”エアロ ロード”といえばこのモデル【SPECIALIZED VENGE ELITE】入荷しました。

2017年10月20日 金曜日

20171008 VENGE (1) - コピー

■2018 SPECIALIZED VENGE ELITE ¥290,000-(+TAX)

空力に特化し、高速巡航を得意とする”エアロ ロード”

『エアロ ロード』というとVENGEをイメージする人も多いのではないでしょうか。

20171015 wintunnel

SPECIALIZEDがバイクを設計するにあたって自社の実験施設である

『WIN-TUNNEL』にて開発されているのは、あまりに有名な話。

このVENGEもまた、WIN-TUNNELで鍛え上げられた1台。

空力性が優れたバイクは早く走れるだけでなく、燃費が上がるとも言い換えられるので

どんなライダーにも意味があるものと考えられます。

20171008 VENGE (4) - コピー

このVENGE ELITEをオススメする理由の1つに挙がられるのが『扱いやすさ』。

エアロ性能を上げる為の専用ブレーキシステムは採用せず、

シマノの一般的なブレーキシステムを採用しています。

ハンドルやステムも一般的な規格を採用。

また、シフト・ブレーキのケーブル ルーティンがスムースで無理がなく

レース会場などでトラブっても対処しやすい好メンテナンス性は好印象◎

20171008 VENGE (6) - コピー

ハイコストパフォーマンスな点も大きなポイントです。

ハンドルには最初からS-WORKS CARBON AEROFLY(単品で購入すると¥28,000!)や、

20171008 VENGE (5) - コピー

アグレッシブポジションを快適にするPOWERサドル、

それに組み合わされるのはエアロ形状のフルカーボン製シートポストが採用されています。

20171008 VENGE (3) - コピー

走りの要、タイヤ。

安全の為にもここはコストダウンをしたくないトコロ。

多くの完成車が低グレードのタイヤを採用する中、しっかりと同社ハイエンドタイヤである

S-WOKS TURBOタイヤが採用。安全かつ良く走ります。

20171008 VENGE (1) - コピー

シンプルに「カッコイイ!」というのも大事な点です!!

やっぱりエアロ ロードはスタイリングに華があり、良いですよね☆


USTチューブレスモデル MAVIC ksyrium ELITE入荷しました。

2017年10月17日 火曜日

22550604_1542439619204544_791308647_o

先日のブログにてご紹介した『次世代のロードバイクホイール』を予感させる

チューブレスタイヤのロードUST規格を採用したNEWモデルが入荷致しました。

転がりが軽く、乗り心地はチューブラーの様にシルキー。

今までのチューブレスタイヤとは違い、非常に扱いやすいMAVICが打ち出したロードUST。

早くも話題沸騰のオススメホイールです。

22497154_1542439622537877_958777659_o

今回入荷したのはUST規格採用モデルとしてはエントリーグレードとなる『ksyrium ELITE UST』

上位グレードである『Ksyrium Pro UST』や『COSMIC PRO CARBON SL UST』と比較して

劣る部分もあり、”最高!!”なホイールではありません。

しかし、リムはMAVICが誇る「ISM4D」という切削加工技術で軽量に仕上げた上、

UST規格に対応した最新のリム設計なのですからコストパフォーマンスに長けたモデルと言えます。

カーボンホイールをお使いの方は「練習用ホイール」に良いですね。

22553780_1542439029204603_452703802_o

ここはコストダウンを図るためのポイント。

フリーボディのラチェットシステムは従来の「FTS-L」という2つ爪のタイプ。

上位グレードの「インスタントドライブ360」とは違い分解メンテナンスに工具こそ必要ですが

シンプルな構造でメンテナンスは良好です。

ハブなどの違いによりPROとELITEには100g程度の重量差が生まれています。

22547078_1542439705871202_1738561850_o

今回入荷カラーは精巧なグラファイトブラックと、

22550604_1542439619204544_791308647_o

22429233_1542439645871208_1596675563_o

ワンポイントアクセントの効いたレッドの2カラーです。

■MAVIC Ksyrium ELITE UST ¥85,000-(TAX)

 


際どい季節にピッタリ!【reric Nereid ライトグローブ】

2017年10月16日 月曜日

夏日かと思えば一気に冬を感じさせる程冷え込んだりと、気候が不安定な今日この頃。

22547671_875057302656913_1029532874_n

先週は箱根を登りに行きました。まだ暑さも残っており、きつい上りなので夏物アイテムをチョイスしましたが、

頂上はなんと気温11度!!

風を受けるダウンヒルでは体感温度はもっと下回ります。

指先までかじかんでしまう程、身体を冷やしてしまいました・・・・

今回、ウェアはもちろんグローブのチョイスも悩ましい。この時期オススメのグローブを紹介致します!

