【ロングライド好き必須アイテム】GARMIN エクスターナル バッテリーパック

2017年11月26日 日曜日

20171126 garmin battery (5)

“ロングライドあるある”なGARMINバッテリー切れ問題。

せっかく頑張って距離を乗ってもログが取れてないと、なんだかショックですよね。

バッテリーを長く持たせるために消音にしたりバックライトをOFFにしたり。

それはそれでストレスだったりします。

20171126 garmin battery (3)

今回ご紹介は新型 GARMIN EDGE1030に完全対応する純正外部バッテリーパック。

主なキット内容はバッテリーパック本体にマウントアダプターと充電キット。

20171126 garmin battery (2)

EDGE 1030とバッテリーパック接続には標準装備のマウントを付け替える必要があります。

20171126 garmin battery (9)

付け替えるとこんな感じ。

バッテリーパックの接続端子が突出する分、EDGEを捻って固定できなくなる為に交換が必要なのです。

20171126 garmin battery (8)

バッテリーパックにはインジケーターが搭載されており、

このように目視でバッテリー残量を確認が可能。

EDGE本体の駆動時間に加え、このバッテリーパックで+20時間もの駆動ができ、

EDGE 1030本体で最大20時間駆動可能なので、バッテリーパックを使用すれば最大40時間(!!)

この数字だけ見てしまうと「そんなに走らないよ~」というイメージかもしれませんが、

『バックライトやナビゲーション機能をセーブしなくても良い』というメリットが大きいですね。

20171126 garmin battery (4)

本体を差し込み、レバーでしっかりロック。

20171126 garmin battery (7)

EDGE本体もバッテリーパック接続後、サイドのレバーでしっかりロックしてライド準備完了です。

20171126 garmin battery (6)

剛性の高いマウントとロック機構で”しっかり感”がすごい。

うーん!ますますロングライドが楽しみです!!

20171126 garmin battery (1)画像 右:EDGE 810J 左:EDGE 1030

※EDGE本体の裏側に接続端子がないモデルはダイレクト接続はできません。

 その際はUSBケーブルにて接続となります。