アルミフレームの最高峰 ALLEZ SPRINTが入荷しました。

2017年9月11日 月曜日

『アルミロードバイクの最高峰』

CANNODALE CAAD12と同じくアルミフレームの新たなる可能性を見出したSPECIALIZED ALLEZ SPRINT。

待望の2018年モデルが入荷です。

20170911 ALLEZ SPRINT (6)

■SPECIALIZED ALLEZ DSW SL COMP ¥165,000-(+TAX)

アルミらしい質感がカッコ良いサテンブラッシュドというカラー。

画像ではお伝えしきれない質感なので、こちらは是非店頭でご覧下さい。

20170911 ALLEZ SPRINT (2)

20170911 ALLEZ SPRINT (7)

コンポーネントは105を採用。

ブレーキのみAxis製。長い下り坂やウェット時のブレーキングを考えると最初から105へグレードアップというのがオススメです。

20170911 ALLEZ SPRINT (5)

ALLEZ SPRINTを語る上で欠かせないのが”D’ALUISIO SMARTWELD”(ダルージオ・スマートウェルド)という工法です。

パイプとパイプを溶接する部分を予めハイドロフォーミングで成型し溶接する”ふち”を作るというもの。

ご覧の通り、一般的なヘッドチューブの溶接痕とは違い”ふち”を付けた事によりパイプをまるっと1周溶接ができているのが見て取れます。

無駄な補強材を入れる事なく強度と剛性が確保でき、軽量化も図れる技術がこの”D’ALUISIO SMARTWELD”テクノロジー。

20170911 ALLEZ SPRINT (4)

前作のALLEZシリーズから採用されている技術ですが、

ALLEZ SPRINTには応力の集中するヘッドチューブに加え、BBにもこの技術を新採用されています。

高剛性に組み合わせるフロントフォークは妥協なくSPECIALIZED最高峰モデルである

S-WORKSグレードに採用されるフロントフォークと同じの物が採用。

20170911 ALLEZ SPRINT (1)

20170911 ALLEZ SPRINT (3)

そしてシートポストにはこれまたエアロロードVengeで採用されるフルカーボン製エアロシートポストも標準装備。

エントリーモデル感のあるアルミバイクですが、SPECIALIZEDの強いコダワリを感じ取れます。

カスタムベースのファーストバイクや、1台カーボンロードバイクをお持ちの方のレースや輪行のセカンドバイクとしてもオススメです。