GROVE鎌倉 PROCESS134DL試乗車 先ずはノーマルを生かしたチューニングから。

2017年8月18日 金曜日

20180813-PROCESS134DL-3

2017 KONA PROCESS 134 DL GROVE鎌倉 試乗車です。

このバイクが試乗車デビューして半月。

私のプライベートバイクとしても活躍している134DLですが、

実はポイントを押さえたグレードUPやセットアップを行ってあるんです。

今回はそのセットUPをご紹介します。

マウンテンバイク経験者の私が推薦する、第一段階のポイントです。

2017

2017モデル134DLはハンドルやグリップ、ステム等、そのままフィールドに持ち込んでも

十分に楽しめるスペックなんですが、いかんせん物足りないポイントが2つ。

路面に触れるタイヤとブレーキのオススメセットアップになります。

20885189_1409051939215921_1806064844_n

先ずはブレーキ。 スピードコントロールからコーナリングの切っ掛け作りなど

制動力とコントロール性が非常に重要なポイントとなります。

もちろん、ブレーキシステムごとの換装が一番のオススメですが、

折角の完成車を、購入直後にバンバンパーツ換装していっては本末転倒となってしまいます。

ノーマルのSLXグレードに装着されているのは純正のRESINパット。

交換することにより大きくフィーリングを変化させることが出来ます。

20839583_1409065489214566_1547816392_n

ここで私が愛用しているブレーキパットがコチラ。

Vesrah ブレーキパット グレードはCrossCountry 価格は¥2800(税抜)

純正RESINパットより制動力は大幅にUP。

また、純正のメタルパットに比べ制動力の演出がリニアで使いやすい。

しっかりと効くのに初期制動が穏やかなので、低速時にカックンブレーキとなりません。

初級者にも扱い易く、握力の弱い女性にもお勧めです。

車種によっては装着してあるブレーキROTORがRESINパット専用品の場合はローターの交換が必要となります。

ご不明な点はSTAFFまでお気軽にご相談ください。

お次は、路面とコンタクトする大事なタイヤ。

20839588_1409065632547885_298344826_n

大事なのはタイヤの表面にあるゴムのコンパウンド。

単純に、高反発だと転がりが軽く弾かれやすい。

低反発だと転がりは重く弾かれにくい。

ダートは低反発の方がグリップが良く直進安定性も増します。

マウンテンバイクは低反発性のゴムを使用したタイヤが各社からラインナップされており、

様々なフィールドや路面に合わせてトレットパーターンやコンパウンドをチョイスします。

このバイクで走るメインフィールドは、トレールとフジテンリゾート。

今回はMAXXIS社 の3C・maxx terraコンパウンドをチョイス。

20840289_1409066122547836_390671302_n

トレットパターンは、リアにHIGH ROLLERⅡとフロントにMINION DHRⅡをセレクト。

この3C・maxx terraコンパウンドは転がりも良くトレールでも使いやすい事と、

コーナリングで重要な役割を果たすサイド部分はより低反発のコンパウンドを使用し、

コーナリング時のグリップを確保してあります。

20840423_1409066375881144_1949454570_n

もちろん、シーラントを使用しチューブレス仕様にて換装作業完了です。

ここまでで、止まると曲がるが大幅にポテンシャルUPになります。

初心者や初級者の皆様は、でどうなの!?っとなると思いますが、

私がフィールドに連れ出さない限り、この134DLの試乗車がありますので

御興味のある方は、見て触って乗ってみて下さい。

初心者にはなかなか難しい部分もあるかと思いますが、

乗りこんで行くときっと必要性に気付く内容です。

フィールドデビューする前に、点検も兼ねてお気軽にSTAFFにご相談ください!

次回は『コラムカット』を掲載します。

皆様のご来店を心よりお待ちしております。


『ここぞ!』の勝負時に1枚。Reric高機能インナー

2017年8月17日 木曜日

20170815 silva (5)

日産スタジア エンデューロレースまで1ヵ月ちょっと。

今年もいよいよ近づいてきました。

昨年は残念な天候でしたので、今年こそは恵まれると良いですね!

