2018 CAAD12 105 クリアランス!

2018年8月17日 金曜日

各社ともに2019年モデルの情報が出始めていますね!

がらりとイメージを変えた車種がある一方で、2018年モデルの方が好みのカラーだったという方もいらっしゃるかもしれません。

2 5

■2018 CAAD12 105 税抜定価¥190,000 → SPECIAL PRICE!+更にポイント還元! 

そんなわけで最近お問い合わせが多いのがCAAD12 105。

2019モデルのCAAD12が微妙という事は全くないのですが、今までと路線の違うカラーリングになったことで2018モデルが再注目されているということでしょう。

 

これまで定番だったブラックグリーンが2019のCAAD12では展開がありません。

キャノンデールと言えば黒緑のREPカラー!という方は2018年モデルが手に入るうちに確保しちゃいましょう。

渋い大人の自転車乗りに人気のBBQカラーもまだご用意がありますよ。

 

4 7

CAAD12に限った話ではありませんが、ただいま2018年モデルをクリアランス特価でご提供中です。

最高のアルミバイクと謳われるCAAD12のパフォーマンスをお買得価格で手に入れませんか?

 

各サイズの店頭在庫状況は下記の通りです。

ブラック/グリーン(REP)・・・50、52

チャコールグレー(BBQ)・・・50、52

 

この他系列店在庫もお取り寄せも可能ですので、お気軽にお申し付けください。


2019 PRINCE 105 入荷しました

2018年8月11日 土曜日

先日ご紹介したPRINCE FXに続いて、ミドルグレードのPRINCE 105が入荷しております!

 

IMG_6356(1)

■2019 PRINCE 105 ¥385,000 (税抜)

PRINCE FXと同一のフレーム設計、同一のテクノロジー。

ですがこちらはもっと現実的な価格です。

 

使われているカーボンはT700というグレードで去年までのGAN Sと同一の物です。

FXよりもホビーレーサー向けの味付けとのことですが、こちらの方がハンドリングが鋭いとコメントしたライダーもおり、歴代PRINCEの名声に負けないポテンシャルを持つことは間違いないでしょう。

少なくとも530サイズのフレーム重量を見るとFXが940g、こちらが960gでほんのわずかの違いしかありません。

 

IMG_6358(1)

DOGMAやFXのようなフェードカラーでこそありませんが、代わりに黒部分を織物風のカーボン層でフィニッシュ。

これがまた高級感があって美しい。

レーシーな赤との組み合わせも素晴らしく、これぞピナレロといった世界観を感じさせます。

 

IMG_6363(1)

F10の系譜に連なるモデルなので、Di2のジャンクションをダウンチューブに収納可能なe-linkシステムを備えています。

これは電動コンポーネントにアップグレードした時にいくつかのメリットを生み出します。

 

現行Di2のジャンクションはピナレロの様にフレームに埋め込むかハンドルバーエンドに内装するかの二択なのですが、バーエンド内装型だとハンドルは対応品でなくてはいけません。

フレーム内装型だとそういった制約は特にないので、対応するラインナップを持たないブランドのハンドルバーでも装着が可能です。

ジャンクションに付いている変速モード切り替えスイッチを押しやすいのも利点ですね。

機械式コンポーネントと電動をフレームの両方に対応するピナレロ独自のTHINK2システムも合理的でスマートなので、ピナレロライダーの皆さんはぜひ電動化を検討してみて下さい。

 

IMG_6367(1)

コンポーネントはモデルチェンジしたばかりの新型105でまとめられています。

BB規格はピナレロが頑固に守り続けるねじ切り方式(イタリアン)。

圧入式BBにどうしても抵抗があるという方は、これだけでピナレロを選択する理由になるのではないでしょうか。

作業する側からしても非常にありがたいです。

 

IMG_6376(1)

カーボンレッドカラーの他、毎年人気のブラックオンブラックも入荷しています。

 

IMG_6382(1)

黒一色なのにこれだけ鮮やかな彩りを感じさせるフレームがかつてあったでしょうか!

ホイールに沿ってシェイプしたダウンチューブのラインも艶めかしい。

単なるデザインの為のデザインではなく、エアロ的な機能性を兼ね備えているというのポイントです。

ONDAフォークもそうでしたが、こういったところは本当にニクい!

ピナレロがイタリアンブランドであることを印象付けてくれます。

 

この他2017,2018年モデルのピナレロ店頭在庫を特価にてご提供中です。

湘南エリアでピナレロをご用命の際は是非GROVE鎌倉で!


もはやセカンドグレードの域にあらず。2019 VENGE PRO登場!

2018年8月7日 火曜日

先日のツールでステージ優勝を量産し、現在開催中のいくつかのレースでも勝利を重ねている新型VENGE。

一つの車種がここまでレースシーンを席巻するのは随分久々ではないでしょうか?