22522444_875049765991000_1204466602_o

■Reric Nereid Light Gloves ¥5100-(+TAX)

登り・下りや朝夕など気温差のあるライドならこのグローブが最高!

暑すぎるグローブ、汗をかいたグローブ内。水分で逆にヒンヤリ・・・なんて経験ありませんか?

このグローブは高い保温性と速乾性を兼ね備えており幅広い気温帯で使えます。

そして何よりこのグローブ、フィット感がとても良いのです。22547110_875049779324332_1442476688_o

裏返してみました。

22523745_875078682654775_1259606673_n

適度な厚みの生地は伸縮性が高く、裏は起毛になっていて肌触りが良いだけでなく、サイドやパッド裏側の縫い目の処理が非常に丁寧で段差や糸のザラザラ感などの不快感がとても少ないのです。

まるで素手のような着け心地です。さらに、親指~中指はスマホの操作も可能です!

22550592_875054982657145_955404692_o

カラーはブラック、ホワイト、レッドの3色、サイズはXS~XLまでの5サイズを展開しています。

是非手に取ってご覧頂きたい一品です。もちろん試着可能です。

在庫などに関しては、スタッフにお問い合わせ下さいませ。

皆様のご来店、心よりお待ちしております!

 


本日 10月16日(月)の営業時間変更についてのご案内です。

2017年10月15日 日曜日

20170902 wear (1)

平素よりGROVE鎌倉をご利用頂き誠にありがとうございます。

本日 10月16日(月)の営業時間についてのご案内です。

また誠に勝手ながら営業時間を、17:00迄とさせて頂きます。

大変ご迷惑をおかけ致しますが、何卒ご理解頂けますようお願い申し上げます。

尚、翌日は17日(火)より通常営業となります。

皆様のご来店を心よりお待ちしております。


SPEEDPLAY “ZERO”ペダル再入荷致しました。

2017年10月13日 金曜日

20171003 speedplay (1)

このペダルの真の価値は

『ペダルに裏表がなくステップインしやすい』

でも

『歩きやすいクリート』

でもありません(もちろん嬉しいメリットではありますが!)

20171003 speedplay (4)

このペダルの大きなメリットはこのセッティングの広さと、しやすさにあります。

まずシューズソールに取り付けるクリート。

上下左右の独立した2枚のプレートを取り付けるのですが

調整幅が広くセッティングを出しやすい。

20171003 speedplay (5)

また、ステップインした際の”遊び幅”をプラスドライバー1本で簡単に細かく確実に行えます。

20171003 speedplay (8)

20171003 speedplay (7)

20171003 speedplay (6)

そして、数多くのオプションパーツにより

・Qファクター

・脚長差

・前後への更に広い調整幅

など多彩なセッティングが可能となります。

いずれもフィッティングと合わせる事で絶大な効果あり。

どうにもクリートセッティングが決まらない方は一度ご相談下さい。

■SPEEDPLAY ZEROステンレスシャフト仕様 ¥22,800-(+TAX)

■SPEEDPLAY ZEROクロモリシャフト仕様 ¥17,800-(+TAX)


パークライドにオススメのENDURO、在庫限りのスペシャルプライスです。

2017年10月10日 火曜日

20170911 ENDURO COMP (1)

■2017 SPECIALIZED COMP 650b  ¥370,000-(+TAX) ⇒ SPECIAL PRICE !! + ポイントキャンペーン!!

65.5°の寝かせたヘッドアングルに長めのリーチ、組み合わせるのは45mmのショートステム。

そして425mmの短いチェーンステーと低重心なBBハイト。

路面に張り付くように走り、ライダーのアクションにも素早く応える反応性を持つ。

車体重量はあるものの、クライミング性能もなかなか。

まさにあらゆる地形を走れるエンデューロバイク。

20170911 ENDURO COMP (7)

実際のトコロ同じくフルサスラインナップのSTUMPJUMPER FSRと悩まられる方が多いですが

白馬岩岳や富士見パノラマといったマウンテンバイクパークでメインに遊ぶのならハイスピードに対応しやすいコチラのENDUROがオススメ。

20170911 ENDURO COMP (4)

フロントフォークはROCKSHOX YARI、

リアショックはROCKSHOX Monarch Plus をこのバイク専用にチューニングされたもの。

しっかりとセッティングさえ出せば存分に楽しめる仕様です。

また、フロントフォークはチャージャー2へのアップグレードキットをインストールすれば上位グレードLYRIKと同じ性能が手に入ります。

20170911 ENDURO COMP (3)

20170911 ENDURO COMP (6)

20170911 ENDURO COMP (5)

 ドライブトレインはSRAM NX&GXの11スピードをベースにRACE FACEのAeffectクランク。

ブレーキは制動力とコントロール性が高いSRAM GUIDE Rが装備と、

このままの仕様で思う存分パークライドを楽しめる事でしょう。

在庫1台限りのSPECIAL PRICE。この機会にお見逃しなく!