エントリー済みの皆様はせっかくの晴れの舞台!なので少しでも好成績を残したいトコロ。

タイムアップに繋がるアイテムというとホイールや楕円チェーリング等など、

バイクに取り付けるパーツがすぐに思い浮かびがちですが、ライダーが身に着けるウェアやヘルメットもとても大切です。

今回はウェアブランド『Reric』より高機能インナーウェアをご紹介。

20170815 silva (4)「人間発電着」!?という聞きなれないキーワードが書かれたパッケージ。

20170815 silva (1)

背面には独特な模様がありますね。

実はこのインナー、新技術の特殊なシリコンプリントが施され

伸縮や圧力が加わる事で微弱な電気を発生、発生した熱により

接している部分の体温をおよそ2度上昇させる効果を持っています。

電熱効果により拡張された血管はより多くの酸素供給が可能となります。

『着るだけで心拍の上昇を抑える働きがある』インナーウェアSilva。

レースだけでなく「ここぞ!」という気合いの入ったロングライドにも良いですね。

20170815 silva (2)

スポーツテーピング理論に基づいたシリコンプリントの配置と

部位ごとに着圧を変化させた「フレキシブル段階的着圧」がライディング時のブレをサポート。

着るだけでケガの抑制にも効果ありです。

また生地は快適性も非常に高く、吸水速乾性に加えUVカット。

接触冷感機能をもつ素材でひんやりと気持ちが良く夏のライドでもオススメです。

20170815 silva (3)

ご試着可能な全サイズのサンプルをご用意させて頂きました。

ご試着の際はお気軽にスタッフまでお問い合わせ下さい。

■Reric Silva Half Sleeve Inner Shirts ¥12,000-(+TAX)


MAVICホイールのクリアランスご案内です。

2017年8月15日 火曜日

F27401-300x260

■MAVIC  KSYRIUM PRO  CARBON SL  CLINCHER 

¥280,000(税抜)20%OFF!! → ¥224,000-(税抜) CASH PRICE

2017モデルとしてリリースされ、話題となったホイールが早くもクリアランス。

こんな機会は、滅多にありません。

カーボンホイールに履き替える絶好のチャンスではないでしょうか?

ではなぜホイールの換装をお勧めするのか。

そもそも、ロードバイクはフレームメーカーが車体販売していますよね?

CANNONDALEのバイクであれば、フレームのクオリティこそがメーカーの腕の見せどころ。

その他は、色々なパーツメーカーのパーツがアッセンブルされています。

既にホイールをグレードUPしたことがあるライダーであれば、その大きな効果を体感していると思いますが、

各々の使い方に合わせたホイールに換装した時点で、

ようやくそのフレーム本来の性能を引き出す事に繋がります。

ブレーキシュー滑走面の処理技術向上により、雨天時にも安心して使えるカーボンホイール。

一例にCAAD12に装着してみました。

20864086_1410113629109752_1720306388_n

20840507_1410113732443075_2139123063_n

雰囲気も激変しますね。  カッコいいです。

CAAD12の様な最新のアルミフレームに、カーボンホイールの組み合わせ。

とてもお勧めのスペックです。

この機会に是非、換装してみてはいかがでしょうか?

ご不明な点等はお気軽にSTAFFまでお問い合わせください!

皆様のご来店を心よりお待ちしております。


バイクパークからトレールライドまでカバーするエンデューロバイクの決定版

2017年8月14日 月曜日

20180813 PROCESS134DL

年始に走ったトレールの枯れ葉スライド。

未だあの気持ちの良いイメージが離れず、早くもトレールシーズンが待ち遠しい・・・♡

とはいえ只今、常設コースシーズン真っ只中ですね!

私も定休日を利用して富士見パノラマ、ふじてんリゾート、

スキルアップ目指し秩父大滝サイクルパークで乗り込んでいます。

夏季の常設コースライドから冬季のトレールライド。

MTB乗りが抱える悩みと言えば1番は複数台のバイクを所有する事が難しい点でしょうか?

欲張りに幅広く楽しむのであればオススメはエンデューロバイク。

20180813 PROCESS134DL (3)

こちらは実際にスタッフバイクが乗っているPROCESS 134 DL。

オーソドックスなリンクシステムで扱いやすく乗りやすい。

そして低く抑えられたスタンドオーバーハイトは身体の自由度が高く、

まるでダートジャンプバイクに乗っているかのようなアクションのしやすさです。

店頭に展示させて頂いておりますので、ご希望の方は試乗して頂けます。

153

PROCESS 153 S / Msize メーカー価格 ¥376,000- ⇒ SPECIAL PRICE

134dl

PROCESS 134 DL S / Msize メーカー価格 ¥412,000- ⇒ SPECIAL PRICE

希少在庫のPROCESS 2017年モデルが現在キャンペーンで大変お買い得です。

この機会をお見逃しなく!

そして次回MTBイベントは9/10(日)ふじてんリゾートにて開催決定!!

