2019 TARMAC SL6 DISC SPORT

2018年10月14日 日曜日

ハイエンドグレードのみの設定だったSL6 TARMACのディスクブレーキモデルがSPORTグレードまで降りてきました。

ロードバイク史の転換点と呼ばれることになるバイクかもしれません。

 

IMG_6735(1)

■TARMAC DISC SPORT ¥250,000 (税抜)

ご存じの通りロードバイクのディスクブレーキ化は年々加速しています。

フレーム設計の自由度が高まるというメリットからエンデュランスバイクやエアロロードへの採用例が多かったディスクブレーキですが、ここへきてオールラウンド系モデルへの採用例も増えてきました。

代表的なオールラウンドバイクであるTARMAC、それも一部のレーサーのためのハイエンドモデルではなく、大多数のホビーライダーの相棒となるミドルグレードのディスク化。

ある意味では次世代のロードバイクのスタンダードはこうなる!というモデル商品と言えるのではないでしょうか。

 

IMG_6745(1)

ディスクブレーキモデルのTARMACそのものはSL5の頃からありましたが、SL6フレームの完成度は段違いです。

フレームの設計の違いはもちろんですが、日進月歩で進化する機材や規格の恩恵でもあります。

例えばSTI。

最新の105以上のグレードは、ブラケットの形一つとってもこれまで主流だったグレード外グレードのST-RS505より圧倒的にスマートな形をしています。

Di2になると、もはや紐ブレーキのそれとほとんど変わらないくらいの大きさになってしまいます。

 

IMG_6741(1) IMG_6749(1)

ちなみにこちらのTARMAC SPORT DISC、スペック表ではブレーキ回りは105のはずですが実車にはアルテグラが付いています。

どうやら105の油圧ディスクのリリースが遅れたことによる措置らしいのですが、これは初期ロットだけの特典。

現行ロットでは本来の仕様になっているとのことなので、ちょっとお得な仕様で乗りたい方はお急ぎを。

 

IMG_6733(1) IMG_6752(1)

今回入荷したグロスレッドのTARMAC SPORT、どことなく既視感を覚える方もいるのでは?

それというのもS-WORKSグレードでほとんど同じカラーのTARMACが出ているんです。

ジオメトリやスペックだけでなく、カラーリングまでS-WORKS譲り。

スペシャライズドの本気さが伝わってきます。


10/15 (月) 営業時間変更のお知らせ

2018年10月14日 日曜日

43951107_277444462978526_5980348824143527936_n(1)

平素より当店をご利用頂きありがとうございます。

誠に勝手ながら、明日10月15日 (月)は社員研修のため16 : 30までの営業とさせて頂きます。

 

ご利用を予定のお客様には大変ご迷惑をお掛けしますが、何卒ご容赦下さいますようお願い申し上げます。


これまた抜群にカッコいい!!『AETHER』2カラー追加入荷致しました。

2018年10月13日 土曜日

話題のGIRO新作ヘルメット『AETHER』が店頭に追加入荷!!

 _20181013_205741(1)

■GIRO AETHER ¥37,000 (税抜)

詳細は前回のブログの通り、格段にヘルメットとしての“安全性能”を上げつつ快適性にもトコトンこだわったモデル。

先行入荷のGloss Blackに加えて今回は「Matte Bright Red」と「Matte Black Flash」カラーが追加入荷!!

_20181013_210339(1)

◆Matte Bright Red

絶妙に赤みを変えたグラデーションがセクシーです。

_20181013_210313(1)

◆Matte Black Flash

ただのマットブラックか思いきやリフレクト加工されたカラーリングでナイトライドの安全性も高そう♡

是非店頭でご確認下さいませ。


ピナレロ試乗会 in GROVE青葉台のお知らせ

2018年10月13日 土曜日

キャプチャ(1)

系列店のGROVE青葉台にてピナレロ試乗会の開催が決定いたしました!

10月27(土)~28(日)、土日の両日開催です。

 

第一級のレーシングブランドかつプレミアムイタリアンブランドとして名を馳せるピナレロですが、なかなかお乗りいただくチャンスは少ないです。

今回の試乗会では話題沸騰中の新型PRINCEを中心としたラインナップとなっております。

ご興味のある方は是非足をお運び下さると幸いです。

 

当日の試乗車ラインナップは下記の通りです。

■DOGMA F10 Size 500

■PRINCE FX Size 465

■PRINCE FX Size 530

■PRINCE Size 500

■PRINCE DISK Size 515

ご試乗の際は身分証明書のご提示とヘルメットの着用が必須となります。

お忘れの無い様ご注意下さい。

 

GROVE青葉台へのアクセスはこちら!