2018 キャノンデール キッズバイク 入荷してま~す。

2017年10月7日 土曜日

22323790_1456620077792440_130730325_o

2018 QUICK 24  メーカー販売価格¥42,000-(税抜)

待望のQUICKバージョンがデビュー。

MTB仕様の24x1.95から、24x1.5までサイズダウン。

サスペンションフロントフォークも省略され、オンロードに特化。

ちょっと太めのタイヤサイズが安心。

お子様とサイクリングバイクの選択肢の一つに。

22292461_1456620191125762_1234257757_o

2018 TRAIL 24 ¥45.000-(税抜)

昨年までのチームカラーから、AcidRedでのリーリースとなったTRAIL24

ベストセラーバイクの24インチ マウンテンバイクタイプです。

なんと、ディスクブレーキを標準装備。

お父さんとマウンテンバイクデビューにも最適です。

22291991_1456620431125738_905962203_n

 2018 TRAIL20 ¥37,000-(税抜)

20インチですが、グッと大人っぽい雰囲気のカラーリング。

男の子にも女の子にも乗って頂ける雰囲気でしょうか?

カタログでは伝わりづらいカラーです。

是非、実車をご覧頂きたいカラー。

 

22291677_1456620317792416_1755910352_n

2018 CUJO20 ¥45,000-(税抜)

最後にご紹介するのはこちら!

昨年デビューして、瞬く間に完売となり幻のモデルとなったCUJO。

27.5プラス規格のマウンテンバイクでしたが、2018はなんと!!

KIDSバイクでデビューです。

やはり、普段使いとオフロードでの走破性を考慮すると、

このふと~めのタイヤがベストマッチなのです。

普段は空気圧を高めに、

オフロードでは、低圧にしサスペンション効果を最大に。

バイクの安定感と転がり抵抗を自由に調整できるのがポイント。

2018 キャノンデールはキッズバイクも充実。

お父さん、お母さんお揃いのブランドなんて素敵ですね。

行楽の秋、親子で自転車遊びなんていかがでしょうか?


この季節、迷ったらこのジャージ。

2017年10月3日 火曜日

20171003 reric (8)

いよいよ『秋到来』といった天候。

画像は昨年の三国峠、今年も路面凍結前に行きたいな~なんて計画してます。

この季節、悩ましいのがウェア選び。

「天気が良いからまだ夏物で良っか」なんて出発したものの、

意外にも風がひんやりで下りが寒い!なんてもう最悪です。

この季節、迷ったらRericの『12-18℃コレクション』がオススメ。

20171003 reric (1)

■Reric シノーペ ロングジャージ ¥18,000-(+TAX)

20171003 reric (2)

フロントパネル、表面には速乾性の高いメッシュ構造、

裏面には透湿性・防風性の高い極薄のフィルムが張り合わせてある『Hill 85 LIGHT』ファブリックを使用。

腕には程よく暖かで汗抜けの良い半起毛素材が使用されており

軽量かつ暑すぎない絶妙なこの季節ピッタリのジャージです。

20171003 reric (3)

そして特に気に入っているのが襟元の素材。

縫い目がなく、身体にピッタリとフィットして、

深い前傾姿勢を取っても浮かずに密着してくれて着心地抜群です。

20171003 reric (7)

■Reric レプス ロングジャージ ¥18,000-(+TAX)

20171003 reric (6)

■Reric ムンドゥス ロングジャージ ¥18,000-(+TAX)

20171003 reric (5)

■Reric ポーシャ ロングジャージ ¥18,000-(+TAX)

20171003 reric (4)

■Reric スピカ ロングジャージ ¥18,000-(+TAX)