皆様のお申込みお待ちしております。


GROVE鎌倉はお盆中も通常営業しております。

2017年8月11日 金曜日

14885826_1101677209953397_1091531006_n (2)

GROVE鎌倉は、お盆中も通常営業となっております。

8月16日(水)・17日(木)が通常の定休日となります。

予めご了承の程、宜しくお願い致します。

鎌倉にお越しの際は、是非お立ち寄りくださいませ。

皆様のご来店をSTAFF一同、心よりお待ちしております。


8月26日(土)はSTEP UPモーニングライド開催です。

2017年8月8日 火曜日

20170808 morning ride

ロードバイクの乗り方や公道を走る為の注意点を『ファーストスクール』で学んだあとは

『STEP UPモーニングライド』へ是非ご参加下さい。

のんびりペース、40km弱のショートライドでライド後には鎌倉エリアのカフェで自分へのご褒美♡

ロードバイクで気持ち良い夏の朝の風を感じながらのライドです。

皆様のお申込み心よりお待ちしております。

※エントリーは当店プレミアムメンバーズカードお持ちの方を優先させて頂いております。

予めご了承頂けますようお願い申し上げます。


この夏の冒険に、KONA SUTRA LTD

2017年8月7日 月曜日

20170806 SUTRA LTD (8)

20170806 SUTRA LTD (6)20170806 SUTRA LTD (5)

舗装路、峠、砂利道、ダート。自由で様々なルート。

早過ぎず、遅過ぎず。景色や自然の匂いを感じる丁度良いスピード感。

今年の夏は自転車で旅に出てみませんか?

20170806 SUTRA LTD (2)

SUTRA LTDはまさにそんな夏休みの冒険にピッタリの相棒となるバイク。

未舗装路でも安心のハイボリュームな700×45cタイヤと

軽いタッチで良く効く油圧ディスクブレーキの組み合わせ。

ブレーキが良く効くぶん握力をセーブし、ダートでもハンドリングへと意識を集中できます。

20170806 SUTRA LTD (3)

ドライブトレイン周りはMTBでスタンダードな1×11を搭載。

SRAMやRACE FACEを採用したパーツ構成はこの価格帯としてはかなり頑張ったパッケージかと思います。

20170806 SUTRA LTD (4)

20170806 SUTRA LTD (1)

キャリア&パニアバッグのスタイルや、大容量サドルバッグの1泊2日スタイルも良しの

アドベンチャーバイク、SUTRA LTD。良き相棒になってくれること間違いなしです。

■KONA SUTRA LTD ¥209,000+tax


【ALL NEW !!】CANNONDALE 新型SYNAPSE デビュー

2017年8月6日 日曜日

Synapse-Lifestyle-1

ロングライド好きのサイクリストに熱い支持を受けるSYNAPSE(シナプス)。

上半身に負担の少ないアップライトなハンドルポジション。

フレームの”しなり”を最大限に生かしたフレーム設計・・・っと、ここまでは前モデルのSYNAPSEのコンセプト。

2018年、待望のフルモデルチェンジとなった新型SYNAPSE。

先日の木曜日テストライドへ山梨県に行ってまいりました。

20170806 SYNAPSE (12)

バイクの挙動を安定させスムーズに走る為、他メーカーが様々な構造・システムを開発する中

新型SYNAPSEは意外なほどシンプルな外観。

軽量化を狙い、結果的にシンプルな外観となった新型は軽量でヒルクライム性能もなかなか◎

20170806 SYNAPSE (15)

リアバックビュー。

複雑な形状のシートステー&チェーンステー。

前モデルよりも”しなり初め”の反応が早く、明らかに快適性が上がっています。

またアドベンチャーバイクSLATEで培ったノウハウが

快適性と横剛性アップに大きく貢献し、ペダリングフィールが大きく向上しています。

快適ながらも良く進む。前モデルにはないフィーリングです。

20170806 SYNAPSE (16)

今回試乗したモデルは油圧ディスクブレーキ×メカニカルシフト仕様のモデル。

ワイヤー引きながら非常に軽いタッチのシフトフィールは同時にメンテナンスのしやすさも併せ持つ事を意味します。

ブラケット握りの1本指ブレーキで十分の制動力と、

700×28cタイヤとの組み合わせにより抜群の安定感。

ジオメトリーも見直され、コーナリングもスパッと切れ味が良く気持ち良い。

辛く耐えるだけのダウンヒルが楽しくて仕方ないですね。

ジオメトリーと設計は全サイズが最適化されるよう細かく見直され、どのサイズでもライドフィールのバラつきがありません。

20170806 SYNAPSE (13)

キャノンデールが得意とするフレームと組み合わせ

コンポーネントを開発する“Si(システムインテグレーション)”