新型VENGEがエアロロードの中でも一頭地を抜く存在であることはもはや疑いようがありません。

 

そのセカンドグレードとなるVENGE PROが本日より情報解禁となります。

1

■2019 SPECIALIZED VENGE PRO ¥690,000 (税抜)

まず最初にお伝えしたいのは、VENGE PROのモジュールはS-WORKSグレードと全く同一の物ということです

フレーム、フォーク、ハンドル・ステム、シートポストに至るまで、全て。

ロゴこそ”S-WORKS”ではなく”SPECIALIZED”ですが、中身は何も変わりません。

 

S-WORKSの税抜定価120万円に対してこちらは69万円。

同じモジュールであるからにはパーツ類でコストダウンを図っているのですが、そのチョイスもまた見事としか言えません。

一つづつ見て行きましょう。

 

4

まずホイールはCLX64からCL50へと変更されています。

CLXではなくCLというところが肝です。

今ディープリムのカーボンクリンチャーを一つ買うならCL50を挙げる人も多いかもしれませんね。

64mmより50mmハイトの方が守備範囲が広く、新型VENGEのオールラウンド性能ともマッチすると思います。

 

5 6

コンポーネントはアルテグラ。

それも油圧ディスクのDi2です。

文句のつけようがないスペックと言えます。

カセットの丁数は11-30。

 

4

セカンドグレードらしい点と言えば、サドルがS-WORKS POWERではなく、EXPERTグレードとなっているくらいでしょうか。

 

POWER ARC EXPERTS-WRAP

このサドル、写真だとブラックにしか見えませんが、実はこんな感じのホログラフィックというカラーです。

光の当たり方で見え方が全然変わるのでカメラ泣かせですね。

バーテープも同じ色合いの物を使っています。

 

2

フレームロゴもホログラフィックとなっています。

 

97819-10_VENGE-PRO-DISC-UDI2-BLK-BLK_HERO

新型VENGEのモジュールセットは税抜50万円ですから、これだけのパーツを使って69万円はお買得としか言いようがありません。

ディスクロードへの移行を未だ逡巡している人にとって、このバイクの登場はいい切っ掛けとなるのでは。

何も迷うことはありません、VENGE PROでディスクロードデビューを飾りましょう!

今ならメーカー在庫全サイズご用意がありますよ。


【イベント情報】スキルアップスクール

2018年8月7日 火曜日

38728900_263783487549014_1864660313551405056_n(1)

上手に・安全にライドを楽しみたい全てのライダー必見!自転車に乗るための基礎テクニックを一緒に練習しましょう♪

「ROADバイクで峠の下りが苦手・・・」

「トレイルやMTBパークでのスピードやコーナーが恐い・・・」などヒヤリとした事はありませんか??

止まる・曲がる・バランスを取るという基本的なことをレクチャー致します。
 ちょっとした空き地などでできる自主練形式のスクールです。
  ROADバイクでもMTBでも参加OK!バイクの種類は問いません。

基本をしっかりとマスターしたい方にオススメ☆

開催日 8月25日(土)・9月2日(日)
時間  8:30~10:30頃
集合  GROVE鎌倉
※当店にて車体をご購入頂いた方を優先とさせて頂いております。

参加ご希望の方は当店までご連絡下さい。
皆様のご参加をお待ち致しております。


ROTOR新型クランクセット”ALDHU 3D+”

2018年8月6日 月曜日

サードパーティで最も成功を収めているクランクメーカーといえば?

色々なブランドが挙がると思いますが、個人的にはスペインのROTORだと思っています。

武骨さと美しさが同居する数々のプロダクトはパーツ好きの心をくすぐってやみませんし、Q-RINGSがなければ楕円チェーンリングがここまで一般化する事はなかったでしょう。

 

そんなROTORの新たな看板商品が誕生しました。

IMG_6318(1)

■ALDHU 3D+ for ROAD SET MODEL ¥59,800 (税抜)

ALDHUの名はラルプデュエズ(L’Alpe-d’Huez)からとったもの。

2008年のツールにおいてカルロス・サストレはQ-RINGSを使用して総合優勝を果たしており、その過程でラルプデュエズをも制しています。

 

これまでの3Dクランクとは全く異質のルックスですが、素晴らしい洗練の度合いではないでしょうか。

何かのコンセプトモデルについていてもまるで違和感がなさそうな近未来感です。

 

IMG_6323(1)

構造的に大きな特徴は左右のクランクアームとシャフトが全て別体となったこと。

これまでの2ピース構造よりも左右の剛性バランスが均等になったとのことです。

破損の際に最低限のパーツ交換で済むのもうれしいところ。

 

IMG_6325(1)

チェーンリングはMTB界隈で近年トレンドとなっているダイレクトマウント方式で固定されます。

これにより、楕円の位相を従来よりも圧倒的に細かく調整する事が可能になったのは大きなトピックスです。

 

IMG_6332(1)

チェーンリングはなんとアウター・インナーが一体構造!

