ロードバイクデビューに。CANNONDALE CAAD12

2017年7月31日 月曜日

初めてのロードバイク選び。

乗り始める際にはヘルメットやグローブ、水分補給に必要なボトルやケージなどなど、

快適に走るには何かと必要なアイテムも出てきます。

「実際カーボンバイクが欲しいけど予算的に・・・」とお悩みの方も多いハズ。

そんな方にオススメバイク筆頭はやはりこのモデル。『CAAD 12』シリーズ。

アルミフレームのバイクですが”カーボンキラー”と表現される程、軽く・乗り心地が良く・そして良く走るバイク。

20170730 CAAD12 (12)

横から見た外観はオーソドックスなフレーム形状と抑え目なカラーリング。

20170730 CAAD12 (7)

フレーム内側には”キャノンデールカラー”であるグリーンがワンポイント入るレプリカカラー。

アップで見るとトップチューブやシートステーの計算尽くされた扁平チューブが目に入ります。

20170730 CAAD12 (6)

チェーンステーも同様のカスタムチューブが採用され、不快な路面バイブレーションを低減される役割を持っています。

こちらのモデルはコンポーネントSHIMANO 105を採用。

20170730 CAAD12 (14)

細身ながら高い剛性を持つフルカーボンフォーク。

アルミフレームながらエントリーグレードの位置付けではなく、あくまでレーサーとして展開されるCAAD12。

ステアリング特性はキビキビとしたシャープさを持ちながらも快適性をバランスした絶妙な設計です。

その他、105コンポーネントを採用した同グレードのカラーラインナップは、

20170730 CAAD12 (8)

20170730 CAAD12 (10)

 Voltカラー

20170730 CAAD12 (5)

20170730 CAAD12 (13)

Chacoalカラーの3色を展開。

どれもアクセントの効いたとてもカッコいいカラーリングです。

20170730 CAAD12 (4)

そしてこちらはワンランク上のコンポーネントULTEGRAグレードを採用したモデル。

滑らかな変速性能で心地よいシフト操作が可能です。

20170730 CAAD12 (3)

カラーはCashmereというカラー。

20170730 CAAD12 (2)

クランクにはキャノンデールのホログラムクランクとワンピース削り出しチェーンリングが装備。

大幅に軽量化がなされています。

その他ホイールやサドルもグレードアップされ走行性能を上げています。

アルミフレームながら、どちらも良いバイク。ファーストバイクにオススメの1台です。

■CANNONDALE CAAD12 105コンポーネント メーカー価格¥190,000-(+TAX)

■CANNONDALE CAAD12 ULTEGRAコンポーネント メーカー価格¥260,000-(+TAX)