様々なデザインとカラー展開で迷ってしまいますが、

ベースは同じHill 85 LIGHTファブリックを使用したジャージとなります。

ベースとなるインナーとのレイヤリング次第ではかなり使い勝手の良いアイテムではないでしょうか。

この他カラーや在庫に関してはスタッフまでお問い合わせ下さいませ。


次世代ロードバイクホイールを予感させるUST規格。

2017年10月3日 火曜日

20171002 MAVIC (8)

ホイールと言えばこのブランド『MAVIC』

その『MAVIC』より待望の”ロードUST”シリーズがついに登場。

ロードでは聞き慣れないワードですが、実はMTBではお馴染みのUST規格。

ディスクブレーキに続き、ロードホイールの新たなステージを切り開くであろう規格なのです。

 20171002 MAVIC (6)『UST』=ユニバーサル・システム・チューブレス

つまり言ってしまえばチューブレスタイヤ。なのですが、

従来のチューブレスタイヤとホイールのイメージと言えばこんな感じ↓

・リム打ちパンクしない

・重量が軽くなる

・走行抵抗が軽い

しかし・・・

・はめにくい

・ビードが上がらず全然空気が入らない

・空気が抜けやすい

・扱いがデリケート

、、、などというネガティブイメージが大きかったように思います。

20171002 MAVIC (7)

しかし、このUST規格は先述のネガティブ不安要素は全くありません。

タイヤレバーすら必要なく素手で脱着ができ、

コンプレッサーや特殊ポンプすら必要なく、携帯ポンプですら容易にビードが上がり、

空気漏れも限りなく少なく。

クリンチャータイヤと全然変わらない扱いやすさ。

「何故扱いやすいのか?」

その秘密は”ホイールとタイヤを同時に開発できたから”という点です。

ホイールメーカーでありながら、以前よりタイヤメーカー ハッチンソンとタイヤを共同開発を進めてきたMAVIC。

そしてノウハウが注ぎ込まれた非常に高い精度を誇るリムの製作技術と

専用に開発した新設計。

これらが合わさってリムとタイヤのベストマッチを作り出す精密なシステムとなりました。

20171002 MAVIC (4)

組み合わせるスポークもチューブレスに合わせスポークテンションがチューニングされております。

 チューブがなくなった事により【タイヤ・チューブ・リム】間でのロスがなくなり

転がり抵抗が劇的に軽く、乗り味もまるでチューブラータイヤの様なしなやかさ。

転がり抵抗が少なくなった事とチューブが除かれたことにより、エア圧は更に落とすことが可能となりました。

19cリムでの使用で4~6barでの使用が推奨されており、

つまりはライダーへの負担が劇的に低減できる事を意味しています。

これは軽量級ライダーは特に効果絶大ですね!

レースでの使用のみならずロングライドやツーリング。

初級者から上級者まで全てのライダーに大きなメリットのあるホイールシステムだと思います。

 今回少量の入荷分は、

20171002 MAVIC (8)

■Cosmic Pro Carbon SL UST ¥280,000-(+TAX)

20171002 MAVIC (1)

■Ksyrium Pro UST ¥130,000-(+TAX)

上記のフルカーボンモデルとアルミリムの2モデルが極少量入荷致しました。

20171002 MAVIC (2)

どちらも新型フリーボディ”インスタントドライブ360″システムが採用されたモデルとなり

かかりが良く、信頼性、耐久性、メンテナンス性も抜群です。


パワーメーター外しました。

2017年9月29日 金曜日

20170929 staffride (1)

『天気予報を見る限り木曜日は間違いなく雨』

でしたので、今週の水曜は思い切り乗ろうと心に決めておりました。

宮ケ瀬から牧馬峠を抜け相模湖、大垂水峠と繋ぎ自宅まで帰ると200km程度。

登りも程々に盛り込まれたルートです。

装備は夏用ウェアをベースに、

20170929 staffride (2)

ニーウォーマー と、この季節ピッタリのIntermidiateソックスをチョイス。

気合いの入ったライドの際は決まってこの色を選択している気が・・・

天気が下り坂予報でしたので、シェルとアームウォーマも携行して天候の変化に備えます。

ボトル補給以外はほぼノンストップなのでポケットには補給食をたっぷり積んでスタートです。

今回、休憩も少なく一生懸命走ったのであまり写真を撮っておりません(笑)

20170929 staffride (3)

と、いうのも今回ライドの目的はコレです。

【ROTOR IN POWER】⇒ 【LOOK ZED2】クランクへの変更。

もちろんパワーメーターが不要になったわけではございません。

パワーメーターはトレーニングやレースにしてもツーリングにしても、

ライド自体のモチベーションと質を高められる大切なアイテムです。

しかしそれを外してでも試したかったのが『ショートクランク』。

身長180cmのわたくし、ずっと使用していたのは『172.5mm』だったのですが

BGフィットを受け、今の身体の柔軟性やペダリングスキルを考えると

170mm の『ショートクランクはメリットが大きいゾ』となったわけです。

(LOOKのZEDクランクはペダル取付け位置により170・172.5・175mmの選択が可能、

そしてチェーンリング取り付けのPCDが110・130コンパチ仕様です)

楕円チェーンリングがオフセットしてしまいますが、

対応できたのはOCP(チェーンリング取り付け位置)の変更ができるROTOR Q-RINGSならでは。

inpower-l10

もちろん事前に自分のペダリングの特性をIN POWERでチェックしてセッティングしました。

そして肝心の『ショートクランク』の結果は・・・長くなってしまうので店頭にて(笑)


1 / 4012345...102030...最後 »