上述のダイレクトマウント方式と相まって、大幅な部品点数の削減を実現しました。

剛性アップによる変速性能の向上も見逃せません。

リングの裏側は手の込んだCNC切削がこれまた大量に施され、軽量化に貢献しています。

 

IMG_6333(1)

今回の入荷はクランク長170mm、52/36のQ-RINGSとのセットとなります。

100%アルミ製ながら他社のカーボンクランクと同等以上の軽さ、さすがは変態企業と名高いROTOR!

ちなみに50/34だと公称重量は599gとなるようです。

 

IMG_6335(1) IMG_6336(1)

人はなぜ楕円に惹かれるのか。

その答えはROTORを長年使用しているスタッフバイク達が知っています。

ちょっと踏んでみたい等のリクエストがあればいつでも出動できますので、お気軽にどうぞ。


【イベントレポート】GROVEおはようライド

2018年8月4日 土曜日

暑さに負けず!今週もモーニングライドへ行ってまいりました。

ご参加頂いた皆さまお疲れ様でした!!

今回の主役は何といってもコチラでしょうか?!

20180804 おはようライド (4)

■2019 SPECIALIZED  S-WORKS TARMAC DISC Di2 / SAGAN COLLECTION

言わずと知れた世界チャンピオンであり先日幕を閉じたツールでも圧倒的なポイント差でマイヨヴェールを勝ち取ったペテル・サガンの限定カラーモデルであります。

20180804 おはようライド (2)

サガンが住むコートダジュールの海をイメージしたというフレームカラーがなんとも美しい・・・

納車させて頂いたバイクのシェイクダウンを兼ねた楽しいモーニングライドとなりました♡

 

先日のブログでもご紹介させて頂いたコチラのサガンコレクション。

メーカー在庫が極々少数あるかも??との事ですので、このカラーにピンと来た方はお早目にご相談下さいませ。

取り扱い店舗はスペシャライズド プレミアムリテーラーのみの限定コレクションとなります。

ご用命の際は是非GROVE鎌倉までお問い合わせ下さい。

 

20180804 おはようライド (1)

8月のイベントは・・・

◆8月19日(日) STEP UPスクールライド【初級者向け】

◆8月26日(日) GROVEおはようライド

・・・以上を予定しております。

参加ご希望の方はスタッフまでお問い合わせ下さいませ。

※当店で自転車をご購入頂いた方を優先とさせて頂いております。予めご了承下さいませ。

 

 


キャノンデールの新製品発表会に行ってきました

2018年8月3日 金曜日

1(1)

先日の水曜日はキャノンデールの2019モデルを見に富士吉田まで行ってきました!

 

6(1)

シングルクラウンのレフティーといういかにもキャノンデールらしいぶっ飛んだ新製品や・・・

 

SYNAPSE CARBON DISC SE CAAD12 DISC 105CAAD12 105 SUPERSIX EVO 105

従来モデルの派生形や新カラーなど、興味深い自転車がずらりと並んでいます。

しかしながらやはり会場の視線はある一点に集まっていました。

 

7(1)

そう、キャノンデール史上初となる本格的なエアロロードのSYSTEM SIX Hi-Modです。

風洞実験とモックアップ作成を何度も繰り返したというカムテール全開のマッシブなフレーム形状。

それに統合的なパーツ設計によるものでしょうか、特別なバイクだけが持つスペシャルなオーラをこのバイクも放っていました。

こちらの黒いSYSTEM SIXはデュラエースDi2をアッセンブルしたもので、定価は1,050,000円(税抜)。

 

8(1)

こちらはアルテグラ di2を搭載したモデルで定価790,000円 (税抜)。

注目のKNOTシステムバーやHED社のパテントを使用したというホログラムKNOT64カーボンホイールはこちらのグレードでも装備しているのでお得感があります。

この他にもハイモッドフレームではなくスタンダードなカーボンを使用したグレードやフレーム単体での展開もあります。

 

IMG_2064(1)

各メディアで発表されている通り、6%までの登りまでならEVOよりも速いというSYSTEM SIX。

これには歴とした根拠があり、その計算式なども説明がありました。

それによるとnipAthlete=Pnet=PAero+PRR+PWB+PPE+PKEであるので、時速20㎞以上で走った時6%の勾配までならSYSTEMSIXに優位性があるのことです。

 

・・・文系の自分にはさっぱり理解できなかったのですが、要するに登りにおいてもエアロの恩恵はあるということですね。

パワーとエアロ、平坦と登り、グラフの線が交わるティッピングポイントが勾配6%であるというのがキャノンデールの主張です。

エアロロードとレーシングロード、コースによってのバイクの使い分け、その分岐点は論理的なロジックで割り出せるというのが今回のテーマ。

 