カスタムをもっと身近に!~BRUNO MIXTE編~

2018年10月8日 月曜日

皆様三連休はいかがお過ごしでしたか?

天気も良かったので、秋の行楽にお出かけされた方も多かったのではないでしょうか。

一方我々はBRUNOのニューモデルの組み立てに追われておりました。

IMG_7409(1)

大急ぎで店頭に並べたバイク達の中から、早速MIXTE 20のターコイズカラーが一台婿入りして行きました。

今回は昭和インダストリーのウッドラック深型、純正マッドガード、純正リアキャリアの装着をご用命頂いたのですが、これがまぁハマっている事。

カゴとフェンダーを定番のシルバーではなくブラックで統一したのが勝因でしょうか。

U様、この度はありがとうございました。

 

泥除けやカゴは実用性ももちろんですが、ドレスアップ的にも効果大。

特殊な規格を採用せず、オプションパーツが豊富なBRUNOのバイクはカスタムのベースとして最適です。

そんな感じの作例を一台、店頭展示用として作成してみました。

 

IMG_7416(1)

IMG_7415(1)

ベース車体はやっぱりMIXTE 20。

カラーは人気のレッドで。

 

IMG_7418(1)

まずはハンドルを純正のストレートハンドルからプロムナードバーに交換。

ゆったりとクルージングするのに向いているハンドルバーです。

 

IMG_7419(1)

ハンドルに乗せたライトはCATEYEとMAWAREのコラボ製品です。

MAWAREは自転車関係のレザーアイテムを手掛ける横浜のハンドメイドブランド。

高品質なイタリアンレザーの質感を損ねる事のない仕上げはまさにクラフトマンシップそのもの。

 

IMG_7420(1)

冒頭のMIXTEは深型・ブラックのウッドワイヤーラックを付けさせて頂きましたが、同じ昭和インダストリーのラックでもこちらは浅型・ホワイトで。

このアイテム、オフィシャルパーツなんじゃないのと思うくらいBRUNOの雰囲気にぴったりなのですが、いつのまにか本当に純正オプション扱いになっていました。

カゴが白なのでブレーキやシフトのアウターケーブルもホワイトに変えてあります。

 

IMG_7423(1)

ペダルもちょっぴり高級感のある物にグレードアップしてみました。

見た目もそうですが、ベアリングの回転がなめらかなので漕いだ時の快適さが結構変わってきます。

 

IMG_7424(1)mixte_flat_color03

標準状態と比べていかがでしょうか。

ちなみに今回のカスタムに必要な費用は2万円程でした。

 

IMG_7426(1)

必ずしも高価なパーツを付けなければいけないということは全くありません。

ですが、ちょっとしたカスタムをするだけで世界で一台だけしかないバイクを作る事だって可能です。

日常の足として使う自転車だからこそ、より愛着を注いでいけるような一台に仕上げてみませんか。

そうした自転車に乗ることは、間違いなく日々の暮らしを豊かにしてくれることでしょう。

 

店頭ではコミューターバイクや街乗りバイクを中心にカスタムバイクを展示しています。

カスタムのご相談も随時承っておりますので、お気軽にスタッフまでお尋ねください。


【 イベントレポート 】スキルアップスクール

2018年10月7日 日曜日

今日は10月だというのに暑い日差しの中、スキルアップスクール開催致しました。

本日もロードバイクとマウンテンバイク混在でのスクールです。

内容は前回と同じく『止まる』『曲がる』『バランスを取る』。基本をしっかりと身体に染み込ませます。

スキルアップ

急制動練習の前半(左)と後半(右)の写真を比較してみました。右の方が重心をより低く落とせているのが一目瞭然ですね。

微妙な差?いえいえこの十数センチの差がいざという時に役に立つのです。左の写真でも実際はかなり低く落としている「気持ち」でやっているんですよ。

頭の中の姿勢と実際の姿勢のギャップを感じて頂くのもこのイベントの目的でもあります。“やっているつもり”・“出来ているつもり”が大きな危険を招くことも。。。

スキルアップ1

この日、皆様の一番の上達ぶりが見れたのはスラローム練でした。何度も何度も反復練習をして動画を見てはまた練習。最初のうちはバイクを上手く倒し込めなかった方もみるみる上達して最後には滑らかに曲がってました。

