PINARELLO 2019年モデル情報!プリンスカーボンフルモデルチェンジ

2018年6月18日 月曜日

本日が情報解禁日ということで、ようやくご案内ができます。

2019年モデルのピナレロの目玉はフルモデルチェンジしたプリンスです!

 

世界初のカーボンバック構造で世に衝撃を与えた初代プリンス。

今回のプリンスはそこから数えて5世代目となります。

「プリンスはすべての世代で名車と言われていた」とピナレロ社も語っていますが、そういった半ば伝説的ともいえるモデル名を冠してくるあたりピナレロの気合の入れようが伺えます。

 

GANシリーズがDOGMA F8に準じる設計であったのに対して、新たなプリンスはDOGMA F10のノウハウが随所に取り入れられたレーシングモデル。

もちろん金型はF10の流用ではなく、完全新規。

独自設計となっている箇所も多々あります。

 

ラインナップはPRINCE FX、PRINCE、PRINCE DISCの三種類。

まずはPRINCE FXからご紹介。

711gradient_vulcano_side

■グラディエント ヴルカーノ

 

712gradient_fluorite_side

■グラディエント フルオライト

 

714redwhite_side

■レッドホワイト

 

747BOB_side

■BOBメタル

 

デュラエースDi2完成車 ¥970,000(税抜)

アルテグラdi2完成車 ¥528,000(税抜)

フレームセット¥455,000(税抜)

T900の高強度カーボンを使用し、これまでのGAN RSに相当する位置づけとなるPRINCE FX。

グラデーションをモチーフとしたカラーリングが特徴的。全4色展開となります。

 

続いてはミドルグレードモデルのPRINCE。

715carbonred_side

■カーボンレッド

 

716BOB_side

■ブラックオンブラック

 

717whiteorange_side

■ホワイトオレンジ

 

ポテンツァ完成車 ¥435,000(税抜)

アルテグラ完成車 ¥435,000(税抜)

NEW 105完成車 ¥385,000(税抜)

フレームセット ¥275,000(税抜)

GAN Sと同様T700カーボンを使用し上位モデルよりコストを抑えたPRINCE。

注目するべきはGAN Sになかったフレームセットの展開があることでしょう。

全3色展開となります。

 

718carbonred_side

■PRINCE DISK

アルテグラ完成車 ¥478,000(税抜)

フレームセット ¥295,000(税抜)

今後ますます増えていくであろうディスクブレーキモデルのPRINCE。

もちろん各部の設計はディスクブレーキに最適化された物となっています。

カラーはカーボンレッドの一色展開。

 

F10がレースで勝利するためのバイクであるのに対して、新型PRINCEはホビーライダーにもマッチするよう扱い易さも重要な要素と捉えた味付けになっているとのこと。

とはいえエアロ性能や剛性感、ピナレロ独自のアシンメトリック設計など、他社のハイエンドバイクにも比肩し得る性能を持っています。

この機会に是非新型PRINCEをご検討下さい。

 

また、店頭在庫2018モデルを特別ポイントにてご提供中!

こちらもお見逃しなく。