IMG_2105(1)

それを実際に味わうべく、いざ試乗!というタイミングで訪れる豪雨・・・

なんとか小降りになるまで待ち、バイクの争奪戦を潜り抜けて試乗開始です。

 

試乗コースは5、6%ほどの登りと下りしかない5キロほどのコース。

雨なのでエアロの恩恵を感じる速度域で走れたとは言えませんが、エアロロードとしては驚くほど普通に登れます。

ダンシングでは癖のないリズムで踏めるし、漕ぎだしもスムーズ。

下りは最高の一言。加速に要するパワーが明らかに少ない!そしていつまでも加速し続けていけるような感覚があります。

エアロロードでありがちなハンドリングの鈍さもなく、路面コンディションが良ければもっと攻めたかったですね。

平地も走ってみたかったですが、下りでこれほど伸びるのであれば平地の速さも容易に想像できます。

そして雨なので余計に感じ入りましたが、ディスクブレーキは偉大です!

 

9(1) 10(1)

試乗の後改めて見てみると整備性も悪くなさそうです。

ケーブル類は完全内装のようですが、必要な部分がカバーで覆われているのみ。

割りの入ったコラムスペーサーのおかげでケーブル・ホースを抜くことなくステムの高さを調整できます。

他社製のステム・ハンドルも普通に使用でき、非電動コンポーネントでも組めます。

 

IMG_2065(1)

Hi-ModグレードにはPower2maxのパワーメーターが標準で入っています。

・・・が、これが曲者でパワー測定機能はweb経由で5万円程のアップチャージを払わないとアンロックされません。

なんだそりゃ、と思いましたが車体金額にはパワーメーター代は一切上乗せされていないとのこと。

それならば5万円ほどでパワーメーターが手に入るというわけで、かなりお得な仕様と言えます。

ちなみに未課金でもケイデンス機能は有効です。

 

競合他社が続々と新型エアロロードを発表していますが、間違いなくSYSTEMSIXはそれらと対等以上に戦えるバイクです。

FASTER EVERYWHERE、どこでも早いというキャッチコピーは伊達ではありません。

店頭にはアルテグラDi2のモデルが入荷予定ですので、是非実物をご覧ください!


【 イベント情報 】TRAIL CUTTER TOUR

2018年7月28日 土曜日

trailcutter-4(1)

あまりの人気で個人では中々予約の取れない大人気トレイルツアー『 TRAIL CUTTER 』の開催情報です。

長野県伊那市に拠点を持つトレイルカッター。走るフィールドは後ろに見えている山全部です。

広大な自然の中で気持ち良くトレイルライドしませんか?

trailcutter-5(1)

走っていると誰もが自然に笑顔になってしまう魅力的なツアーとなっております。

完全予約制となっておりますので、参加ご希望の方はMGMグループ系列各店までお問い合わせ下さい。

なお、系列各店で車体をご購入頂いた方を優先でご案内させて頂いておりますので、予めご了承下さい。

trailcutter-2(1)

心も体も癒される【 TRAIL CUTTER TOUR 】是非ご参加ください。

開催日 2018年 9月 9日(日)

参加費 10,500円(保険・昼食込み)

集合  9:00現地

解散  16:00頃予定

ツアーの詳細は前回のツアーイベントもご覧ください。

トレイルカッターについては公式ホームページでもご確認頂けます。

皆様のご参加をお待ち致しております。


イベント インフォメーション

2018年7月28日 土曜日

20180728 STEPUP

鎌倉にも台風12号が近づき徐々に雨風が強くなってまいりました。

明日開催予定のSTEP UPスクールライドは台風の影響により残念ですが延期と致します。

37401897_1882854715163031_3303857859636232192_n(1)

次回のイベントは・・・

◆8月4日(土) GROVEおはようライド

◆8月19日(日) STEP UPスクールライド【初級者向け】

◆8月26日(日) GROVEおはようライド

・・・を予定しております。

参加ご希望の方はスタッフまでお問い合わせ下さいませ。

※当店で自転車をご購入頂いた方を優先とさせて頂いております。予めご了承下さいませ。

 

 


MGMグループ STAFF募集のお知らせ

2018年7月24日 火曜日

20170519-bandai-1-1

一緒にお店を盛り上げてくれる

スポーツバイクが好きな笑顔で接客が出来るスタッフを募集致します。

雇用形態  : 正社員、アルバイト

仕事内容  : 接客販売、自転車の組立、修理、メンテナンス、発注業務、SNS投稿、その他サポート業務

詳しくはこちらまで → スタッフ募集詳細


1 / 5112345...102030...最後 »