基本練習は反復あるのみ!基本なくして応用なし!といった感じですね☆

スキルアップスクールは随時開催致しますので、練習を積み重ねてバイク扱いを上達させましょう♪

 

10月のイベントは

 13日(土) ROAD STEP UPスクールライド 【初級者向け】

 14日(日) MTB   富士見パノラマ走行会

 21日(日) ROAD GROVEおはようライド 

 28日(日) ROAD STEP UPツーリング 【中級者向け】  となっております。

詳しくはイベントカレンダーもしくは直接お問い合わせ下さい。

皆様のご参加をお待ち致しております。

 


【GROVE鎌倉オススメブランド『MARIN』】バイクパッキングからお洒落なストリートバイクまで!

2018年10月6日 土曜日

20181005 MARIN (1)

常設MTBパークを堪能できる本格マウンテンバイクや遊びのツールを積載して、のんびりとツーリングを楽しむアドベンチャー系バイクを得意とするブランド“MARIN”

先日メーカーホームページが更新され2019年モデルが公開となりました!!

20181005 MARIN (12)

■NICASIO SE ¥75,000-(税抜)

人気の日本限定仕様のストリートバイクNICASIO SEにはNAVYカラーが仲間入り。

実車はもう少しディープパープル寄りな色でストリートで映えます!

ハンドルやシート周りを自分好みにカスタマイズするとより一層カッコいいバイク。

20181005 MARIN (1)

■NICASIO RC ¥109,000-(税抜)

2019年新作モデル。「NICASIO SE」をベースにハンドル形状の変更やフェンダーが追加され湘南エリアにピッタリのクルージングスタイルに。

20181005 MARIN (5)

実はフレーム形状も変更されています。内装8速仕様になり錆にも強いタフな仕様になっているのがポイントです。

20181005 MARIN (11)■DONKY SE ¥90,000-(税抜)

“全国のお父さんに向けた最高にカッコいいバイク”がコンセプトのDONKY SE。

20181005 MARIN (6)

極太タイヤに負けない強靭な極太キャリアを標準装備で見るからにタフ。

ウッドラックやサイドバッグを付けてカスタムするとカッコ良さそうですね!

20181005 MARIN (7)

■FOUR CORNERS ¥116,000-(税抜)

最も旬なカテゴリー「バイクパッキング」にピッタリのベースバイクFOUR CORNERSは2019年も継続です。

20181005 MARIN (4)

ご自身の楽しみ方に合わせたパッキングスタイルでアドベンチャーライドを楽しめます。

ちょっと太めのタイヤで未舗装路でも臆することなくライドできます。

頑丈なクロモリフレームは前後キャリア装着可能で目一杯キャンプ道具を積載した長距離ツーリングにも◎

20181005 MARIN (2)

■SAN QUENTIN-2 ¥169,000-(税抜)

軽量で硬すぎないアルミフレームに130mmストロークのフロントサスペンション。

最新のブースト規格を採用したハードテールMTB。

ふじてんライドや、これから始まるトレイルシーズンを楽しむには必要十分なスペックが装備され初めてのMTBに最適なバイクです。

20181005 MARIN (9)

■ALCATRAZ SE ¥150,000-(税抜)

常設コースシーズンが終わると、めっきり乗らなくなってしまうそこのアナタ☆

今年の冬はALCATRAZでスキルアップ目指してみませんか?

クリエイティブな映像と超トリッキーなライディングスタイルが魅力のライダー「MAT JONES」のシグネイチャーモデルです。

センスの良いパーツアッセンブル。バランスの取れた数少ないダートジャンプ系完成車です。ちなみに完成車販売は日本限定。フレームONLY ¥60,000-(税抜)の展開もございます。

実は前々からMAT JONESファンのスタッフは早速1本オーダーしております。笑

上記モデルは続々入荷予定。

“楽しく”カッコ良いバイクを提唱し続けるMARINは今年も要チェックです!!

