NEW S-WORKS VENGE

2018年7月3日 火曜日

#AEROISEVERYTHING

IMG_5950(1)

エアロロードの代名詞的な存在であるスペシャライズドのVENGEがフルモデルチェンジしました。

エアロ黎明期、空力に特化するあまり歪な性能のバイクが跋扈する中優れた剛性バランスや軽量さを持ち合わせ、エアロロードのベンチマーク的モデルとなった初代VENGE。

史上最速のロードを作るというテーマを掲げ、史上最も多くの勝利を挙げたエアロロードとなったVENGE ViAS。

そして今回のモデルチェンジでVENGEは三世代目となります。

新しいVENGEは3つの目標のもと生み出されました。

・エアロダイナミクスの向上

・重量の削減

・サイズごとのハンドリング特性のバラつきの削減

 

エアロダイナミクス

aerodynamics

新型VENGEは真正面からの風を受けた状態で40km走った時、ViASよりも8秒速くなっています。

正面だけでなく、横風にも強いチューブ形状を追求しました。

これらはおなじみの風洞実験施設WIN-TUNNELで得られたものですが、風洞実験にかける前に数百万通りのチューブ形状をシミュレートし、膨大な数のサンプルを作成しています。

 

重量

weight

新しいVENGEはVENGE ViAS DISCよりもモジュール全体で460g軽くなっています。

上の写真はプレゼン会場に展示してあったVENGE ViASです。

トップチューブ、リア三角、フォークブレードの片側、ハンドルが切り落とされていますが、これはカットサンプルではなく、新しいVENGEの重量はこれと同等というアピールでした。

新型VENGEのフレーム単体重量は56サイズで960g。

これはTARMAC SL5 DISC(1020g)よりも軽量です。

 

ハンドリング・コクピット

各サイズごとに専用設計を起こし、サイズの違いによる性能差をなくすRider-First-Engineered設計を採用。

スペシャライズドが提供するフィッティングサービスにより得られたデータによって練り込まれたジオメトリと合わさり、ライダーへ完璧なハンドリング性能をもたらします。

 

IMG_1962(1)

IMG_1954(1)

新型のS-WORKS AERO FLYハンドルバーとステムが付いてきますが、これについては後日詳細を。

一つ言えるのは、作業性・メンテナンス性は圧倒的な改善が図られています。

他社製のハンドル、ステムに交換することも可能。

 

DSC_2358(1)

我々はこの素晴らしい新型VENGEをお客様に先駆けて試乗する機会に恵まれました。

次回はそのインプレッションをお届けしたいと思います。

 

■S-WORKS VENGE DISC Di2完成車 ¥1,200,000 (税抜)

■S-WORKS VENGEフレームセット ¥500,000 (税抜)