シートポストにはすでに定評のあるSAVEシートポストを標準装備。

フレームとシートポストが前後方向のフレックスを生み、高い快適性を演出しています。

20170806 SYNAPSE (3)

そして新型SYNAPSEの大きなトピックスがハンドルバー。

板バネの様なシンプルな構造ながら高く自然なフレックスを生み出すSAVEシステムバーを新搭載。

残念ながら今回の試乗車にはデリバリーが間に合わず未搭載でしたが、これは非常に期待が膨らむハンドルバーです。

20170806 SYNAPSE (5)

ハンドルとステムは別体で作られているためポジション出し簡単です。

20170806 SYNAPSE (4)

20170806 SYNAPSE (8)

ラバーキャップを外しコンピュータマウントを取付が可能。

細かいところまで良く考えられたコックピットシステムです。

20170806 SYNAPSE (17)

軽量、高い快適性と軽快なペダリングフィールを生み出す高い剛性。

非常に難しいバランスが求められるエンデュランスロード。

フレックス性を極めたキャノンデールならでは。

このバイクなら更に行きたいフィールドとルートが広がりそう・・・そんなイメージ膨らむ新型SYNAPSEでした。

気になる新型SYNAPSEシリーズ、価格や仕様など店頭にてご案内させて頂いております。

お気軽にスタッフまでお問い合わせ下さい。


SPECIALIZEDシューズニューモデル『TORCH』スタイリッシュに登場!

2017年8月1日 火曜日

フィット感の良さで人気のSPECIALIZEDシューズから2018年NEWモデルが入荷しました!

IMG_2525

『 TORCH 3.0 』

¥24,000-(税抜)

フィット感の良さとパワー伝達性で人気を博した前S-WORKS ROADシューズの設計を受け継いだTORCH

ハイエンドモデルS-WORKS 6シューズには及ばないものの、

微調整可能な2つのBOAダイヤルにカーボンアウトソール、BODY GIOMETRY、そしてスタイリッシュなデザイン

上位モデル譲りの高性能が詰まっています。

加えてストイック過ぎない履き心地がどんなライダーにもマッチ。

IMG_2523

コストパフォーマンスに優れたハイパフォーマンスなシューズ

初心者のビンディングデビューにも、中級者の2足目にもにオススメしたい一足です。

このシューズでビンディングデビューが出来れば楽しいロードバイクライフスタート出来る事間違いなし!


夏休みまでもう少し。親子でMTB&キャンプ

2017年8月1日 火曜日

本日から8月がスタート。蒸し暑い日が続きます。

今年は11日の金曜日が祝日なので、そこから夏休みがスタートする方も多いのではないでしょうか?

お子さんと思い出作りをするには、やっぱり夏休み。

BBQしたり花火をしたりと沢山計画を練っている・または沢山リクエストをもらっている頃かと思います。笑

今年の夏休みは親子でMTB&キャンプにチャレンジしてみませんか?

20170801 (5)

日中はのんびりペースで木々が生い茂る涼しい木陰をサイクリング。

河原や沢があれば休憩がてら立ち寄って遊んでみるのも良いですね。

20170801 (8)

20170801 (4)

夜には天体観測とBBQ。お父さんはもちろんビール。

コミュニケーションも深まります。

お子さんが成長しても忘れない良い思い出になることでしょう。

夏休み前にお問い合わせの多くなるキッズ・ジュニアMTB。

SPECIALIZEDの人気バイク2018年モデルRIP ROCKシリーズが入荷しております。

20170801 (1)

SPECIALIZED RIPROCK 24 メーカー価格¥52,000-(+TAX)

20170801 (6)

SPECIALIZED RIPROCK 20 メーカー価格¥50,000-(+TAX)

20170801 (3)

お子さんと一緒にダートを走っても安心して楽しめる太いタイヤは2.8”のワイドタイヤ。

20170801 (2)

前後メカニカルディスクブレーキ採用で少々のやんちゃなライドでも問題ナシ。

もちろん油圧ディスクブレーキにもすぐにカスタムが可能です。

20170801 (7)

乗り降りしやすい低いスタンドオーバーハイトのフレーム設計。

20”モデルで適応身長110~125cm、

24”モデルで適応身長125~140cm辺りが目安となります。

20170801 RIPROCK (3)

お子さんとMTB&キャンプ。きっと素敵な夏休みの思い出に。


1 / 3812345...102030...最後 »