 

 

 

 

 

 


KONA ROVE NRB DL

2018年10月5日 金曜日

なかなか実車を見る機会がないかもしれないバイクのご紹介です。

IMG_7330(1)

■2018 KONA ROVE NRB DL 50サイズ

¥234,000 → ¥210,600 (税抜) & ¥10,530分ポイント還元!

現代のロードバイクのあるべき姿とは?という問いに対するKONAの回答がこのバイクです。

ここでいうロードバイクとはツールドフランスを走る為のレーシングバイクではなく、もっと広い意味で捉えるべきもの。

どんな道でも走れて、どこまででも行ける、自転車の原点ともいうべき楽しさ。

繊細で慎重な取り扱いを要するものではなく、日常の道具としてガンガン使えること。

 

グラベルバイク、アドベンチャーバイク、ツーリングバイクなど、このバイクにあてはめられそうなジャンルは多々ありますが、「自由」。その一言でこのバイクは言い表せます。

このバイクをどのように乗るかは全てライダーの自由です。

 

IMG_7396(1)

だからこんなに色々つけたって何も問題ありません。

毎日の通勤、秘境の探検、または日本一周の相棒として。好きなように使ってください。

それに耐えうるポテンシャルは十分に持っていますから。

 

そう、ポテンシャル。

現代ロードと名乗るだけあり、スペックは非常に現代的です。

アルミフレーム+カーボンフォークという基本設計に加え、各部のスペックや規格はトレンドの最先端をいく物が搭載され、バイクの性能を裏打ちしています。

 

IMG_7339(1)

例えばタイヤ。

WTBの提唱する650×47Bという、いわゆるロードプラス規格の物が採用されています。

オールロード界ではこのタイヤの採用が増えつつあり、WTBのオフィシャルサイトにある採用例一覧には楽しそうなバイクがずらりと並んでいます。

47Bの大ボリュームで悪路走破性は抜群、尚且つスリックなので舗装路も対応可能という訳です。

 

IMG_7345(1)

このタイヤを履くためにはフレーム側の設計も見直さないといけません。

そうした自由な設計というのはディスクブレークだからこそ成し得るもの。

 

ブレーキ回りは油圧ディスク+フラットマウント+前後スルーアクスルという三種の神器で完全武装。

素のままでも制動力は抜群ですが、アップグレードしたくなった時に選択肢に困ることはないでしょう。

 

IMG_7341(1)

ドライブトレインは2×11速で、この価格帯にしっかり見合ったグレードと言えます。

RDはロングケージのアルテグラがついており、更なるワイドギアの装着も可能です。

フロントシングルにしても楽しめそうですね。

 

IMG_7335(1)

ハンドルもロードバイクのそれではなく、アドベンチャーバイク的な幅広の物が装着されています。

実測では肩幅44、下ハン52でした。

幅を目いっぱい広く使えば悪路走行時でも安定感が生まれますし、街乗りでもフラット部分を利用して快適な走りができる事でしょう。

 

IMG_7333(1)

在庫は50サイズの物が一台限り。

アドベンチャー系バイクの常としてトップチューブ長がやや長めであることに加え、上記のワイドなハンドルの存在もあるのでロードバイクのサイズ感とは若干異なります。

サイズ選びに関しては我々が全力でサポートさせて頂きますので、店頭にてお気軽にお尋ねください!


PINARELLO GANシリーズ クリアランス!

2018年10月1日 月曜日

ピナレロの GANシリーズがお買得価格となっております。

IMG_6181(1)

■GAN 105 ホワイトカーボン ¥298,000 → ¥178,800 (税抜) 更にポイント還元!

ジャガーとの共同開発で生まれたDOGMA F8のテクノロジーを引き継ぎつつも、お値打ちな価格でロングセラーとなっているGANシリーズ。

新型PRINCEが話題沸騰しているピナレロですが、こちらのGAN 105は今年度も継続です。

 

GAN 105はシリーズの中では最もベーシックなグレードで、歴代のピナレロバイクの中でも屈指の販売台数を誇る人気モデル。

エアロ性能とオールラウンド性能の両立という難題を高いレベルで実現したDOGMA F8のエッセンスをとりこみつつ、ホビーライダーにも乗りやすい味付けに仕上げてあり、あらゆるレベルのライダーにピナレロの良さを味わって頂けることでしょう。

