が減り、どんなレベルのどんな体格のライダーも満足できる仕上がりとなっています。

COMPグレードでは現行の8000系アルテグラを装備し、スペック面でもパフォーマンス高し。

 

IMG_7469(1)

このフレームはメタリックホワイトシルバーというカラーですが、その名の通りちょっと金属的な質感があります。

写真ではなかなかうまく表現できないのですが、非常に高級感がある色合いですので是非実車をご覧になって頂きたいですね。

 

そして真打はこちら!

IMG_7481(1)

■S-WORKS TARMAC MEN フレームセット (52サイズ) 30%OFF!!

¥450,000 → ¥315,000 (税抜) + 更にポイント還元!

SOLD OUT!

泣く子も黙るS-WORKS TARMAC。ディスクではなくリムブレーキ版というところがポイントです。

滑らかさとバランスを重視したSL5から更に進化し、軽量化と空力性能の向上をも実現したのがこのSL6世代のTARMAC。

性能、実績共に当代最高のレーシングフレームの一つです。

 

スペシャライズドに限らず、北米系のロードバイクは猛烈な勢いでディスクブレーキへの転換が進んでいます。

今後はリムブレーキのハイエンドフレームは手に入り辛くなってくるのは間違いありませんので、手持ちのパーツを使ってハイエンドを組みたいと思っている方はこれが最後のチャンスかもしれません。

 

IMG_7485(1) IMG_7490(1)

グロスホワイトと少し蛍光がかったロケットレッド、そしてマットな質感のブラック。

2018年のS-WORKS TARMACの中でもこの三位一体のカラーリングは非常に人気でした。

今年はこの系統のカラーが出ていませんので、そういう意味でもレア度の高いフレームです。

 

いずれもラスト1台の店頭在庫となります。

ご検討の方は是非お早めにどうぞ!