DOGMA F8と同様の高級感あるシルエットも所有欲を満たしてくれます。

 

IMG_6183(1)

こちらのホワイトカラーは530サイズが一台限り。

定価より40%OFFの¥178,800(税抜)でのご提供、更にポイントを還元いたします。

2017年モデルとなりますので大幅クリアランス特価となっております。

適正サイズかどうか知りたい、そんな時は店頭で身体測定をさせて頂きますのでお気軽にどうぞ。

 

この他2018年モデル店頭在庫のGANシリーズもクリアランス特価となっております。

IMG_7297(1) IMG_7298(1)

■2018 GAN RS ULTEGRA LA ROSSA  515サイズ (定価より15%OFF!)

定価¥498,000(税抜) → ¥423,300 (税抜) + 更にポイント還元!

最もDOGMAに近いパフォーマンスを持つGANの中のGAN、それがGAN RS。

他社のハイエンドに匹敵するプレミアムバイクです。

DOGMA F10を模したMAGIXグラフィックが高級感をあおります。

 

GAN S ULTEGRAGAN S ULTEGRA2

■2018 GAN S ULTEGRA RED CARBON  515サイズ (定価より15%OFF!)

定価¥435,000(税抜) → ¥369,700(税抜) + 更にポイント還元!

松竹梅の竹に当たる、ワンランク上のGAN。

脚力に自信のある方はベーシックモデルよりこちらの方がオススメです。

8000系アルテグラを装備。

 

GAN S 105GAN S 105 (2)

■2018 GAN S ULTEGRA BLACK ON BLACK  515サイズ (定価より25%OFF!)

定価¥375,000(税抜) → ¥281,200(税抜) + 更にポイント還元!

上記GAN Sの105バージョン。

 

GAN 105GAN105

■GAN 105 CARBON RED  515サイズ (定価より25%OFF!)

定価¥310,000(税抜) → ¥232,500 + 更にポイント還元!

冒頭でご紹介したスタンダードなGAN。

2019年度も継続のグレードです。

 

この他、系列店在庫のセール対象車もお取り寄せ可能です。

店頭にないサイズやカラーのご希望がございましたらお気軽にお問い合わせ下さい。

皆様のご来店お待ちしております!


【 新着入荷 】JOYSTICK BICYCLE COMPONENTS

2018年9月29日 土曜日

9月9日にスイス・レンツァーハイデにて行われたMTB世界選手権でSPECIALIZED GRAVTY TEAMに所属するフランス人ライダーLoic Bruni(24)が2連覇を果たしたのはまだ記憶に新しいです。

キャプチャ

世界一のライダーも愛用するのが当店一押しカナディアンブランドの『JOYSTICK』

brunibike (2)(1)

アルミの削り出しで作られたステムは見ているだけで惚れ惚れする仕上がり。

そのJOYSTICKからNEW GRAPHICのハンドルバーが入荷致しました。それに加えて長らく欠品しておりましたパーツも入荷しましたのでご紹介。

JOYSTICK (1)

ハンドルバー各種(上段から)

■8Bit Alloy Bar Φ31.8 20mmRise Black / Silver 9,722円(税抜)

■8Bit Alloy Bar Φ35.0 20mmRise Black / New Graphic Silver 9,722円(税抜)

■Binary Carbon Bar Φ35.0 20mmRise 20,138円(税抜)

新しいグラフィックはメーカーロゴのドクロマークが更に目立つ様になりました。正面から見た時のインパクトがあってGOOD!ちなみにBruniはダウンヒルバイクにAlloy Barを使用しております。軽さよりもアルミハンドルならではのソリッドなライドフィーリング重視と言ったところでしょうか。

JOYSTICK (2)

■Emulator Pedal 395g(ペア) 16,500円(税抜) 

広い踏み面と片面9本のピンでがっちりと靴裏に喰い付きます

■Binary Stem Φ31.8 /Φ35.0 35mm / 50mm 11,917円(税抜)

カーボンハンドルにも対応でき軽量で高剛性

 

ご自身の愛車もJOYSTICKでトータルコーディネートしてみてはいかがでしょうか。その他グリップやサドルも店頭展示中です。是非一度手に取ってご覧ください。

 

遠方でどうしてもお越しいただけない場合はBIKE ONLINEもご利用下さい。


1 / 5412345...102030...最後 »